The Songbards『RUSH BALL 2021』ラ
イブレポート ーー爽やかな空と風に
突き抜ける4人の珠玉のハーモニー

『RUSH BALL 2021』The Songbards
『RUSH BALL 2019』以来2度目の出演となる、神戸出身4人組バンド・The Songbards。昨年は1ステージのみでの開催だったため、2年ぶりにATMCにカムバックした。リハではラフなTシャツ姿で臨んでいた上野皓平(Vo.Gt)がジャケットを羽織り、カチッとキメてステージに登場。
The Songbards
「The Songbards始めます! よろしくお願いします!」と上野が挨拶。岩田栄秀(Dr.Cho)の前に全員で集まり、軽く音を合わせてからオーディエンスに体を向けると、軽やかなサウンドがぱあっと飛び込んでくる。1曲目は「雨に唄えば」。爽やかなロックチューンに引き寄せられて、もちろんソーシャルディスタンスを保ちながらステージ前にどんどん人が集まってくる。のっけから最高の心地良さで、ATMCの空間一帯を満たしてゆく。
The Songbards
松原有志(Gt.Vo)の美しいギターの音が、雲ひとつない快晴の青空に吸い込まれていき、松原と上野のWボーカルが贅沢な「悪魔のささやき」へ。爽やかさ全開で、とにかく気持ちが良い。曲の後半では柴田淳史(Ba.Cho)と岩田のコーラスも合わさり、音に厚みが増す。
「Inner Lights」のサビでは柴田がステージでピョンピョン跳ねる。メンバーそれぞれがのびのびとマイペースに、楽しそうに音を奏でる。その姿を見ているだけで、来て良かったなと、自分の選択を褒めてやりたい気持ちになった。色々な意見が渦巻く状況の中での野外イベント。もちろん簡単ではないが、彼らのライブは純粋に音楽を楽しむ愛おしさを思い出させてくれる力がある。
The Songbards
それにしても4人が重ねるハーモニーは本当に美しい。ビートルズやクイーンのように、全員が歌え、全員が作詞作曲できるのがThe Songbardsの強みなのだ。息がぴたりと合ったコーラスはさすが。
MCでは「『RUSH BALL』は2回目の出演で、出られて本当に嬉しいです! 皆さんのおかげです! 前回もそうだったんですけども、できるだけ曲を聴いてほしいと思うので、曲をどんどんやっていきたいと思います」と上野。
The Songbards
「皆さんが1人の時に寄り添う曲になれたらいいなと思います」と紹介された「窓に射す光のように」でも、得意のハーモニーが耳を潤わせる。さらに、松原の震えるようなエコーがかかったギターが叙情感を与える。後半2曲は加速して一気に駆け抜けた。疾走感のある「夏の重力」からポップなメロディーが好感度抜群の「太陽の憂鬱」へ。サビでは自然発生的にオーディエンスの手がアップ!
The Songbards
1st EPから3rdミニアルバムまでの全作品から1〜2曲ずつチョイスされた、The Songbards入門と言うべき6曲のセットリスト。これからの4人のアンサンブルにただ期待したい、そう思わせてくれた充実の25分だった。
取材・文=久保田瑛理 撮影=田浦ボン
『RUSH BALL 2021』オフィシャルレポート一覧はこちら

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着