ドレスコーズ

ドレスコーズ

志磨遼平(ドレスコーズ)
- Key Person 第17回 -

ロックに出会って、
“ひとりで生きていける”と思った

J-ROCK&POPの礎を築き、今なおシーンを牽引し続けているアーティストにスポットを当てる企画『Key Person』の第17回目は、ドレスコーズ志磨遼平。アルバム『バイエル』(2021年6月発表)ではサブスクリプションでピアノのインスト曲から配信し、徐々に楽曲が出来上がっていく過程を見せるという斬新なアイディアも記憶に新しいが、そんな志磨が少年時代に衝撃を受けたロックとの出会いと、アーティストとしての原点にいる人物を探った。

ロックを見た時に
“華美な服装だ!”と思った

志磨さんはどんな少年時代を送っていたのでしょうか?

基本的に今も子供の頃も変わっていなくて。例えば母親から紙とクレヨンとか、積木だのおもちゃだのを渡されると、2、3時間は物音も立てずに没頭するので “あれ? そこにいたの?”と心配されるくらい、手のかからない子だったそうです。没頭すると周りが見えなくなるのは今も変わらないですね。僕は自然に囲まれた田舎育ちなんですけど、外に行って虫を捕まえるとか、川で泳ぐなんてことは一切せずにずっと家にいました。

何かを作るということでは、最初は絵が好きだったみたいですが、そこから音楽にも興味を持つようになったのはどんな流れだったんですか?

親がずっとThe Beatlesを聴いていたせいで、のちにThe Beatlesを聴いた時に幼少期の記憶がバーッとフラッシュバックしたんですね。その“なんだか無性に懐かしい”という感覚が気持ち良くて、The Beatlesやそれに似た音楽を探すうちに60年代のものばかりを聴くようになって。でも、バンドを組みたいと思うようになったのはTHE YELLOW MONKEYの影響です。

高校生の文化祭が志磨さんにとっての初ライヴで、その時はTHE YELLOW MONKEYの曲もコピーしていたそうですが、自分で音楽を作ろうと思い立ったきっかけは何だったのでしょうか?

ある日突然、曲ができたんです。THE YELLOW MONKEYを好きになってからは“僕もいつかそのうち作詞作曲しなければいけない”と思い込んでいたので、“やっぱりできるもんだな、もうこれで将来は安心だ”と……何の説明にもなってませんけど(笑)。本当にそんな感じで。

バンドを組む前に曲ができたと。

はい。その曲をどうしたらいいか分からなくて、とりあえず覚えておきました。で、しばらく経って17歳の時にバンドを組むんですけど、それは文化祭でコピーを披露する、とかが目的ではなく、“曲を作って有名になる” という目的のバンドだったので、どんどん曲を書いてライブハウスに出るようになって。

The Beatlesから始まって、志磨さんはロックのどこに惹かれていったのでしょうか?

うーん、何だろう?(笑) “やっちゃダメだよ”と言われていることってあるじゃないですか。“走っちゃダメだよ”とか“大声を出さないで”とか。その価値観を全部あべこべにした世界というか、やっちゃダメなことを片っ端からやっていくところに惹かれたんじゃないでしょうか。中学生の頃、生徒手帳に“華美な服装を禁ずる”と書いてあるのが何か面白くて(笑)。“華美”とか言われても、それがどんなのか分かんないじゃないですか。でも、ロックを見た時に“あっ、華美な服装だ!”と思ったんですよ(笑)。“生徒手帳にダメって書いてあったのはこれだ!”と。そういう禁止されたものを並べて、端から順に踏んでいくみたいなところが最高ですね。この世界ではダメなことをやればやるほど、みんなに褒められるので。

すごくワクワクするものだった?

うん! 本当にワクワクしますね。何と言うか…ロックに出会って、“ひとりで生きていける”と思ったんですよ。それまでは僕にも“これをやりなさい”と先生や親に言われたことだけをやる人生が13、4年あったんです。起きて、ご飯があって、なんとなく学校に行って…でも、ロックに出会ってからは、もう誰に止められてもやめられなくて。友達の言うことも、親の言うことも聞けなくなり、16、7歳にして“ひとりだぜ!”という感覚になったというか。まぁ、それでも晩ごはんは家で食べるんですが(笑)。たぶん哲学に詳しい人だったらもっとうまく言葉にできると思うんですけど、これが自我ってやつなんだと思います。ある日、パカッと自我が開く音が聞こえたんです。例えじゃなく、本当に。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着