藤原しおりが“ブルゾンちえみ”を脱
ぎ捨て行き着いた真の姿

藤原しおり、芸人を引退しフリーへ転身
。YouTubeで垣間見る“彼女らしさ”と

2020年3月31日。“ブルゾンちえみ”からの卒業宣言を出し、芸人を引退した藤原しおり。
5年間所属していた芸能事務所【ワタナベエンターテインメント】から離れ、フリーとなった現在はマルチに活動を続けており、自粛期間に開設したYouTubeチャンネルが話題となっています。
お茶の間の人気者であった彼女がなぜ、一旦お笑いタレントに終止符を打つと決意したのでしょうか。
女編集長キャラ“ブルゾンちえみ”改め、藤原しおりが目指す真の“カッコいい女性像”とは?

藤原しおりが“ブルゾンちえみ”として
歩んだ3年間

ブルゾンちえみ with B
ブルゾンちえみがメディアに露出するようになったキッカケとなったのは、数多くのネクストブレイク芸人を輩出してきたお正月の人気番組「おもしろ荘」でした。
キャリアウーマン扮するブルゾンが、後輩芸人ブリリアンを部下に見立て繰り出されるカッコイイ女上司ネタが視聴者の心を掴み、見事優勝。ネタ終盤のキメで使用される「35億」というフレーズは人気を博し、流行語大賞にノミネートされる程の売れっ子芸人へと上り詰めたのです。この優勝を機に、2017年は“ブルゾンちえみの年“と言わんばかりに多くのTV番組に出演し、フジテレビ系連続ドラマ【人は見た目が100パーセント】で女優デビュー。8月には日本テレビ系チャリティー番組【24時間テレビ】において、マラソンランナーに任命され、日本中に感動を与えました。
人気番組のレギュラーを勝ち取り、順風満帆かのように見える彼女でしたが、2019年頃から“本来在りたい自分“と“現状の自分“との間に、少しずつズレが生じてきてしまったことに気づいていたそうです。未来を見据えた時に“ブルゾンちえみ“の賞味期限がすぐそこまで迫っていると…。
翌年、3月31日をもって、“ブルゾンちえみ“は芸能界から卒業ということとなったのです。
惜しまれながらの決断でしたが、“去り際までカッコイイ“と称賛の声が寄せられ、本名である“藤原史織“となった現在も、同性から根強い人気を博しています。(活動時の表記は藤原しおり)

藤原しおり本名での活動をスタート。コ
ロナ禍に苛まれ、YouTubeチャンネルを
開設

“ブルゾンちえみ”というキャリアは、藤原にとって今後の人生を支える大きな財産となりました。しかし、引退後に当初予定をしていたイタリア留学が新型コロナウイルスの世界的大流行により白紙に。早々に出足を食い止められる結果となってしまいましたが、約3年間走り続けた彼女にとって、本当の自分と向き合う良い機会となったようです。
インスタのフォロワー数は250万人を超え、インフルエンサーとしても充分恵まれた環境下に甘んじることなく、2020年4月にYouTubeチャンネルを開設。実際に住んでいる家で撮影されるこのチャンネルでは、友人とのフリートークやパン作りなどの料理系、生配信など内容は様々です。
その中で最も話題となったメイク動画と藤原しおりの人間性を垣間見ることが出来るおすすめ動画をご紹介したいと思います。

#15 メイク動画、やっとこさ撮りました

ブルゾン時代から話題となっていたオリジナルメイクの真相がこの投稿を機に明らかとなりました。24時間テレビでチャリティーランナーを担った際、どんなに汗をかいても崩れないアイメイクについて疑問が寄せられたことが懐かしく感じます。当時は同じ業界やSNSの間でも“ブルゾンメイク“流行りましたよね。
普段、髪色や気分によってメイクを変えるらしいのですが、特徴的なアイメイクは現在も続けているようです。彼女が使用しているメイク道具は案外プチプラ。海外ブランドのメーカーを多数愛用していました。芸能人のメイク事情を知れることもYouTubeならではの良さなのかもしれないですね。

#10 100の質問に答えるぞ!(気合十分

事前にInstagramにて募集した100の質問を真摯に答える彼女が印象的です。最も人間性が出ている投稿なのでは?寄せられた質問を一つたりとも見落とさないよう、ノートに書き留めているという素敵な一面も。普段ラジオでパーソナリティーを務めているだけあって、質問一つ一つに時間をかけながら丁寧に受け答える姿が、カウンセラー並みに上手だなと思いました。こういう方が身近な友人にいてくれたら良いですよね。

#2-1 水川あさみの演技のここ、みんな
見てる? Talk with 水川さん(前編)

2017年放送のドラマで共演してからの仲だという女優の水川あさみ登場回です。最早YouTubeチャンネルの準レギュラー。藤原しおりが悩んでいた時も陰で支える親友同士ならではの開放感、飾らない姿がたくさん見れます。たわいも無い話からお互いのお仕事の話、懐かしのエピソード盛りだくさんの豪華な内容となっています。
後編が気になる方はコチラからどうぞ!

藤原しおりが“ブルゾンちえみ”を脱ぎ捨て行き着いた真の姿はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

新着