小柳ゆき

小柳ゆき

【小柳ゆき インタビュー】
ここから新たな小柳ゆきとして
歩みを始められたらいいなと

「あなたのキスを数えましょう」は
私の歌手人生の伴侶みたいな楽曲

ボーナストラックの「あなたのキスを数えましょう〜You were mine〜2020ver.」は、しっとりとしたアレンジに仕上がっていますね。

20年間歌ってきて、ずっと一緒に歩んできた楽曲なので、この20年の息遣いみたいなものを最大限に表現できればということで、金子隆博さんにお願いして生のバンドとストリングスで仕上げていただきました。繊細ですごくエモーショナルな出来になったので感謝しています。

小柳さん自身、この曲の解釈や気持ちの込め方って、この20年で変わりました?

ずっと変わり続けているかもしれないです。その時々でとらえ方や、“こうしたいな”っていうのがどんどん変わっていって“あっ、ここはこうだな”を気がつくこともたくさんありましたし。何て言うんでしょうね? 歌手としての人生の始まりの曲なので、自分自身とものすごく密接な楽曲なんです。私の歌手人生の伴侶みたいな。そうなると、時には喧嘩もするわけだし、仲が良い時もあるので、そういう感覚に近いんです。ずっとつき合っていく曲であり、つき合い方をずっと考えていくんだろうなと思っています。

色とりどりになった『SPHERE~球宇宙~』は、ご自身にとってどういう作品になりましたか?

20年のひと区切りという意味でも、新たなスタートの第一段階としても、存分にワクワクさせてもらって、しっかりと想いを詰め込めたので、まずは大満足しています。あとは、事務所を独立してから初めてのオリジナルアルバムなので、たくさんの方に助けていただいた作品でもありますし、聴いてくださるファンの方がいてくれるのも本当にありがたくて、とにかく感謝が詰まっています。

そんな今作にともなう『LOST ANNIVERSARY TOUR ~SPHERE 球宇宙 2021~』も楽しみですね。

やっぱりライヴは自分にとってとても大事なので、アルバムもライヴを見据えながら作りました。今はお客さんがいる状態でなかなか演奏をできないですけど、感情の波を肌で感じられるのがライヴの醍醐味なので、このツアーでそれができるのを楽しみにしています。アルバムからの楽曲がメインにはなると思うのですが、みなさんに知っていただいてる今までの楽曲も演奏しますし、制限がある中でもお客さんと一緒にステージを作るっていうことを念頭に置いてやっていきたいです。

ヴォーカリストとして、ツアーへの意気込みはいかがですか?

とにかく振りきっていきたいというか。「ハジロホシ」みたいにアコースティックで繊細なアレンジにする楽曲もあれば、「IT'S SHOW TIME」や「SPHERE」みたいながっつりソウルフルにいく楽曲もあるので、今の自分にできる最大限の表現で、アルバムで挑戦した振り幅を伝えていければと思っています。

では、最後にツアーを待っていたファンの方たちにメッセージをお願いします。

今、いろんなことを我慢して、一生懸命生活されている方が多いと思います。そんな緊張する日々を過ごしている中で、少しでも気持ちを解放できるような時間にしたいと思います。お客さんと一緒に楽しめるステージにしたいと思っているので、楽しみにしてくださると嬉しいです。

取材:舟見佳子

アルバム『SPHERE~球宇宙~』2020年7月1日発売 VaiJee Records
    • 【初回限定盤】(CD+2DVD)
    • VAIJ-2
    • ¥9,900(税込)
    • 【ベスト付き盤】(2CD)
    • VAIJ-3
    • ¥4,950(税込)
    • 【通常盤】(CD)
    • VAIJ-4
    • ¥3,300(税込)

ライヴ情報

『LOST ANNIVERSARY TOUR ~SPHERE 球宇宙 2021~』
9/18(土) 広島・三原市芸術文化センターポポロ
9/19(日) 岡山・岡山市民会館
9/20(月) 島根・島根県民会館
9/23(木) 埼玉・行田市産業文化会館 ベルプラス
10/02(土) 大阪・メルパルクホールOSAKA
10/03(日) 愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
10/16(土) 新潟・南魚沼市民会館
10/31(日) 東京・東京国際フォーラム ホールC

小柳ゆき プロフィール

コヤナギユキ:現役高校生のシンガーとして、シングル「あなたのキスを数えましょう〜You were mine〜」で1999年9月にデビュ−。00年5月発売のアルバム『Koyanagi the Covers PRODUCT 1』は、洋楽カバーアルバムとして初のオリコン1位を獲得。近年では『billboard classics festival』でオーケストラと共演、18年6月には初のフルオーケストラ単独公演も開催し、新たな魅力を開花させ、進化し続けている。小柳ゆき オフィシャルHP

「SPHERE-feat.デーモン閣下-」MV

『SPHERE~球宇宙~』トレーラー

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着