「ナイト・ドクター」第1話場面写真 (C)フジテレビ

「ナイト・ドクター」第1話場面写真 (C)フジテレビ

波瑠主演「ナイト・ドクター」放送開
始 “深澤先生”岸優太の「演技に感
動」

 波瑠が主演するドラマ「ナイト・ドクター」(フジテレビ系)の第1話が、21日に放送された。
 本作は、夜間救急専門の医師「ナイト・ドクター」たちにスポットを当てた医療ドラマ。知られざる夜の病院の実態と、そこで奮闘する5人の若き医師たちの姿を描く。
 病院スタッフの働き方改革を目指す柏桜会グループは、「あさひ海浜病院」に夜間勤務専門の救命医チーム“ナイト・ドクター”を立ち上げる。医師の朝倉美月(波瑠)は、新たな就職先にナイト・ドクターを選び、やりがいを感じていた。
 スタート初日、スタッフステーションには美月のほかに、深澤新(岸優太)、成瀬暁人(田中圭)、桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵)という5人の医師が集まった。
 指導医の本郷亨(沢村一樹)は、「自分の指導に付いてこられる者だけ付いてこい」と厳しい言葉を投げつける。そこにホットラインが鳴った。工事現場の崩落事故で3人の重症者が出たのだ。本郷は全員の受け入れを許可し、患者が運び込まれてくる。
 放送終了後、SNS上には、「ハラハラドキドキ、見応えあり過ぎて目が離せない」「いい意味で、初回はバラバラだけど、この5人がどんなふうに変わっていくのか楽しみ」といった感想が集まった。
 また、深澤役の岸について「演技がすごかった」「岸くんの演技初めて見たけど、めちゃめちゃ引き込まれた」「演技に感動」などの声が集まり、「深澤先生」がツイッターのトレンド入りを果たした。

エンタメOVO

新着