ドリカム中村正人、『SONIC 30th An
niversary Symphony』にコメント出演

今年30周年を迎えた『ソニック』を祝して、30年間の人気楽曲を演奏するオーケストラコンサート『SONIC 30th Anniversary Symphony』が開催される。今までにないフルオーケストラでソニックのメロディを豪華に演奏するこのコンサートは、開催発表と同時に世界中で話題になった。
このほど、そのビッグイベントに『ソニック・ザ・ヘッジホッグ 1&2 サウンドトラック』の音楽を手掛けたDREAMS COME TRUE中村正人がコメント出演することが発表された。イベントは、ソニックの誕生日である6月23日にアメリカから無料配信され、日本時間では6月24日(木)午前4時より下記にて視聴可能となる。
さらに、1991年、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のゲームがセガから発売され、生誕30周年を迎えた今年、DREAMS COME TRUEの中村正人が音楽を手掛け、2011年にApple MusicとCDのみで発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ 1&2 サウンドトラック』が、全サブスクリプション・サービスによる全世界配信が本日よりスタートした。メガドライブのゲーム画面から聞こえた懐かしいサウンドに加え、30年前、当時の機材を駆使して中村正人が作り出したオリジナル音源も多数収録されている。
DREAMS COME TRUEと『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』には、実は深い関係がある。中村正人は、1991年『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』(メガドライブ版)、1992年『ソニック・ザ・ヘッジホッグ 2』(メガドライブ版)のサウンドトラックを手がけ、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ 2』を最後までクリアしないと聴くことが出来ないエンディングテーマにDREAMS COME TRUEの「SWEET SWEET SWEET」を提供していた。また、1991年に開催された『WONDER 3』全国ツアーの際は、ツアートラックに『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のキャラクターが描かれるなどコラボレーションを展開し、ファンの間で話題となった。さらに、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』15周年を記念して制作された、PlayStation(R) 3 / Xbox 360(R)用ソフト『ソニック・ザ・ヘッジ ホッグ』のエンディングには、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ 2』のエンディングテーマである「SWEET SWEET SWEET」を完全リメイクした「SWEET SWEET SWEET -06 AKON MIX-」が収録された。
さらに現在配信されている2022年公開予定のハリウッド大作『Sonic the Hedgehog 2 (2022) - Title Announcement - Paramount Pictures』では「Emerald Hill Zone」が起用され話題となっている。
そして今年、『ソニック・ザ・ヘッジ ホッグ』のメインテーマ曲である中村正人作曲の「Green Hill Zone」をベースに吉田美和が作詩をした新曲「次のせ~の!で - ON THE GREEN HILL - DCT VERSION」が7月7日ドリカムの日に配信リリースされることが決定しており、ドリカムファンのみならずソニックファンをも歓喜させている。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着