みねこ美根

みねこ美根

【みねこ美根 インタビュー】
“自分は大切に愛されるべき
存在なんだ”と信じてほしい

しっとりと始まり、サビに向かって開けていく展開など、今までの楽曲になかった音像の広がりを見せる最新曲「我にかえれ」。これまでにもあった“自分と、自分のような気持ちを抱えている人を励ます”という想いがより強く感じられる同曲のことはもちろん、今年4月に配信リリースされた「さよなら起承転結」についても語ってもらった。

曲を聴いて“みねこ美根だ!”と
思ってもらえるように

今年4月に配信リリースした「さよなら起承転結」と、最新曲「我にかえれ」を聴いて、音像の広がりにとてもワクワクしました。どこか軽やかな印象もありますし。

軽やかという印象は意外でした。確かに「さよなら起承転結」はこれまでとは違った新しい世界観の中に、中毒性とリズミカルな部分があります。一方で「我にかえれ」は神聖な世界、荘厳さをイメージしたサウンドで、凛とした重みがある曲になっています。でも、楽曲世界の広がりというのは挑戦がたくさんある部分でもあるので、そこを感じていただけて嬉しいです。

「さよなら起承転結」はノリやすいリズムが癖になります。制作をともにしている小名川高弘さんからは“中毒性”というテーマをもらったそうですね。

自宅で楽曲が生まれた時からこのギターストロークのリズムやキメがあり、そこへさらに中毒性を持たせるアイディアでイントロのメロ、全体のアレンジをまとめるかたちで小名川さんに中毒性を加えていただきました。聴いてくれた方に引っかかってもらいたいですし、“みねこ美根だ!”と思ってもらえるようにといつも考えています。

ライヴでも演奏されていますが、実際にリスナーの方からの反応はいかがですか?

聴いてくれたみなさんからは“イントロやリズムパターンが頭から離れない”“頭の中で自動再生される!”という感想をたくさんいただけました。癖になるとか、すぐにみねこ美根の「さよなら起承転結」だと分かるという反応をたくさんいただけたことは新鮮でしたし、ライヴではさらに“どうしたら一緒にリズムにノッてもらえるか?”ということを挑戦したりしています。

歌詞には“想像していた未来の筋書きに別れを告げる”というテーマがありますが、美根さん自身がやるせない気持ちを切り替えられるようになったからこそのテーマなのでしょうか?

正直言って、やるせない気持ちは切り替えられてません。今も昔も。だからこそ、生まれた曲だと思っています。「さよなら起承転結」は別れを告げきれてはおらず、今まさに別れを告げている、心情もかなり矛盾している場面を書いています。“さよなら”と言っておきながら“抱きしめてほしい”とか、葛藤中というか、憧れた先に行けると勘違いしていた自分を恥じている気持ちも入り混じっています。どうにか自分に踏ん切りをつける曲です。サウンドも歌詞のように坂を下るような感情を淡々と歌う私のイメージを活かしていただきつつ、毒々しい華やかさをプラスしていただいたことで、より多くの方の耳に引っかかってくれる世界観になりました。新しさはあると思いますが、私の振り幅の中の表現だと思っています。
みねこ美根
配信シングル「我にかえれ」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着