音楽ライブ配信の新たな可能性を切り
開いた『にじさんじ AR STAGE“LIGH
T UP TONES” 』DAY2レポート

2021年7月31日(土)〜8月1日(日)の二日間に渡って開催された、にじさんじ初の完全AR生バンドライブ『にじさんじ AR STAGE”LIGHT UP TONES”』DAY2のレポートをお届けする。
初日は樋口楓、緑仙、花畑チャイカ、町田ちま、ジョー・力一、夢追翔、レヴィ・エリファ、加賀美ハヤトら豪華8名が出演したが、2日目は月ノ美兎、剣持刀也、叶、ドーラ、魔界ノりりむ、葛葉、椎名唯華の7名によるステージが繰り広げられた。
既に初日の段階でその技術力の高さに驚きの声が多数上がっていた本公演だが、にじさんじを運営するANYCOLOR社内製のリアルタイムAR技術およびソフトウェアを駆使した最先端技術と全曲生バンドの演奏によるマリアージュはこれまでに誰もが一度は夢見たが、見たことのなかった世界を現実のモノにしてくれていた。ヴァーチャルとリアルの共存。ライバーと我々の間に立ちはだかる障壁がまた1つ取り払われた瞬間がそこにはあった。

「#リアルタイムARライブ」のハッシュタグが前日のSNS上でトレンド入りを果たすなど、DAY1も大きな盛り上がりを見せたにじさんじ初の完全AR生バンドライブ『AR STAGE”LIGHT UP TONES”』。
前日の出演者である樋口楓は「ウチらは汗くさい感じやけど、明日はキラキラしたメンバーが揃ってる」と語っていたが、DAY2公演はどんなステージになるのか。前日の配信内で行われたニコニコ生放送のアンケート機能では9割以上の視聴者が翌日もチケットを購入済み/予定という結果も出ており、皆さんも期待に胸を踊らせながら、前日同様に出演者がにじさんじデビュー順に紹介されていくオープニングのカウントダウンムービーを眺めていたことだろう。
DAY2のトップバッターを務めたのはドーラだった。TVアニメ『デス・パレード』OPでもおなじみBRADIOの「Flyers」の軽快かつ抜けていく気持ちの良い金管の音色で景気を付けていくと、葛葉が画面右からフレームインしてきてそのまま2曲目へ。2人が向き合うと口火を切るように聞こえてきたのは「革命デュアリズム」のイントロだ。まさに紅白歌合戦で水樹奈々T.M.Revolutionが披露したようなステージングでさらに勢いは加速していく。選手交代するようにドーラがハケていき、続いて葛葉ソロによるロードオブメジャーの「心絵」のカヴァーへ。TVアニメ『メジャー』OP曲としても有名だが、エモーショナルな曲調も相まって、葛葉も参加していたコナミデジタルエンタテインメントとのコラボ企画『にじさんじ甲子園』と神速高校ナインたちの夏をフラッシュバックする視聴者も非常に多く「監督〜〜!!」といったコメントで溢れかえった。
そんな葛葉とバトンタッチする形で、エレクトロスイング調の軽快なサウンドと共に登場したのは彼とChroNoiRというコンビを組む盟友、叶だ。新衣装の3Dモデルで気合い十分といった様子で「ビーバー / すりぃ feat.初音ミク」のカヴァーを披露。アダルトな雰囲気ある楽曲を色気たっぷりに歌いこなす様子は、後に共演した椎名唯華もライブ感想配信で「めっちゃカッコよくて、普通にリスナーとして高まってしまったよ〜」と述べていたほどだ。
続いてそんな椎名と魔界ノりりむの2人がステージに登場し「はくちゅーむ」を披露。可愛さとマッシヴさの中に和のテイストが混ざり合ったYunomiらしいサウンドはこの2人にぴったりのナンバーだし、まさに”かわいさで殴り倒される”といった表現がふさわしいアクトだった。
ここまで5曲をノンストップで展開していった所でドーラも加わり、最初のMCパートへ。「にじさんじ初のARライブですけど、出てくださいってオファーが来た時、どう?イメージついた?」というドーラの問いに「いや〜、全くつかなかった!」と2人も答えたように、出演者ですら未踏の景色が、いま目の前で繰り広げられているのだと改めてそのスゴさを感じる。
実際に「ギターさ〜ん!」とその方向へ向かって手を振ると、本当に実際のライブのMCパートでもよくあるように「♪ジャカジャーン」とギターを鳴らしてレスポンスをするようなやりとりがあったりと、とにかくもうここまで来るとそこに実在していない方がおかしいとさえ感じるほどの完成度なのだ。全編スクショOKや”チラ見せ”無料パートは次の曲までなどのアナウンスも行われ、再びライブパートへ。
魔界ノりりむによる「シル・ヴ・プレジデント」は彼女らしい可愛さと小悪魔感ある選曲で思わず虜になりそうになる。再び登場した椎名唯華は剣持刀也とのもちもちコンビでMrs.GREEN APPLEの「青と夏」とカヴァー。高校生コンビらしい青春まっしぐらなエモーショナルを展開し、最後には「除霊ヨシ!」の決めポーズもバッチリ回収。剣持が退場し、続けて椎名がソロで歌ったのは「幽霊東京」というオチも付けつつ、YOASOBIのAyaseらしいアーバンなラインをそのままのオシャレな雰囲気で歌いこなしスキルもバッチリアピール。
ここへ来て満を持して現れた月ノ美兎が「どうも有料の女、月ノ美兎です」と挨拶すると、「どうも、無料の女です」と応じるドーラのコンビでカヴァーしたのは°C-uteの「まっさらブルージーンズ」。ステージを大きく使ったキレッキレのダンスを披露し、ARライブの利点を最大現に生かしたパフォーマンスを繰り広げると、続いて登場した葛葉、叶のChroNoiRコンビはOfficial髭男dismの「宿命」をカヴァー。2番に入ると段差に腰掛け、互いに語りかけるように歌う姿に思わず涙がこぼれそうになる。
再び5曲続けて歌った所でMCパートへ。「ARならではってことで、やっぱこの段差使いたくなるよね〜」「他に段差を活用してたヤツ、おる?」と再び座り込みながら振り返りつつ、叶の衣装についても触れる。「えっ、まだ君パジャマなの?」「いや、オレなんかスリッパよ」と煽ったりといつもの悪ノリが3Dで行われてるのをニコニコしながら見ていると「次の曲は葛葉さんなんでしょ?じゃ、頑張って!」ということでライブも中盤戦へ差し掛かる。
葛葉、椎名唯華、魔界ノりりむのトリオによるギガPの「Ready Steady」のカヴァーからライブは再開。葛葉のラップに2人の高音ボイスの相性は抜群で、クールな雰囲気の楽曲をカッコよく歌い上げると、続いては魔界ノりりむと月ノ美兎による「ダーリンダンス」とボーカロイドカヴァーの流れが続く。「地雷女コンビ」なんてコメントもチラホラありつつ、あざとい振り付けを目に焼き付けた所で、剣持刀也も「誰かの心臓になれたなら」でこの流れに続いた。最後のサビの転調も見事に歌い上げ、エモーショナルな雰囲気を作った所で、月ノ美兎と合流してBUMP OF CHICKENの「ray」を披露。委員長に憧れてVTuberになった剣持が彼女とデュエットしているだけでエモいのに、2人の奏でるハーモニーが完璧すぎて感情がドッと押し寄せてくる。
余韻に浸っている間もなくライブも後半戦に差し掛かり、再びMCパートへ。初ライブとなるりりむとデュエットしたダーリンダンスは振り付けも難易度が高いが「初ライブでアレはすごい!よくやってたよ!」と委員長が褒め、剣持も「日々のボイトレの成果がちょっとずつ出てます!」と自身のアクトを振り返った。話題は椎名やりりむ、叶といった各自のアップデートされてた3Dモデルへと移り「実はボクもこの呪われし装備(竹刀)を外す時が来たか…と思ったんですけど、外したら見た目的に寂しくなっちゃって(笑)」とアプデしそこねたことを明かす。8月11日に発売予定の委員長の1stアルバムの話にも触れた所で、次の曲はそんなニューアルバムから1曲披露。
「みとらじギャラクティカ」は”みとらじ”こと「月ノ美兎の放課後ラジオ」をモチーフにした楽曲だが、今回のライブはアルバムに収録された音源とはまた違ったスペシャルコラボverということで、「ギャラクティカ!」という掛け声が他の出演者だったり、魔界ノりりむや葛葉からのお便りを読み上げるバージョンとなっていた。お便りに回答するようなラップパートもあり、途中では洗濯機が爆発する演出もありの賑やかで委員長らしい楽曲となっていたので、リリースverもチェックしたい所だ。
続いて登場した剣持刀也と叶は『呪術廻戦』OPの「廻廻奇譚」を本家さながらのクオリティで披露すると、さらに葛葉も合流して男子メンバーによる「スーサイドパレヱド」のカヴァーでは”もちノワール”による息ぴったりのパフォーマンスには思わず舌を巻いてしまった。
続く「Virtual Strike」は剣持とドーラによる歌唱だったが、2人ともボーカリストとして特徴的な伸びやかな歌声を披露し、特に剣持は前述のボイトレの成果をよく感じられるパフォーマンスだったと思う。また、同曲はにじさんじ3周年記念楽曲ということでライブも終盤に差し掛かっていることを感じつつ、続いては月ノ美兎/ドーラ/椎名唯華/魔界ノりりむの女子メンバーが勢揃いしてTVアニメ『ガヴリールドロップアウト』OPの「ガヴリールドロップキック」をカヴァーした。ハイテンションでとにかくわちゃわちゃした楽曲だが、この曲を生バンドで演奏できることにまず驚くし、各自のキャラにあったパート割りで、まるで持ち曲のように聞こえたほどだった。
ここまでジェットコースターのように目まぐるしく駆け抜けた2時間だったが、まさかこの曲で最後とは!のような驚きもありつつ、各自が今日のライブを振り返る。
「本日のライブでは洗濯機が壊れたりしましたが、アルバムではまた違った感じになっていますし、ライブごとでまた変わった合いの手とかお見せできたらいいなと思っておりますので、ぜひよろしくおねがいしますね」と委員長がみとらじギャラクティカを振り返ったが、その間で即興のコールアンドレスポンスにも全員でしっかり呼応する姿を見て、改めて2日目メンバーの仲の良さを感じる。普段なかなかコラボしない組み合わせもあったが、振り返りの際も笑顔が絶えないやり取りが行われており、初日に樋口が言っていた「キラキラした」メンバーだったとよく理解した。
初日同様、最後には にじさんじ3周年記念楽曲 の「Wonder NeverLand」を全員で合唱し、大団円の中でフィナーレを迎えた。“音楽”の前では二次元も三次元も関係ないが、どうしても僕らとライバーの間にはその壁がつきまとう。ボクらは次元を越えてすでに音楽の力でひとつになっているはずなのに、リアルという壁はどうしたって大きく立ちはだかる。そんな現実をANYCOLORは拡張して、ライバーたちをボクらの側へと一歩近付けてくれた。
実際に会場へ足を運ぶことこそ叶わなかったが、それでも以前のライブよりも確かにライバーたちの存在をより近くに感じることが出来たライブだったように思う。さらに言ってしまえばライバーに興味がないという人にこそ見て欲しいとさえ感じた。そこで歌っているのが誰かさえ分からなくとも、この技術革新とも呼べるARライブのスゴさは容易に理解できるだろう。
この体験は現在の時流においてちょっと衝撃的すぎた。多分、ほかでは経験できないレベルの臨場感と没入感を自宅に居ながら味わうことが出来たからだ。
正直、ライブ配信を見るまではどんな光景が繰り広げられるのかあまりイメージが膨らまなかったが、2日通して見た今はハッキリとVRではなくARでやる意義があったのだと切に感じた。本公演を単なる”人気者たちによる配信ライブ公演”だと高を括っていたなら大間違い、コロナ禍における音楽ライブの新たなあり方という側面としても非常に意義のある試みであったということを、ぜひ1人でも多くの人に届けたいと思う。
レポート・文:前田勇介

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着