“10年後の8月”に「あの花」超平和
バスターズの声優6人が10年ぶりに秩
父に再集結

(c)ANOHANA PROJECT 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の10周年記念イベント「ANOHANA 10 YEARS AFTER Fes.」が、物語の舞台となった埼玉県秩父市で8月28日に開催された。2011年開催の「ANOHANA Fes.」から約10年ぶりに、入野自由(じんたん役)、茅野愛衣(めんま役)、戸松遥(あなる役)、櫻井孝宏(ゆきあつ役)、早見沙織(つるこ役)、近藤孝行(ぽっぽ役)のメインキャスト全員が秩父に再集結した。
 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(通称:あの花)は、11年に放送されたオリジナルテレビアニメ。幼い頃は仲良しだったが、ある夏の事故をきっかけに離れ離れになった男女6人組「超平和バスターズ」の再会と、それぞれの心の葛藤が描かれた。10周年記念イベント「ANOHANA 10 YEARS AFTER Fes.」は、今年3月に始動したアニバーサリープロジェクトの一環として、エンディング主題歌「secret base ~君がくれたもの~(10 years after Ver.)」の歌詞「10年後の8月」にちなんで開催される運びとなった。
 催しは2部構成で、秩父宮記念市民会館で開催された第1部には、監督の長井龍雪、脚本の岡田麿里、キャラクターデザインの田中将賀も登壇し、メインキャスト、メインスタッフの総勢9人が、テレビアニメ放送当時も含めて初めてステージ上にそろった。岡田は「当初はアニメの舞台が自分の出身地である秩父と言わないでほしいと思ったりもしていたのですが、今となっては、自分の知っている秩父の大切な景色が作品に残っているということが個人的にとてもありがたいし、すごく幸せな作品だなと思います」と10年間を振り返り、田中は10周年記念キービジュアルが、テレビシリーズのキービジュアルの10年後を描いたものとして制作されたことを明かした。
 このほか、岡田が脚本を書き下ろし、長井が絵コンテ、田中がイラストを手がけたオリジナル朗読劇で、10年後の「超平和バスターズ」の6人を描いた「十年後の八月、秘密基地にて。」も披露。エンディングパートでは、茅野が「寂しい思いもありますが、終わるとかじゃなくて、これからも一緒なんだと思えました。本当にありがとうございました。めんまのこと、忘れないでね!」と呼びかけ、茅野の「超平和バスターズは」に続けて登壇者全員が「ずっとなかよし!」と声を合わせ、第1部を締めくくった。
 秩父市役所前駐車場に会場を移して実施された第2部には、茅野、戸松、早見が出演。朗読劇の感想や、「あの花」とともに歩んできた10年間の思い出などを語りあった。最後は3人がエンディング主題歌「secret base ~君がくれたもの~(10 Years after Ver.)」を歌唱。曲の後半では、作中で印象的に描かれた大きな花火が打ち上がり、茅野からの「皆の“最高の思い出”になれていたらうれしいです」というメッセージでイベントは幕を下ろした。

新着