L→R 八木ましろ、菅まどか

L→R 八木ましろ、菅まどか

【Gothic×Luck インタビュー】
行動した先には
楽しいことが待っていると思う

今回のEPも贔屓目なしで、
胸を張ってお届けできる曲ばかり

通常盤のジャケットのイラストを描かれた漫画家の森下suuさんが作詞をされている「棘かくし」は瑞々しさをとても感じます。

情景が浮かんでくる歌詞ですよね。曲調と歌詞にすごく透明感があるんです。物語の空気感を表現するために吐息交じりというか、いつもよりもやさしく大人っぽい感じで歌ってみたりしました。
八木
とても詩的な歌なので、息遣いや語尾の抜き方とか、細かいニュアンスを大切にしながら歌いました。森下suuさんは大好きな漫画家さんなので、今回こうしてご縁がつながったことが本当に嬉しいです。

「ユメゴコチ進展系!」での田淵さんへの直接のお願いもそうですけど、かなり積極的に行動を起こすタイプ?

八木
そうですね。やっぱり圧が強いのかもしれないです(笑)。
そうかも(笑)。
八木
Gothic×Luckはふたりで良かったね。4人とかでこの圧の強さがあったら胸焼けしそう(笑)。
確かに(笑)。私たちはやりたいことがたくさんあるもんね(笑)。この曲、《心をかわいくしていくの》というフレーズがすごく印象的で。女の子が詰まっている感じがするんですよね。
八木
“傷ついちゃうことやじりじりすることを隠して可愛くしたい”とか“いい人になりたいけど、心の奥底では隠しきれない”というモヤモヤしている葛藤が見えるところだよね?
そう!
八木
シンプルに“可愛くなりたい”という気持ちとしても解釈もできるし、“可愛くなりたいけどなれない”と受け止めることもできるし、いろいろなとらえ方もできる歌詞だと思います。

「夢の中のストーリー」もいい曲ですね。恋をしている健気な気持ちが伝わってきます。

「棘かくし」とはまた違った切なさがあって甘酸っぱい感じの曲になっていると思います。
八木
曲調は楽しそうな雰囲気なのですけれど、歌詞とのギャップがあるところが逆に切なさを醸し出しているよね?
そう! Dメロでいっぱい感情を出して歌わせていただいています。ここで急に感情が表に出る感じがいいのかなと思ったので。
八木
この曲は私が歌っているところで菅ちゃんが、菅ちゃんが歌っているところで私が囁き声を入れていたり、とてもこだわって表現しています。
まさにふたりの声が合わさったことによって、さらにすごく良くなった曲だと思います。ふたりで歌ったことでキュンキュン感が出ました。

ますます歌で表現することの楽しさを感じるようになった?

八木
はい。歌うのが楽しいです。
レコーディングもすっごく楽しかったです。

楽曲提供をしてくださったクリエイターのみなさんも、Gothic×Luckが歌うことを楽しみながら表現の幅を広げている今作を聴いて喜んでくださっていると思いますよ。

八木
「棘かくし」の作曲と編曲をしてくださったPieruさんが“なかなか出ない声質で、すごくいい”っていうようなツイートをしてくださっていて嬉しかったです。
楽曲を提供してくださったみなさんのご期待をこれからも超えていきたいです!

「天国の踊り場」も八木さんと菅さんの歌によって、とても深い物語性を感じる仕上がりになっていますね。

八木
ありがとうございます。生きていく上でつらいことは絶対に起こりますし、なかなか乗り越えられないこともあると思うんですけど、“乗り越えなくても前に進んでいけるよ”って背中を押してくれるような曲ですよね。
聴く人によっては誰かを思い出すでしょうし、“こういうことがあったよな”ということを思い浮かべたりもする曲だと思います。歌詞が私の中でとても響いて、レコーディングの時に涙がめちゃめちゃ出てしまいました。
八木
この曲は心に寄り添うというか、みなさんそれぞれの過去の出来事に重なるところがあると思うんです。そういうものを踏まえながら前に進んでいこうとしている…切ないけれど、その切なさを無駄にはしない曲なんだと思います。

さまざまな想いを抱えながらも前に進む姿は「ミチシルベ」からもすごく伝わってきます。

目的地に向かって走っていくようなイメージが一番ある曲ですね。この曲のMVは夕方から朝まで長い時間をかけて撮影したんで、その映像と一緒に聴くとよりいろいろなものが見えてくると思います。
八木
大人になっていくにつれてリスクを考えるようになるというか、“やりたい”という気持ちだけでは動き出せないこともあると思うんです。そうやって胸の中に押し込めてしまった気持ちとかを引っ張り出して、“やろうよ!”と目標を指し示してくれるような曲だと私は思っています。この曲を聴いて自分の心に素直になってくれる人がいたら嬉しいです。“これがやりたい”“私はこれが好き”という気持ちは、実際に行動することによって可能性につながっていきますから。行動した先には楽しいことが待っていると思うから、私たちもそれを目指して進んでいきたいよね?
うん。その通りだね。

このEPは全体的にそういったポジティブなエネルギーに満ちあふれていますね。

はい。お待たせしましたが、その甲斐があるものになったと思います。
八木
“期待していると思うけど期待していていいよ。その期待を超えるから”って、ファンのみなさんに言っていたんです(笑)。自信を持ってお届けできる作品に仕上がりました。

この作品のリリース後は初のライヴツアーが予定されていますね。

ツアーはGothic×Luckとしてのひとつの夢だったんです。今回のEPを経て、またさらに夢へと近づいていっている感じがします。大きな夢への第一歩のツアーとして精いっぱいの力を出したいと思っています。
八木
活動を始めた頃に“いつか東京ドームでワンマンライヴをやりたいです”と言っていて、それは途方もない夢ではあるんですけど、そこに向かうための大切な一歩だと思っています。大阪、仙台、東京公演、頑張ろうね?
頑張ろう! ライヴで歌いたい曲もたくさん増えましたからね。
八木
東京の会場のSHIBUYA PLEASURE PLEASUREは2階席があるから“2階席ー!”って手を振ろうね(笑)。
それやりたい!(笑)
八木
これからさらに曲が増えれば、ライヴで歌いきれないという贅沢で幸せな悩みも増えていくんでしょうね(笑)。今回のEPも贔屓目なしで、胸を張ってお届けできる曲ばかりなんです。だから、この記事を読んでくださったみなさんにぜひ聴いていただきたいです!
私たちだけじゃなく、周りのいろいろな方々もすごく頑張ってくださって。熱意がたくさん詰まった作品になりました。
八木
この作品を聴いてGothic×Luckの今後にも期待していただけたら嬉しいです。私たち、その期待をさらに超えていきますから!

取材:田中 大
(c)GCLK

EP『おやすみ おはよ』2021年6月30日発売 Victor Records
    • 【初回限定盤】(CD+DVD)
    • VIZL-1907 
    • ¥4,620(税込)
    • ※撮り下ろし実写ジャケット
    • 【通常盤】(CD)
    • VICL-65510
    • ¥2,970(税込) 
    • ※森下suu描き下ろしイラストジャケット

EP『おやすみ おはよ』配信先リンク

https://jvcmusic.lnk.to/oyasumiohayo
音楽ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサイトにて 好評配信中!
※対応ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、YouTube Music

ライヴ情報

『Gothic×Luck ユメノナカノセカイ LIVE TOUR 2021』
7/31(土) 大阪・心斎橋SUNHALL
開場 16:30/開演 17:00
8/07(土) 宮城・仙台GIGS
開場 16:00/開演 17:00
8/21(土) 東京・SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
昼公演:開場 13:00/開演 14:00
夜公演:開場 17:30/開演 18:30

Gothic×Luck プロフィール

ゴシックラック:八木ましろと菅まどかによる声優デュオユニット。“Gothic(幻想的)”と“Luck(運)”を組み合わせた造語(略称ゴクラク)が語源となっている。TVアニメ『けものフレンズ2』のエンディングテーマ「星をつなげて」でアーティストデビューを果たし、2019年3月に1st EP『Starry Story EP』でメジャーデビュー。メジャーデビューわずか5カ月という異例の早さでさいたまスーパーアリーナにて開催された日本最大級のアニソンライブイベント『Animelo Summer Live 2019 -STORY-』に出演を果たす。声優アーティストとして多方面で活躍中!Gothic×Luck オフィシャルHP

「ミチシルベ」MV

「棘かくし」MV
(リリックビデオ)

EP 『おやすみ おはよ』Teaser

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着