加山雄三、ビートルズに「すき焼き」
をふるまったエピソードが公開

ザ・ビートルズが1966年に来日してから6月29日で55周年を迎える。来日当時、ビートルズと接見できたのは、星加ルミ子氏やファンクラブの会長など、ごく限られた関係者だけだったが、メンバー全員と一緒に食事をした日本人は恐らく加山雄三だけ。その様子については、今となっては、加山の記憶が頼りだが、会ったきっかけや当日の食事の様子など、貴重なエピソードが公開された。
来日時、加山を誘ったのは、当時東芝レコードのビートルズ担当、高嶋弘之氏だった。「ビートルズに会いに行かないか?」と誘ったものの、加山は「考えさせてくれ」と答え、一旦帰宅。一番信頼する祖母に相談した。加山が「ビートルズって知ってる?」と尋ねると、祖母は「私を誰だと思ってんだい? おかっぱ頭の4人組だろ。それがどうしたのさ」「会わないかと誘われたんだけど、どうしたらいい?」「バカだね、将来きっと役にたつから会っておいで」このやり取りで決心した加山は高嶋氏に連絡、ビートルズに直接、会うことになった。
4人が宿泊していた東京ヒルトンホテル(当時)は関係者さえ簡単には入れない厳重警戒だったが、加山はアポなしで「どうも加山雄三です」の一言で難なくビートルズが泊っている19階のスウィートに到着。最初に現れたのは高下駄を履いたリンゴ・スターとポール・マッカートニーだった。その後ビートルズの4人と加山だけで通訳なしで談笑。お互いのレコード(ビートルズは『ラバーソウル』、加山は『ハワイの休日』)を聴いたりした。メンバーは時間を持て余して、絵を描いたりしていたが、その後「腹が減ったので日本的なものが食べたい」ということに。
当時、若大将シリーズですき焼き屋の息子役を演じていた加山が機転を利かして、ルームサービスですき焼きを注文。自らが調理してメンバーにふるまい、卵をつけての食べ方も教えた。その際、ジョンがテーブルの椅子をよけて床に座り、テーブルに顎を置き、箸一本で食べ出した。加山が「行儀が悪いぞ」と注意したが「いいんだよ、こうやって日本を感じてるんだ」と答えたという。最後は4人と一緒にオフィシャル・カメラマンのロバート・ウィテカー氏に記念写真を撮影してもらって部屋をあとにした。
当時、日英のスーパースター同士の束の間のひと時、加山氏と同年代のメンバーとの間で、どんな会話が交わされたのか、加山は接見の翌日に武道館でビートルズを観たという。それから55年の年月が流れた今日でも、映画「ハード・デイズ・ナイト」の上映会、専門店舗の期間限定オープン、トリビュート・イベント等々、多くのビートルズ関連の催しがビートルズ来日月間を記念して開催される。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着