映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』完
成披露舞台挨拶にてメンバーが意気込
み「たくさんの人に笑顔になってもら
えれば」

純烈、佛田洋、山本康平

映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』が、9月10日(金)の公開を記念し、8月26日(木)に東京・新宿バルト9 シアター9にて完成披露舞台挨拶を実施。純烈の後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭と、佛田洋監督が登壇した。

主題歌「NEW(入浴)YORK」が流れる中、メンバーらがステージに登場。冒頭の挨拶で純レッド役の白川は「コロナ禍でなかなかコンサートができない中、主演映画という形で、ファンのみなさんとよろこびをわかちあえることができたことをうれしく思います」と会場を見渡しながら笑顔でコメント。純グリーン役の後上は「(舞台挨拶は上映後ということで)映画を観たみなさんが何かしらのジャッジを下した後かと思うと、緊張感が高まります」とキリッとした表情を見せる。純ブルー役の小田井は「最近、ちょこちょこコンサートやライブをする中で、映画の話題に触れるのですが、(公開前なので)言えないこともたくさんあります。やっと今日は内容を踏まえて話ができるということで、撮影時の思い出話もできることがとても楽しみです!」とニッコリ。続けて「コンサートのほうに足を運んでいただければ、映画秘話が聞けるかもしれません」とちゃっかりコンサートへの参加を促す場面も。

純バイオレット役の酒井は「健康センター、キャバレー回りを経て、『紅白』にも参加することができた純烈ですが、『紅白』出場が叶った頃に“『紅白』の向こう側”として思い描いていた構想が映画『純烈ジャー』です。純烈が映画初主演を飾ります。(今日の完成披露の舞台挨拶は)僕の夢でもあった映画ができ上がったことに感謝する日になりました。みなさんがもう1回観たいなと思ってくれればありがたいです」と思いを述べ、会場は大きな拍手に包まれた。佛田監督は「だいぶ前、スーパー戦隊、仮面ライダーだった後上くん以外のメンバーのみんながやっと(東映の戦隊作品に)帰ってきてくれました。感無量です」とうれしそうな表情を浮かべていた。
コロナ禍だったからできた作品でもあり、ネガティブをポジティブに変える純烈らしい作品である本作。制作の経緯について酒井は「20年前に、『百獣戦隊ガオレンジャー』、『忍風戦隊ハリケンジャー』、『仮面ライダー龍騎』で地球の仲間を守っていた我々はヒーローが大好きな方たちに支えてきてもらいました。その場で出会ったヒーローが大好きな仲間たちと純烈が組んででき上がった作品です。マダムのみなさん、カラオケファンのみなさんに応援していただいて、がんばってきた僕たちが、コロナ禍もあり、グループの存続もどうすべきかと考えたときに、“負けてたまるか!”という気持ちで立ち上がりました。コロナ禍でスケジュールが空いたのをきっかけに、2020年3月に以前からの夢だったヒーロー映画の構想を仲間に話したのが始まりです。ヒーローが好きなみなさん、マダムのみなさん、いろんな方に楽しんでいただける映画になりました!」と胸を張った。

構想を聞いた時の感想について白川は「いつものギャグかなと思いました。(純烈は)嘘から出たグループなのでギャグってこともあるだろうなと。でも、変身後のスーツアクターの映像を見て『これは、本当なんだな』と思いました(笑)。一流のスタッフが集まっているので気合を入れて挑まないとバチが当たるぞと意気込みました」と振り返る。撮影時のエピソードについて、小田井はこの日のイベントのMC・山本康平について触れ、「山本くんは僕の師匠のような役柄を演じたのに、ありえないくらい緊張していました。僕たちよりも役者経験のある山本くんがなにかにつけて“大丈夫かな”と心配そうな顔で演技の確認をしていたのがとても懐かしいです」と前置きし、さらに山本が前川清から演技指導を受けていたことを暴露。「あの前川さんからアドバイスもらったにもかかわらず、アドバイス後も演技が変わらず、テンパっていたのが思い出に残っています」とさらなる暴露で会場を笑いに包んだ。

後上は撮影時期が自身の誕生日と重なっていたことに触れ「小林幸子さんがバースデーケーキを持って“ハッピーバースデー”を歌ってお祝いをしてくれました。すごくみんなに言いたかったのですが、小林さんの出演は解禁前だったので、絶対に漏らしてはいけないということで、1年越しにみなさんにお伝えできることを心からうれしく思います」と満面の笑みを浮かべた。佛田監督が「後上くんは演技経験がないので、演技ができないとは聞いていました。笑うこともできないということだったのですが、相手役の小林綾子さんにリードしてもらって、いい演技をしていましたね。いかがでしたか?」と会場に問いかけると、お客さんから大きな拍手贈られ、その様子を見た小田井が「今日のお客様は、『いかがでしたか?』と問いかけたら、拍手をするというスイッチでもついているんですか?」とMCに質問するほど、来場者の拍手のタイミングのすばらしさに感心する場面もあった。後上は「僕は、撮影時に毎日走っていたのですが、いつも山本くんが一緒に走ってくれて心強かったです」とサポートに感謝した。
最後の挨拶で、酒井は「本作は9月10日公開ですが、早く観たみなさんの特権です、今日からどんどんネタバレしていいとも思います」とニッコリ。続けて「たくさんの人に観ていただき、たくさんの人に笑顔になってもらえればうれしいです。(拡散の)ご協力をお願いいたします」と呼びかけた。小田井は「僕たちの事務所からも悪役でたくさん役者が出演しています。ヒーロー経験者がたくさんいる映画です。ヒーロー×演歌・歌謡曲のコラボ映画です。小林幸子さん、前川清さんとの共演なんてなかなか実現することではありません。ヒーローと演歌・歌謡曲を結びつけてくれたのが『純烈ジャー』です。純烈にピンと来ないという知り合いには、幸子さん、清さんの名前を出せば、(おもしろそうと興味を持って)騙されてついてきてくれるはずです」とおすすめの映画への誘い方を伝授した。

白川は「いろんなものが詰まった幕内弁当のような映画です。いろんな人を誘って観にきてください。本日は本当にありがとうございました」と改めて感謝の言葉を伝えながら作品をアピール。後上は「温泉の平和を守るヒーローという純烈らしさの延長線上にこの作品があります。僕たちを『紅白』に連れて行ってくださったみなさん、そのあたたかさで、今度は映画を広げていってくださったらうれしいです。お時間があるときには、劇場へ2回、3回と足を運んで楽しんでください」とコメントし、イベントを締めくくった。
純烈、佛田洋、山本康平、純烈ジャー

映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』完成
披露舞台挨拶

【日時】8月26日(木)
【場所】東京・新宿バルト9 シアター9(東京都新宿区新宿3丁目1-26 新宿三丁目イーストビル9階)
【登壇】後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭、佛田洋監督(敬称略)

映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』

9月10日(金)新宿バルト9ほか全国劇場公開
出演:後上翔太 / 白川裕二郎 / 小田井涼平 / 酒井一圭 / 小林綾子 / 出口亜梨沙 / ふせえり / 中島ゆたか / しのへけい子 / 山本康平 / 松下恵 / 岩永洋昭 / 松本享恭 / 白又敦 / 龍真 / 栄信 / 宮澤佑 / 鈴村健一(ナレーション) / 小林幸子(特別出演) / 前川清(特別出演)
監督:佛田洋
脚本:久保裕章
アクション監督:竹田道弘
サウンドデザイン:桑原秀綱
キャラクターデザイン:野中剛 
企画協力:山本康平
製作:與田尚志
エグゼクティブプロデューサー:加藤和夫 / 塚田英明
プロデューサー:中野剛
主題歌:純烈「NEW(入浴)YORK」(日本クラウン)
製作・配給:東映ビデオ
製作プロダクション:特撮研究所 
上映尺:83分
(c)2021 東映ビデオ

■ストーリー
ムード歌謡グループ「純烈」の4人は、今日もスーパー銭湯アイドルとして温浴施設でマダムたちを歓喜させていた。そんな中、浴場で不審死が発生。警察による捜査の結果、事件性はないと判断されるも巷では「連続イケメン温泉失踪事件」が多発していた。温浴施設を守るヒーロー・純烈ジャーでもある酒井一圭(純バイオレット)、白川裕二郎(純レッド)、小田井涼平(純ブルー)の3人は、純烈ジャーではない後上翔太には秘密で事件の調査を始める。そして、ついに「温泉の向こう側」で女王として君臨するフローデワルサ(小林幸子)の仕業だと突き止めるが、彼女の圧倒的なパワーに3人は太刀打ちできない!
一方、なぜ自分だけが蚊帳の外なのかと思い悩む後上…。硬い結束で結ばれた純烈に危機が訪れる――。彼らは本当のヒーローになれるのか?

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着