クリープハイプ『RUSH BALL 2021』ラ
イブレポート ーーいつも何か違うも
のを必ず魅せてくれる尾崎世界観とい
う人

『RUSH BALL 2021』クリープハイプ
リハの時点で尾崎世界観(Vo.Gt)のヘアスタイルがいつもと違う事に気付く。髪の毛が上げられていて、おでこが出ているスタイル。MVでは、そういうヘアスタイルを観た事があったが、それ以外では初めてなだけに、とても新鮮に感じられた。より凛々しさが増しているのに、服装は赤いTシャツにジーパンとラフなのもギャップがあるのも良い。肝心なのは音である事なんてわかりきっているが、それでも見た目がいつもと違うと、鳴らされる音もいつもと違うのではなんて勝手ではあるが期待してしまう。
クリープハイプ
キケンな雰囲気があるイントロが特徴的な「キケンナアソビ」が1曲目だが、この緩やかさもある独特なリズムの楽曲に観客はしっかりと揺れている。ディスタンスを保った上とはいえ、ぎっしりと集まっている観客からも期待度が伝わってくる。ベースの長谷川カオナシがメインボーカルを務める「月の逆襲」だが、<じゃあね>と要所で入る尾崎の歌声とのバランスが最高で、本当に良いバンドだなと今更ながらだが改めて思う。
クリープハイプ
そんなカオナシが鍵盤を鳴らす「5%」はムードがある横ノリなナンバー。以前にも、この泉大津で聴いた事があり、夏の野外との相性の良さはわかっているが、やはり夏との相性が抜群に良い。
クリープハイプ
そして<夏のせい>というストレートな歌詞がバシッと決まる「ラブホテル」の曲中で音が鳴りやみ、個人的には尾崎のお家芸として大好きな「Twitter小言」へ。良くない意味で「尾崎世界観みたいな髪型になった」と自分の髪型が揶揄されてる事を知り、「ムカつくなぁ。だから前髪上げてみました」とひとこと。「えっ?! そんな理由だったの?!」と驚いたが、よく考え直してみたら、この人の表現の原動力は悶々苛々とした怒りであって、どれだけバンドで売れようと、どれだけテレビにレギュラー出演しようと、どれだけ芥川賞候補作家になろうと、ずっと悶々苛々と怒っている事に変わりないというのは絶対的に信頼できる。
クリープハイプ
「イト」から「イノチミジカシコイセヨオトメ」とワンマンでもイベントでもフェスでも必ず盛り上がるライブ定番曲が続き、いよいよラストナンバー。ここで2011年リリースであり、インディーズ時代のアルバム『待ちくたびれて朝がくる』から「バブル、弾ける」。
クリープハイプ
結構、彼らのライブを観てる方だが、いつ以来聴くだろうか、いや聴いた事あるのかと考え込んでしまうくらいのレア曲。髪型が違うとライブも普段と違うかもと期待したのは、あながち間違いでは無かったなと静かに興奮しながらライブを観終わる事が出来た。
クリープハイプ
取材・文=鈴木淳史 撮影=田浦ボン
『RUSH BALL 2021』オフィシャルレポート一覧はこちら

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着