劇団☆新感線、生田斗真主演『偽義経
冥界歌』&古田新太主演『乱鶯』『け
むりの軍団』がBlu-ray化決定

劇団☆新感線の3作品『偽義経冥界歌』、『乱鶯』、『けむりの軍団』がBlu-rayパッケージ化され、2021年~2022年に発売されることが決定した。
この度のBlu-ray化1作目は、劇団☆新感線旗揚げ39周年にあたる2019年に“39サンキュー興行”と称して上演された生田斗真主演舞台『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』。本作は、源義経が実際に奥州に匿われていたという史実をベースに、中島かずきが書き下ろしたオリジナル作品。中島ならではのファンタジーも散りばめたストーリーを、いのうえひでのりがキャストの魅力を最大限に活かしつつ極上のエンターテインメントに昇華させた。大阪、金沢、松本公演を行い、明けて2020年に東京、福岡公演を予定していたものの、コロナ禍により東京は一部中止、福岡は全公演中止となった。昨年10月にはゲキ✕シネ上映が行われたが、この度Blu-rayパッケージとして2021年内に発売される。
『偽義経冥界歌』に続いて、2022年に発売されるのが『乱鶯』、『けむりの軍団』。『乱鶯(みだれうぐいす)』(2016年上演)は、テレビドラマや映画でも脚本を手掛けるなど、活躍の幅を広げている倉持裕が初めて劇団☆新感線に書き下ろした本格時代劇舞台。本作は、新感線の看板俳優、古田新太が元・盗賊の頭で自分を救ってくれた人たちに必死に恩返しをしようとする、渋さと軽妙さとを併せ持つ<鶯の十三郎>を演じ、新たな魅力を開花させた。江戸時代を生きる市井の人々の姿を生活感たっぷりに、深い人間ドラマをメインにすえ、着々と年齢を重ねてきた劇団員たちの実年齢にも相応しい、“大人でビターな味わい”の“苦みばしったハードボイルド時代劇”を、Blu-rayに凝縮して届ける。
『けむりの軍団』(2019年上演)は、倉持裕が『乱鶯』に続いて、新感線とタッグを組んだ第2弾。主演は同じく古田新太。本作では、古田新太が頭のキレる軍配士役、そして古田とバディを組む池田成志がズル賢い謎の浪人役に扮して、戦乱の世、とある国を舞台に珍道中する作品。倉持脚本ならではの会話の妙に、ダイナミックさと緻密さを兼ね備えた、ひと味違った王道路線の娯楽時代劇を、いのうえひでのりが新感線ならではのオモシロ要素も詰め込み、カタルシスもたっぷりに演出した。ハイレベルなアクション、チャンバラ、歌や踊りなど、隙間なく見どころを盛り込んだ徹底したエンターテインメント作品をそのままBlu-rayに収録する。
劇団☆新感線のパッケージとしては、2019年に期間限定・数量限定で発売された『髑髏城の七人』花鳥風月極Blu-ray BOXより約2年ぶり。Blu-rayパッケージの特典内容など詳細は今後の続報を待とう。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着