長谷川白紙 × 諭吉佳作/menによる初
コラボ曲リリース決定 映画監督/映
像作家・長久允によるMVも

長谷川白紙と諭吉佳作/menによる初のコラボ曲「巣食いのて」が6月18日(金)にリリースされることが決定。合わせて、同日0時にはMVもプレミア公開されることも発表された。
MVを手がけたのは、2017年に『そうして私たちはプールに金魚を、』が『第33回サンダンス映画祭』ショート・フィルム部門グランプリを日本映画として初受賞し、2019年の長編映画デビュー作『ウィーアーリトルゾンビーズ』では『第35回サンダンス映画祭』審査員特別賞・オリジナリティ賞、『第69回ベルリン国際映画祭』ジェネレーション部門スペシャル・メンション(準グランプリ)を受賞するなど、世界から注目を集めている映画監督/映像作家の長久允。

長谷川白紙による躍動感溢れるエキセントリックなトラックに乗せて歌う諭吉佳作/menが映像内でも主役を演じ、廃墟となったプールに住み、自身に欠けているもう片方の“手”を探しに旅に出る、わずか4分間に凝縮されたエモーショナルな物語だという。

MVは長谷川白紙の公式YouTubeチャンネルにて公開となる。
長谷川白紙
諭吉佳作/men

【長久允 コメント】

尊敬するお二人の音楽に、絵をつけることができて
とても嬉しいです。
河原で拾った1960年代後半に作られた映画のフィルムをランダムにきりぬいて、ミュージックビデオにした。そんなつもりで見てもらえたらと思います。手を探す「俺」のロードムービー、真っ暗な部屋で一人きりでご覧いただけたら幸いです。さひしい、さぴしい、さびしい。チッ、夏の駒か!!!

【長谷川白紙 コメント】

諭吉佳作/menさんと一緒に「巣食いのて」という曲を作りました。わたしと諭吉さんのばらばらの大量の破片やそれらが合わさったものたちが、何故か高速で繋ぎ止められていて、その上に諭吉さんの奇跡みたいな歌声が乗っています。結果的には奇妙で、キラキラしてて敏捷な歌う獣のような曲になったのですが、その曲に長久監督が想像もしなかったさらに敏捷で奇妙なすばらしい多面を与えてくれました。長久監督が今回作られた映像から私は、私たちの獣の動き全てが何かもっと大きなものの予兆であったかのような感覚や、反対に動きが持つ無数の一瞬の動力を全て捉えて描き表そうとするような感覚も感じました。そして、それらは全て未知のものでした。
改めて、諭吉佳作/menと長久監督に心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。皆様、ぜひこの我々の快作をご覧ください…!

【諭吉佳作/men コメント】

予て大好きだった長谷川白紙さんとの共同制作で、非常にうれしい経験でした。我々がいつもきいている、長谷川さんの最高にかっこいい音楽ができていく道筋を、すこし一緒に辿ることができました。無責任にも、半ば他人事のようになるくらい純粋にしあわせでした。好きな曲ができました。レコーディングもとても楽しかったです。ありがとうございました。
ミュージックビデオは長久允さんとご一緒させていただきました。今後やることはないだろうというようなことをやれて、気持ちがよかったです。素晴らしい映像になっていると思います。ありがとうございました。
音楽・ビデオともによろしくお願いします。


【リリース情報】

長谷川白紙 + 諭吉佳作/men 『巣食いのて』

Release Date:2021.06.18 (Fri.)
Tracklist:
1. 巣食いのて

■長谷川白紙: Twitter(https://twitter.com/hsgwhks) / Instagram(https://www.instagram.com/hsgwhks/) / SoundCloud(https://soundcloud.com/hakushi-hasegawa)

■諭吉佳作/men: Twitter(http://twitter.com/kasaku_men) / Instagram(http://Instagram.com/ykckskmen)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

新着