RADWIMPS野田洋次郎と菅田将暉の歌声
が劇中のふたりの“青春の日々”に重
なる 映画『キネマの神様』特別予告
が解禁

8月6日(金)公開の映画『キネマの神様』から、特別予告「~夢追い篇~」が解禁された。
『キネマの神様』は、松竹映画100周念を記念し、小説家・原田マハ氏による同名小説を映画化するもの。メガホンを山田洋次監督がとっている。主人公は無類のギャンブル好きで家族に見放されたゴウ。彼は、かつて映画の撮影所で働いた仲間で名画座の館主・テラシンとともに青春時代を過ごしていたが、ふたりがともに食堂の娘に恋心を抱いたことから、運命の歯車は狂い始める。W主演・二人一役で、沢田研二菅田将暉が主人公・ゴウを演じる。本作は、2020年1月にクランクインした当初、志村けんさんと菅田の初共演作となる予定だったが、同年3月末の志村さん死去を受け、沢田が代わって出演することに。また、永野芽郁・宮本信子・野田洋次郎・小林稔侍・寺島しのぶ・北川景子らがキャストに名を連ねている。

解禁された特別予告「~夢追い篇~」は、RADWIMPS feat.菅田将暉による主題歌「うたかた歌」を使用したもの。菅田とRADWIMPSの野田洋次郎は、本作で同じ映画撮影所で働く盟友=ゴウとテラシンを演じている。映像では、ゴウとテラシンが夢を追いかけた若き日の青春に、「うたかた歌」がリンクするように流れる。撮影中に浮かんだ言葉の断片から「うたかた歌」を作り上げたという野田は「根っこで繋がる人間関係をどれだけの人とどんな風に作れるかなと考えさせられた映画でした。(本作で描かれる人間関係は)大事にしていきたいと思う関係です」と語っている。
『キネマの神様』は、8月6日(金)公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着