いきものがかり “その瞬間にしかな
い歌と演奏”をいつもどおりに奏でた
3人での最後のライブ

いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! THE LIVE 2021!!!

2021.6.11 横浜アリーナ
「いつもどおりに盛り上がって、ライブをしたいと思います」
そんな冒頭での山下の言葉どおりのコンサートだった。もちろん感極まる瞬間も多々あったに違いないが、肩に力が入りすぎたり、感傷的になりすぎたりすることなく、いつもどおりに“その瞬間にしかない歌と演奏”を3人が奏でていると感じたからだ。『いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! THE LIVE 2021!!!』の6月11日、横浜アリーナ公演。ツアーファイナルであると同時に、この夏をもっての山下のグループ脱退発表を受けてのステージ。吉岡聖恵(Vo)、水野良樹(Gt)、山下穂尊(Gt)という“3人のいきものがかり”の最後のワンマンライブだ。
開演前は“3人のいきものがかり”の歌と演奏をしっかり見届けるのだという意識を持っていたのだが、ライブが始まると、そんな意識すら吹っ飛んでしまうくらい自然に、彼らの歌の世界を堪能した。彼ら3人の持っている、柔らかさや穏やかさを備えた空気感には聴き手をリラックスさせる効果があるということなのだろう。何よりも音楽として純粋に楽しいステージだった。瞬間瞬間の思いを歌の中にこめることによって、それぞれの曲が新鮮な輝きを放っていた。いきものがかりだけあって、どの歌も生きていると感じたのだ。
オープニングナンバーは最新アルバム『WHO?』収録曲の「からくり」。水野と山下のギターに、吉岡の歌が加わっていく。3人だけでの始まり方がこの日のステージにはふさわしい。2コーラス目からはバンドが加わり、歌の世界が一気に広がっていく。夜空に輝く星のように聴き手の内面に光をもたらす、スケールの大きな歌と演奏だ。恋心が描かれた日常的な歌でありながら神秘的なエネルギーを放っているところは彼らならではだろう。
壮大な展開が見事な「きらきらひかる」、客席からのたくさんのこぶしが突き出される中での「ええじゃないか」など、最新作からの曲が5曲演奏されて、最新のいきものがかりの音楽を堪能することもできた。通常のツアーとしては2015年以来、約6年ぶり。いきものがかりの歌の数々もライブ空間で奏でられる瞬間をじっと待っていたのではないだろうか。
コロナ禍での開催であり、コール&レスポンスやシンガロングは不可となっていたのだが、観客が心の声で歌っていたに違いない。声援やコール&レスポンスの代わりは熱烈な拍手やボディアクション。観客の思いがメンバーにしっかり届いていると実感できるような熱気あふれるステージが展開された。「アイデンティティ」などの曲では伸びやかな歌声と自在な演奏によって、観客も開放されていると感じた。
3人それぞれの魅力が詰まった曲も披露された。例えば、水野と山下のボーカルとコーラスをフィーチャーした「夏・コイ」。3人が楽しそうに歌う姿を見ているだけで、こちらもハッピーな気分になった。吉岡がレイをかけるように、タンバリンを山下の首にかけるシーンもあった。山下がタンバリンをかけたまま、ハーモニカを吹いてのフィニッシュ。なおこのタンバリンは高校時代から使っているとのこと。つまりいきものがかりの歴史の生き証人(?)でもあるのだ。結成当時に水野がつけていた活動記録ノートを山下にプレゼントするサプライズもあった。結成22年・デビュー15年の歴史が見えてくるライブでもあったのだ。
放牧を経ての集牧後に発表されたメンバー3人の共作曲「太陽」は3人のハーモニーでの始まり。フレンドリーな歌声とヒューマンな演奏が染みてくる。吉岡の「ほっち!」という声に続いて、山下のハーモニカが始まるだけで、温かな気持ちになるのはなぜだろう。この日の「太陽」にはファンへの感謝の念や将来への決意など、さまざまな感情がこめられていたのではないだろうか。水野が「自分たちの作った歌に自分たちが当てはまっていく」と語っていたが、彼らの今の心境と共鳴しあうような曲が数多く演奏された。「YELL」もそんなナンバーの一つ。観客へのエールであると同時に、メンバー間のエールのように響いてきた。「コイスルオトメ」も圧巻だった。吉岡の歌声、水野のギター、山下のギターとハーモニカ、そしてバンドの演奏が一丸となって高みを目指していく展開がスリリングだった。愛と情熱を音楽へと昇華していくような白熱のステージだ。
「じょいふる」では結成22年目ということで、22回のジャンプでのフィニッシュ。「思い残すことはないです」という山下の言葉がこの日のステージの充実ぶりを表していた。
「みんなのおかげで最高のファイナル、山ちゃんを送りだす花道としても最高のライブになりました。ほっちの決断をみんながハッピーに受けとめてくれている感じがして。この3人だから今日のステージに立てているんだと思う」との吉岡。本編ラストは「風が吹いている」。凜とした歌と演奏が真っ直ぐ届いてきた。客席のたくさんの揺れる手はまるで風になびいているようだった。
アンコールの1曲目は最新アルバム収録曲の「TSUZUKU」。映画『100日間生きたワニ』主題歌でもあるのだが、いきものがかりの過去・現在・未来ともシンクロする曲だ。“さよなら”という言葉の中にこめられている感情の豊かさと深さが伝わってくる味わい深い歌と演奏だった。インディーズ時代からある、山下が作詞・作曲した「地球」の3人だけの素朴な歌とギターとハーモニカでの演奏からはいきものがかりの原点が見えてくるようだった。どれもが“いつもどおり”であり、そして“特別”な歌。Wアンコールのラストはデビューシングルの「SAKURA」。始まりの歌は15年経った新たな始まりの瞬間にもぴったりだ。
3人の瞳や頬がキラキラと輝いている瞬間がたくさんあった。すべての感情を音楽によって、昇華していくようなステージでもあった。届けるべき思いはすべて歌の中にこめたということだろう。全力を投入した人間だけが醸し出すことのできる爽快感や開放感がステージ上に漂っていた。完全燃焼した人間だからこその明日を見つめるまなざしを3人それぞれから感じた気がした。
「これからも3人をよろしくお願いします」
そんな水野の言葉に大きな拍手が起こった。卒業式のようなライブになるかと思いきや、それぞれの新しい世界への入学式を兼ねたステージになっていた。

取材・文=長谷川誠 撮影=岸田哲平

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着