2021年8⽉11⽇ at KT Zepp Yokohama

2021年8⽉11⽇ at KT Zepp Yokohama

【めいちゃん ライヴレポート】
『めいちゃんワンマン
ライヴツアー「再出発」』
2021年8⽉11⽇
at KT Zepp Yokohama

2021年8⽉11⽇ at KT Zepp Yokohama
2021年8⽉11⽇ at KT Zepp Yokohama
2021年8⽉11⽇ at KT Zepp Yokohama
2021年8⽉11⽇ at KT Zepp Yokohama
2021年8⽉11⽇ at KT Zepp Yokohama
2021年8⽉11⽇ at KT Zepp Yokohama
2021年8⽉11⽇ at KT Zepp Yokohama
2021年8⽉11⽇ at KT Zepp Yokohama
2021年8⽉11⽇ at KT Zepp Yokohama
2021年8⽉11⽇ at KT Zepp Yokohama
 7月26日から全国4カ所全10公演で開催された『めいちゃんワンマンライヴツアー「再出発」』が、8月11日に神奈川・KT Zepp Yokohamaでファイナルを迎えた。

 めいちゃんが大海原へ出航し、シュリンプランドへ向かうというストーリーが提示されて始まったライヴ。序盤は荒波をかき分けながら進むがごとく、「パンダヒーロー」「ヴィクター」などのアップテンポで勢いあるナンバーを次々と繰り出して会場を盛り上げる。パワーあふれるバンドサウンドを背に、めいちゃんは太く鋭い歌声をエネルギッシュに放ち、ベースやギターのメンバーと向かい合って歌うなど、バンドとの一体感は抜群。勢いそのままに「横浜ファイナルいけますか?」と、めいちゃんが声をあげれば、観客はオレンジ色のペンライトを振ってそれに応え、会場はまばゆいばかりのオレンジ色で埋め尽くされた。

 MCでは“やっとシュリンプランドに着きました。こんな世界だし、みんなを笑顔にしたいから”とツアーを開催した気持ちを語る。エビとのかけ合いで会場を爆笑させた他、特技として、こえ部のスピーカーの音やSkypeの着信音などの音マネ、キーボードの弾き語りで聴かせ、めいちゃんの旺盛なサービス精神で、声を出せない観客は笑いをこらえるのに必死だった。また、サービス精神と言えば、実は内緒で物販ブースに立っていたが、誰にも気づかれなかったそう。“ここまで来ると悲しすぎる。影が薄いながら、細々と頑張っていきます”と話して、笑いを誘う場面も。

 ライヴ中盤は打って変わって、しっとりとしたナンバーの連続で、観客はめいちゃんの歌唱力にうっとりと聴き惚れた。「水滴」は美しいファルセットで雨の情景を描き、バラードの「話してよ」では切ない歌詞をエモーショナルに歌い上げ、静かに涙ぐむ観客も。そして、「季節と私の話。」はポツリポツリとつぶやくように歌い、観客は孤独な夏の夜の世界観に浸った。いつも元気いっぱいで、ふざけてばかりいるめいちゃんだが、その歌唱力は折り紙つき。多彩なニュアンスを交えたソウルフルなヴォーカルで観客の心をがっちり掴んだことは言うまでもない。本編最後はジャジーでアッパーのサウンドの「ライムライト」。流れるように早口のヴォーカルも魅力の曲で、めいちゃんはお立ち台に上がってそれをアツく歌い上げ、最後は会場にいる全員でジャンプをして曲を締めた。

 アンコールでは《いつだって孤独じゃないよ》という歌詞の一節が胸に刺さる、シティポップ調のダンスチューン「ブライトサン」や、跳ねたビートに乗せて明日への希望をめいちゃん流に歌った「世迷言」を繰り出して、会場はダンスフロアーと化する。アンコールも含めて全14曲を披露した本公演の最後を締め括ったのは、最新楽曲「小悪魔だってかまわない!」。同曲はHoneyWorksが提供した極上の胸キュンソング。《バッキューン!》や《ノンノン》など合いの手を入れるパートがあり、観客は銃を撃つポーズや手でバツ印を作るポーズなどをめいちゃんと一緒に楽しんだ。

 「小悪魔だってかまわない!」を歌う際にはYouTubeでのMV再生回数が1,000万回を越えたことについて触れ、“みんなの力をめちゃめちゃ感じています。ありがとう。この10年は無駄じゃなかった。もっと成長して、大きな舞台にみんなと行けたらと思います”と応援してくれるファンに向け、素直な気持ちを表す。そんな感無量といった雰囲気の中、再生回数1,000回突破を記念したケーキが登場するというサプライズもあり、“こういう経験は初めてだから”と驚きつつ、“引き続き、めいちゃんをよろしくお願いします。マジでこのまま行ったらすごいことになるから!”と、」最後に自信たっぷりのコメントでみんなの期待感に応えてくれた。

撮影:Bromide.jp/取材:榑林史章


セットリスト

  1. 1. パンダヒーロー
  2. 2. ヴィクター
  3. 3. バレリーコ
  4. 4. ホレボレボリューション
  5. 5. トスリーマの祟り
  6. 6. メビウス
  7. 7. ⽔滴
  8. 8. 話してよ
  9. 9. 季節と私の話。
  10. 10.東京は夜
  11. 11.ライムライト
  12. <ENCORE>
  13. 1. ブライトサイン
  14. 2. 世迷⾔
  15. 3. ⼩悪魔だってかまわない︕
めいちゃん プロフィール

メイチャン:2011年にニコニコ動画に歌ってみたを初投稿。2020年に活動10年目を迎え、今歌い手界で最も人気を誇るスーパールーキー。天真爛漫なキャラクターと超実力派な歌唱力で人気を博している。18年より2年連続でZepp Tokyoでクリスマスソロライブを開催し、2019年よりワンマンツアーを敢行した。ボカロ・J-POPカバーだけでなく、自身のオリジナル楽曲も積極的に発表しており、現在、YouTubeの総再生回数は8,700万回を突破。20年3月に発売したオリジナルフルアルバム『大迷惑』は、オリコンデイリー5位、ウィークリー7位を獲得した。また、19年4月からはYouTuberグループ“肉チョモランマ”としての活動を開始。現在、チャンネル登録者数は37万人を突破しており、活動の幅を大きく広げている。めいちゃん オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着