井上芳雄をゲストに迎える『中川晃教
Live Music Studio』第5弾が8/1(日
)テレビ初放送 放送予定曲&コメン
トが到着

アーティストの自宅に招かれたような気分を味わえるスペシャルプライベートライブとして企画された日テレプラスのオリジナル番組『中川晃教 Live Music Studio』。2021年8月1日(日)18:30より、第5弾がテレビ初放送される。
今回のゲストは、中川晃教が親しみをこめて「ヨッシー」と呼ぶ、井上芳雄。2002 年ミュージカル『モーツァルト!』初演のWキャストとして主人公・ヴォルフガングに抜擢され、今では日本のミュージカル界を代表する2人が、極上のスペシャルライブを届ける。本番組、MCを務める中川晃教とゲストの井上芳雄よりコメントが届いた。
なお、放送日の8月1日は、中川晃教デビュー20周年記念日。これを記念して、『中川晃教 Live Music Studio』第1弾から第5弾まで、10時間一挙放送。各番組終了後にスペシャルコーナーをはさみ、極上の音楽をたっぷりと楽しみたい。
井上芳雄コメント
アッキーの 20 周年のデビュー記念日という大事な日に番組に呼んでもらえて、心から光栄です。
二人で声を合わせている瞬間は、もう理屈ではない感覚で、アッキーの歌声と自分の歌声がひとつになっている気がします。
特に二人で歌う「僕こそ音楽」は、いつ歌っても特別な曲です。
年々、自分の道をはっきりさせて、自身の透明度を増しているアッキー。
また一緒に歌えるのを楽しみにしてます!
番組内のトークでは、皆さんの想像を超える真剣度で、アッキーが僕の話を聞いてくれています。
こちらもお楽しみに!!
中川晃教コメント
今回のゲスト井上芳雄さん。僕との出会いは2002年ミュージカル「モーツァルト!」の初演。
当時の僕たちはまだまだ若くて、井上さんは23歳、僕はデビューした翌年の19歳
お互いのことさえよく知らない僕たち新人 2 人がモーツァルト役に抜擢されたということで取材会が行われた
そのとき初めてお互いに顔を合わせる
井上さんは爽やかに「おはようございます!」と現れて、僕は照れる、あれから18年..
運命の赤い糸とでもいうべきですか?
互いに引き寄せあって、出会ったことは、どんな意味があるんだろう。
僕たちはそれぞれが輝ける世界をミュージカルというジャンルの中に探し続けてきた
井上さんはテレビの仕事もこなす多忙な日々、家に帰るときっとあたたかい家庭に安らぎや力をもらっている 1 人の人間、
自然体で人を包み込む大らかな人柄と、ステージのことやお客様を喜ばせることへのこだわりはぶれることはない。
ミュージカルが好きという気持ちに素直な井上さんだから、生み出すステージは見る人の心を掴む 誰もやったことのないことにも果敢に挑戦する、恐れよりも、ミュージカルが好きという気持ちがやっぱり勝っている無敵な人
それは、ミュージカルを知らない人たちの心にも、いつしか、美しい爪痕となってしっかりと残っていく
僕はそんな井上さんを愛も変わらず慕い、一歩後ろを着いていくような感覚は、
運命の赤い糸を手繰り寄せて、掴んだ18年後の今も変わらないように思います
いつかミュージカルでも共演したいと思い続けています
今回の番組での共演、どうぞお楽しみに!
放送予定曲
僕こそ音楽(ミュージカル「モーツァルト!」より)
闇が広がる(ミュージカル「エリザベート」より)
メモリー(ミュージカル「キャッツ」より)
I Am The Starlight(ミュージカル「スターライト・エクスプレス」より)
メロディー(玉置浩二
君は薔薇より美しい(布施 明) ほか

2 人からの見どころコメント映像

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着