Fukaseが描く、初の絵本『ブルーノ』 2021年10月13日(水)に刊行決定!

Fukaseが描く、初の絵本『ブルーノ』 2021年10月13日(水)に刊行決定!

Fukaseが描く、初の絵本『ブルーノ』
2021年10月13日(水)に刊行決定!

Fukase初の絵本作品、『ブルーノ』刊行!

今年メジャーデビュー10周年を迎え、2021年7月21日にはニューアルバム『scent of memory』をリリースした4人組バンドSEKAI NO OWARI
SEKAI NO OWARI 「RPG」に隠された計算とは! 
https://utaten.com/specialArticle/index/819
そのボーカリストとして、数々の楽曲・世界観を創造し、その歌声とメッセージで世代を超えて支持されるFukaseが手がけた絵本『ブルーノ』が2021年10月13日(水)に刊行することが解禁された。
長年あたためていた物語に、鮮やかな油絵を描き下ろした初の絵本作品となる。
尚、『ブルーノ』発売を記念して、完全受注生産による特装版も刊行される。
大判サイズ、サテン生地の布表紙、箱入りという豪華な装丁の、本棚にずっと残して頂きたい特別な本となっている。
本の見返しには、著者のFukaseによる直筆サインが入り、“『ブルーノ』特設サイト“限定での取り扱い予定となっている。
内容紹介
ある日、平和な王国をすさまじい嵐が襲いました。娘がけがをした村人のタルカスは、王様が助けにくるのを信じて待ちます。一方、王様は、どうすれば多くの国民を助けられるか悩み葛藤します。タルカスと王様、それぞれの立場から描くことで見えてくる、それぞれの真実。たくさんの涙が流れたあとに訪れる結末とは? タルカスと王様、2つの視点で進んでいく、おもてとうらの両サイドが表紙の絵本です。
著者プロフィール
Fukase
1985年東京生まれ。2010年、突如音楽シーンに現れ、その圧倒的なポップセンスとキャッチーな存在感、テーマパークの様な世界観あふれるライブ演出で、世代を超えて支持される「SEKAI NO OWARI」のボーカリスト。近年は映画出演や独特のタッチで描かれる絵画にも注目が集まり、多方面から高い評価を受けている。

絵本「ブルーノ」概要
タイトル:ブルーノ
著者:Fukase
販売開始日 2021年10月13日
定価 1,650円(本体1,500 円+ 税10%)
48頁、21×20センチ
ISBN:978-4-8340-8633-1
絵本「ブルーノ」<特装版>概要
タイトル:ブルーノ
著者:Fukase
受注開始日 2021年7月27日
定価 7,700円(本体7,000 円+ 税10%)
48頁、25×25センチ
※“ブルーノ<特装版>”の受注販売は特設サイトにて行っております。
※購入方法、その他詳細や注意事項はサイト内でご確認ください。

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着