柚希礼音「みんなを幸せにするつもり
が、いつも幸せにしてもらっちゃう…
…」~『REON JACK 4』インタビュー

2021年9月の東京公演を皮切りに『REON JACK』が帰ってくる。
柚希礼音のソロコンサートとしてスタートした『REON JACK』も、3年ぶり4回目。キャストは、柚希のほか、『REON JACK 2』以来となる上野水香(東京公演のみ)、初参加となる宮尾俊太郎(北九州公演・大阪公演のみ) 、そして、大村俊介(SHUN)、YOSHIE、クリスティアン・ロペスらが出演する。
今回は『REON JACK』初の試みとして、日替わりで豪華ゲストがコンサートに彩を添える。日替わりゲストは、東京公演は甲斐翔真、夢咲ねね、北九州公演は佐藤隆紀(LE VELVETS)、大阪公演は湖月わたる、東啓介、西川貴教が登場する。
今回、柚希に『REON JACK 4』に向けての意気込みをうかがった。
柚希礼音
ーーソロコンサート『REON JACK』が3年ぶりということで、意気込みをお願いします。
はい、コンサートは柚希礼音個人としてお客さまと接することができるので、大切にしています。3年ぶりに、しかも今の(コロナ禍)状況で、お客様となかなかお会いできない日々が続いていましたが、​ミュージカルとはまた違う空気感になるので、とても楽しみです。
ーー柚希さんにとってミュージカルとコンサートの違いはどこにありますか?
はじめて宝塚でコンサートをした時から、コンサートとなると“自分自身”をすごく出さないと、いてもたってもいられないものがあって。ミュージカルだと“役”があってその“役”を追及しているんですけど、コンサートはいろんな”柚希礼音”を見せて表現していく場なんだなって、やればやるほど思うんです。今の私というものをしっかり詰めて、何よりもお客さまとの心のキャッチボールを大事にしてきているので、この時期みなさんが我慢したり、緊張している心がほぐれるといいなって思います。
ーー今の柚希礼音は3年前とは、やはり違いますか?
そうですね……ですけど、気心知れているメンバーが集結してくれたので、ほっこりしながら、コラボレーションはハイクオリティで。みなさん、妥協しないでいいものを見せようと振付してくれたり頑張ってくださっています。なので、いいものを作りながら、ほっこりしていただける部分もあるコンサートにしたいと思います。
柚希礼音
ーー以前のコンサートでも激しいダンスなどが見どころでしたね。
ご存知かと思いますが、みなさんそれぞれの第一線で活躍されている方です。例えば上野水香さんは私が小学生のころからバレエコンクールで1位を取られているような、私のバレエ仲間からすれば「上野水香さんと1対1で踊るなんてすごい」って言われるくらいの方なんです。YOSHIEさんのレッスンに行くと、YOSHIEさんと同じ格好や髪型の人がずらーっと並んで、神様のような方で。
そんな風に各分野の第一線でやっているみなさんが、私がやりやすいように振りを簡単にするとかではなく、「今できなくても、本番までにできるようにしてね」という感じで、レベルの高いものを振付してくださるんです。どの方も素晴らしいものを作ってくださるので、全曲通した時に「やっぱりこれは無理かも!」ってなるんですけど(笑)。
私が芸事をはじめたのはダンスからなので、ダンサーのみなさまへのリスペクトがすごくあります。自分自身も踊ることによって魂が喜ぶというものもあります。ミュージカルでは役の中で踊ることはありますが、宝塚みたいにショーがあるわけではないので、長い時間踊るという機会が減っていますが、『REON JACK』はダンスを見ていただける場だと思っています。
ーーコラボされるダンサーさんから柚希さんが一番学んだと感じられることは何ですか?
10代20代のダンサーとは違って、30代40代でダンサーとしての第一線を走っていくって、365日の過ごし方の違いを感じるんです。だから、知れば知るほど毎日をどのように自分に鞭を打って過ごしているか感じるので、すごいです……!
ーー『REON JACK』は毎回演出もかなりこだわっていらっしゃいますね。
1の時は宝塚退団直後ということもあって、いつもお稽古の入待ち出待ちができていた私を遠く感じるようになってしまったかなって考えて、「そんなことないよ、もっと近いよ」と感じられるようなものにしました。2の時は、大挑戦したんです、ハイクオリティのものをやろうと思って。3は、ハイクオリティのままもうちょっとほっこりを入れて、それには曲順も大事だなと考えてやっていました。
今回の4で一番大事にしたいのは、ハイクオリティでありながら、ファンの方が緊張していた心がほぐれてとても温かい気持ちになって帰っていただくこと。メリハリつけながら、「は~、ひさびさに交流できた」って気持ちになってもらえたらなって思っています。
柚希礼音
ーー日替わりゲストもとても豪華ですね。
(湖月)わたるさんは育ての親なんです。宝塚時代、新人公演ではわたるさんの役を何度もやらせていただいて、わたるさんに舞台の厳しさや色んなものを教えていただきました。わたるさんが退団されてから、十数年ぶりの共演になります。
(夢咲)ねねとは、2019年に開催したディナーショーに出てもらったことがあるのですが、それ以来の共演です。ねねも忙しい中で出てくれるので、日替わりゲストの方とは稽古期間もそんなに長い時間取れないし、どんなことをするか頭を抱えて考えています。
その他では、甲斐翔真くんとは共演経験はないんですけど、実は翔真くんが出演した『マリー・アントワネット』の翔真くんのビジュアル写真を影ながら監修していたんです(笑)。軍服の写真では自分も苦戦してきたので、首の位置があーだこーだって。首が埋まらないようにするには、こうした方がいいとか、綺麗に見えるとか。この間は『ロミオ&ジュリエット』の企画で対談をさせていただいていて、私が宝塚版の日本初演でロミオを演じていたので、ロミオについてもお話しました。
佐藤さんは『マタ・ハリ』の初演メンバーで。今回の再演ではご一緒できなかったので、お忙しいのは重々承知でお願いしたんです。佐藤さんには歌のアドバイスをいただいたり、またご一緒できるのがとても楽しみです。東くんとも『マタ・ハリ』でご一緒しています、初演から3年、今回の再演でぐっと男らしくなって。東くんと共演できることも幸せです。
西川貴教さんは「地球ゴージャス」でご一緒して、だめもとでお願いしたら「しゃーないな」って出てくださることに。私が一番驚きました(笑)。
本当に豪華なみなさまが出演してくださることになって、それぞれみなさんと何をしよう……どういう風にしよう……って必死に考えてます。今それぞれの方とこういうパフォーマンスがいいかなと浮かんでいるものがあり、それが実現できたら、みなさんとても楽しんでいただけるものになるかと、私もワクワクしています。
ダンサーメンバーだけでも豪華なのに、さらにこんなに豪華なゲストの方がいらっしゃってくださるのは本当に楽しみです。
柚希礼音
ーー柚希さん自身も第一線で走り続けられています。そのためにどのように過ごされていますか?
宝塚は常にショーがあるので、踊ることができますが、退団すると踊る機会が本当に減るんです。『REON JACK』の度にびっくりするくらい筋肉痛になって、本当に大変なことになるんですけど(笑)。しかも、それぞれのダンスで体の使い方が違うので、タンゴにはタンゴの動きとか。『REON JACK』が近くなったら、タンゴのレッスンに通って動き方をまた覚え直します。そうじゃないと、普段から踊っている方とは踊れないので。
普段から目の前の公演をやりやすいように体を整えています。『マタ・ハリ』公演中だとジャイロトニックといって、筋肉を伸ばすようなトレーニングが一番合っていて、レッスンを受けてから楽屋入りしています。公演によってはバレエが向いている時もあるし、ムキムキ系の筋トレが合ってる時もあるんですけど、その時の公演に向けて必要なメンテナンスをしています。
ーーお休みの日に柚希さんがほっこりする瞬間はありますか?
休みの日も、公演に向けての体のメンテナンスがほとんどで、忙しく過ごしているんですが、私、海外旅行が大好きなんです。今はなかなか行けないので、等々力渓谷を歩き、明治神宮に行って「ああ、木がいいわ」って見てきたり、近場でも深呼吸できるところに行きます。切羽詰まってくると深呼吸できなくなってきたり、空を見ることも忘れたりするんです。でも、舞台で大事なのは景色が見えること。ミュージカルの中では、絶景が毎回見えているかどうかということが大事なので、海を見に行ったり、空を眺めたりしています。
ーー最後に楽しみにされるみなさまに最後に一言お願いします。
この時期にコンサートへ行くこと自体、緊張するって方も多いと思います。みなさんもマスクをしてもらって、できる対策をして……でも、そうやって毎日緊張してピリピリしている気持ちを、なんとかほぐしてほしい。私も、なかなかお会いできなくて寂しかったので、「みんなを幸せにするんだ!」って意気込むんですけど、いつもたくさん幸せが返ってきて、「またこんなに幸せにしてもらっちゃった……」ってなるんです。そんな気持ちのキャッチボールを楽しみにしています。
柚希礼音
取材・文=森 きいこ  撮影=中田智章

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着