XANVALA、まもなくワンマンツアーが
スタート。会場ごとの衣装にも注目せ
よ!!!!!

  現在行なっているイベントツアー『PARAGUAS INC. TOUR 2021「MAKE an ERA」』へ全ヶ所参加中のXANVALA。彼らは、同ツアーの動きへ合わせる形で、1stEP「我慾之幕」を、各種ストリーミング及びダウンロードサイトで配信を開始した。
 XANVALAといえば、リリースするたびに音源がSold Outを記録。手にしたくてもなかなか手に出来ない人たちも多かったように、今回のストリーミング及びダウンロード配信によってXANVALAの音源へ気軽に触れる機会を設けたことは、だいぶ好評を得ているようだ。
 『PARAGUAS INC. TOUR 2021「MAKE an ERA」』も、あとは8月2日の高田馬場AREA公演を残すのみ。8月10日からは、待望のワンマンツアーXANVALA ONEMAN TOUR 2021「Curtain Call」がスタートする。今回のツアーには、公演ごとに「我」「慾」「弥」「縫」とタイトルが付けられている。それぞれの内容の違いは、直接ライブを通して味わってもらいたい。
 このツアーの特色の一つにあるのが、公演ごとの衣装の違いだ。序盤を飾る大阪と名古屋公演は、4月に予定していた公演が緊急事態宣言でキャンセルになったこともあり、あのときに着用するはずだった衣装姿でライブを行なう。新潟と仙台公演は、写真で示したように、それぞれ異なる衣装姿でライブを実施。ツアー・ファイナルの地となる8月26日の高田馬場AREA公演は、内容や衣装面での具体的な告知はまだ成されてないように、こちらも今後どんな発表をしてくれるのか楽しみだ。
  間もなく幕を開けるXANVALA ONEMAN TOUR 2021「Curtain Call」、ぜひ、1本1本にどんな異なる物語を描き出すのか、その様を、可能なら5本ともしっかりと目に焼き付けてもらいたい。もちろん、1本味わう形でも、十分XANVALAが作り出す熱狂に猛暑以上の熱さと爽快感を覚えることは保証しておく。

TEXT:長澤智典
★インフォメーション★
XANVALA ONEMAN TOUR 2021「Curtain Call」
PARAGUAS inc. presents
8.10[TUE] 心斎橋Bigtwin Diner SHOVEL
8.11[WED] HOLIDAY NEXT NAGOYA
8.17[TUE] 新潟CLUB RIVERST
8.18[WED] 仙台spaceZero
8.26[THU] 高田馬場AREA《TOUR FINAL》
OPEN 17:30 / START 18:00
前売¥4,000 / 当日¥4,500 (※D代別)
※新潟,仙台はOPEN 17:00 / START 17:30
【チケット】
■A:eプラス(チケット発売日2021年7月31日10:00)
8.10[TUE] 心斎橋Bigtwin Diner SHOVEL
(OA HOLLOW SHADE)
(OA HOLLOW SHADE)
https://eplus.jp/sf/detail/3429900001-P0030001
8.26[THU] 高田馬場AREA《TOUR FINAL》
https://eplus.jp/sf/detail/3429920001-P0030001
※転売防止のため整理番号のスタートはランダムになっています。
■B:当日券
※バンド予約無し
入場順:整理番号順 
XANVALA「我慾之幕」各種ストリーミング、ダウンロードサービスにて配信開始!
[配信サービス]
・OTOTOY
・KKBOX海外ストア
・KKBOX,うたパス
・AWA
・Rakuten Music
・LINE MUSIC
・mora “WALKMAN”公式ミュージックストア
・MySound
・ドワンゴジェイピー
・music.jp
・mu-mo
・レコチョク
・プチリリ
・Amazonデジタルミュージック
・Amazon Music Unlimited(JP)
・Amazon Prime Music
・iTunes Music Store
・Apple Music
・YouTube Music
・Spotify
XANVALA – 左耳の悪魔 [STUDIO LIVE MOVIE]

XANVALA – 雨声に帰す [STUDIO LIVE MOVIE]

3分半でわかるXANVALA (XANVALA in 3 minutes and a half)

【LIVE SCHEDULE】
XANVALA twitter

アーティスト

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着