L→R Kotoha、Hanon

L→R Kotoha、Hanon

【ハコニワリリィ インタビュー】
みなさんとライヴや
イベントを楽しめる
“ハコニワ”を作りたい

白百合のような儚くも力強い歌声を持つ女性ヴォーカリストふたりが、いよいよメジャーデビューの扉を開く。その名も“ハコニワリリィ”。かねてより、人気クリエイターユニット・HoneyWorksによるサウンドプロデュースのもと、“Hanon×Kotoha”として活動をしてきた彼女たち。デビューシングル「コガネゾラ」にはどんな想いが込められているのだろうか?

HoneyWorksさんとは、
距離感はかなり近くなった

今作より“ハコニワリリィ”として活動を始めますが、まずはユニット名の由来を教えてください。

Kotoha
これまでは“Hanon×Kotoha”として活動をしていたので、最初はお互いの“Ha”と“Ko”を取って“ハコニワ”という名前を考えていたんです。みなさんとライヴやイベントを楽しめる“ハコニワ”を作りたいという願いを込めて。
Hanon
そこに私たちらしさをより加えたいと思って、白を基調にした純粋なイメージのある百合の花(=リリィ)の名前を添えました。

メジャーデビュー発表後、周囲からの反響はいかがでした?

Hanon
それこそ個人で活動を始めたばかりの、まだ名前すら知られていなかった頃から応援してくださっている方々もたくさんいるので、すごく喜んでいただけました。“これからも応援するから頑張ってね”といった、長文でとても心温まるメッセージをいただけたり。“頑張らなきゃな”と改めて実感しましたね。

そんなおふたりが出会ったきっかけも気になります。

Kotoha
2018年末に開催された、『HoneyWorks × LIP×LIP Premium Xmas Party』のリハーサルですね。このイベントでコラボパフォーマンスをして自然と意気投合しました。

お互いの第一印象は?

Hanon
Kotohaちゃんは大人しい子なイメージでした。リハーサルでいきなり会うことになったんですけど、そのわりにはグイグイ話しかけに行っちゃいました(笑)。
Kotoha
そうだね。Hanonちゃんは活動を始めたてで前情報も特になかったから、私は人見知りしちゃいました(笑)。

ちなみに、おふたりの音楽の趣味などは共通しているんですか?

Hanon
私は幅広いジャンルを聴いています。逆に、Kotohaちゃんはボーカロイド(以下、ボカロ)育ちだよね。ボカロを通して、歌い方の個性が培われてきた子なんだなと思っています。

愛聴するジャンルが違うことで、お互いに好きな楽曲を教え合うこともできそうですね。

Kotoha
私たちは一緒の家で暮らしているので、オススメの楽曲はすぐに流してくれるんですよ。
Hanon
“歌ってみた”のレコーディングとかを覗いたりしていますね(笑)。

おふたりはHoneyWorksさんとも、もう3年以上のおつき合いになるとか。ネット界隈の第一線で活躍する方々ですが、改めて自分たちにとってどのような存在ですか?

Hanon
最初は手の届かない憧れの存在でしたが、最近では仲間や家族のようにお互いを高め合える関係性になりました。今でも尊敬はしていますが、距離感はかなり近くなったかな?
Kotoha
いろいろなプロジェクトを主導される中、何も知らなかった私たちをゼロから育てて、たくさんのバックアップをしていただいているからには、私たちもその気持ちに応えていきたいです。

さて、今回のシングル表題曲「コガネゾラ」はTVアニメ『SDガンダムワールド ヒーローズ』第2クールのエンディングテーマに起用されていますが、どのような楽曲に仕上がりましたか?

Kotoha
仲間との友情や愛情をテーマにした『SDガンダム』の物語にマッチした楽曲になっています。注目ポイントは、私たち自身の道のりともシンクロするような歌詞ですね。

レコーディングはHoneyWorksメンバーも立ち会いで?

Hanon
そうですね。基本的には楽曲を書いてくださったMARUMOCHI BOYSのコミヤマリオさんを中心に収録していきました。

具体的にどのようなディレクションがあったのでしょう?

Hanon
今回はロックナンバーながらもエモーショナルな雰囲気なので、歌声に憂いや切ない感情が混じることを意識するように伝えられました。歌い出しやサビの《思い出したよ懐かしい記憶》では、頭の部分で少しだけ“ほ”って発音しているんですよ。歌詞どうりに“お”の音でサラッと始まるよりも、泣きっぽいニュアンスが加わっているんです。

すごく分かります! 2番サビの《バトった》というフレーズは、急にラフな言葉選びになっていますよね。

Kotoha
HoneyWorksのGomさんからも“この部分はすごく攻めたんだよね”とうかがいました。それまでの歌詞がカッコ良くてきれいだっただけに、急な変化球が飛び込んでくるというか。やっぱりすごく印象に残りますよね。

今回は“コガネゾラ”の情景を歌詞のモチーフとしていますが、MVなどのイラストを通して音楽を視覚的にビジュアライズするHoneyWorksらしさも大いに打ち出した楽曲だなと感じました。

Hanon
確かに。楽曲MVも制作中なんですが、黄金空の景色がキーになるような仕かけも施されています。その情景を頭で思い浮かべてみると、ふたりがお互いの気持ちを高め合っていて、その後ろに黄金空が輝く…すごく青春な光景ですよね。

勝手なイメージながら、主人公たちが歩道橋で向き合っているイメージです。

Kotoha
えぇ~、エモいですね(笑)。

おふたりはいかがですか?

Hanon
どうだろう…屋上かな?(笑)
Kotoha
私は歩道橋。どっちも高いところだね! ただ、聴いてくださるみなさんの中にも、記憶に残る景色がそれぞれあると思うので、そんな景色に合わせて楽しんでいただくと、十人十色な楽曲の刺さり方になるのかな?

ちなみに、おふたりにとっての忘れられない景色は?

Hanon
やっぱり2020年12月に開催した1stワンマンライヴ『ストレリチア』ですね。コロナ禍の情勢もある中、いろいろな方々に支えていただいて、なんとか開催ができたので。久しぶりのライヴな上に、応援してくださるみなさんからは声を出せない状況でもすごく熱気を届けていただいたし、忘れられない景色です。
L→R Kotoha、Hanon
シングル「コガネゾラ」【ハコリリ・アニメ盤】(CD+グッズ)
シングル「コガネゾラ」【ハコリリ・アニメ盤】(CD+グッズ)
シングル「コガネゾラ」【Hanon盤】(CD)
シングル「コガネゾラ」【Kotoha盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着