L→R マツイユウキ(Dr)、片桐(Vo&Gu)、ヤスカワアル(Ba)

L→R マツイユウキ(Dr)、片桐(Vo&Gu)、ヤスカワアル(Ba)

【特別企画】
ソロインタビューで紐解く
Hakubiの
メジャーデビューまでの軌跡
<vol.2>ヤスカワアル(Ba)

2017年の結成以来、地元・京都を中心に全国のライヴハウスシーンで活動を続け、2020年にメジャーデビューを発表した3ピースロックバンド・Hakubiが、待望の1stアルバム『era』(イーラ)を9月8日にリリースする。不甲斐なさや劣等感を出しつつも、自分を信じて強く生きる希望の光を提示してくれる彼ららしい楽曲が揃った自身初となるアルバムだ。約2年をかけて制作したという本作は、サウンドアプローチで大きなチャレンジをした楽曲も多く、バンドを大きく成長させたことは言うまでもない。

そんな注目のバンド、HakubiをOKMusicではメンバーソロインタビューにて紐解いていく。最後には『Hakubiメンバーへ10の質問!』と題したミニコーナーも用意したので、この機会にメンバーの魅力も知ってほしい!

計3回にわたって展開する同企画の第2回目は、ヤスカワアル(Ba)に話を訊いた。

チームとしての一体感は
日に日に増していっている

音楽を好きになるきっかけや楽器を始めたきっかけは?

中学時代の友人がビジュアル系の音楽が好きでギターを弾いていたので、その友人とコピーバンドをするためにベースを始めたのが音楽を好きになるきっかけでした。当時はナイトメアをよくコピーしていて、人生で初めてライヴハウスに行ったのもナイトメアのライヴでしたね。中学の友人とのコピーバンドはドラムがいなくて、結局部屋でギターとベースを空弾きしているだけに終わりました(笑)。

今の話ではバンド活動自体をされていたという感じではないようですが、Hakubiを結成されるまではどのように音楽と触れ合ってきたのでしょうか?

その後、高校1年からバンドを組んで、オリジナル曲を作ってライヴハウスに出演していましたが、お客さんの動員数が厳しくて毎回出演料を払っていました。月に3、4本ライヴをしていたので、高校生の経済力ではかなり無理をしながら活動をしていたと思います。

高校時代はそのようにバンド活動をされ、大学時代に片桐(Vo&Gu)さんとマツイユウキ(Dr)さんと出会うわけですが、メンバーの第一印象はいかがでしたか?

僕以外のふたりは同じ大学でサークルの活動も楽しそうだったので、本当の初対面ではふたりともいわゆる“ウェイ系”だなぁと思っていましたね(笑)。

“ウェイ系”!?(笑) 大学を全力で楽しんでいる若者という印象でしょうか。そんなおふたりはヤスカワさんから見てどんな人ですか?

片桐ちゃんは真面目なタイプで、全日本人のトップ5パーセントに入るくらい道徳心があるイメージです。マツイくんはコミュニケーション能力があります! きっと人生はギャンブルだと勘違いしているんじゃないかな?(笑)

(笑)。おふたりとHakubiの活動をスタートさせて4年間になりますが、活動で一番印象に残っていることはありますか?

全国流通盤1発目となる『光芒』(2019年4月発表のEP)という作品で、リード曲の「光芒」がないまま3日間のレコーディングを迎えたことですね。リード曲だけまったく作ることができないままにレコーディング最終日前日になってしまい、深夜のスタジオでなんとかかたちにして、一夜漬けで録音した思い出がかなり印象に残っています。

Hakubiは2020年10月にメジャーデビューを発表されましたが、メジャーデビューが決まった時の率直な気持ちを教えてください。

自分としてはバンドが2年目くらいから意識し始めていたので驚きはなかったです。いつかメジャーに行くなら年齢的にも早いほうがいいだろうと思って、2019年にはメジャーに行くことを決断していました。インディーズ時代とメジャーデビューを決断したタイミングというのは活動歴の中では丁度半々くらいで、メンタル面での大きな変化はありませんでしたね。

メジャーデビュー後の環境の変化はありますか?

自分自身は何も変わっていませんね。Hakubiとしては裏方含めてチームとしての一体感は日に日に増していっています。強固なものになっているので、活動自体はとても充実していると思いますよ。

最後にメジャー1stにしてバンド初のアルバム『era』がリリースされる今の想いを聞かせてください。

Hakubiを証明する初めてのフルアルバムになりますので、みなさんの感想が楽しみです!

取材:岩田知大

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着