2021年6月11日 at Veats Shibuya

2021年6月11日 at Veats Shibuya

【Half time Old ライヴレポート】
『Spring Tour 2021「半分古」』
2021年6月11日 at Veats Shibuya

2021年6月11日 at Veats Shibuya
2021年6月11日 at Veats Shibuya
2021年6月11日 at Veats Shibuya
2021年6月11日 at Veats Shibuya
2021年6月11日 at Veats Shibuya
2021年6月11日 at Veats Shibuya
2021年6月11日 at Veats Shibuya
 Half time Oldのファンクラブの名称である“半分古”をタイトルに掲げた今回のツアー『Spring Tour 2021「半分古」』は、時節柄、東名阪3カ所のみでの開催となったが、彼らの現在の魅力をエネルギッシュな演奏とともにアピールするものとなった。そう確信させたツアーファイナルのVeats Shibuya公演は、“初めから飛ばしていきましょうか。やれますか? 渋谷!”と鬼頭大晴(Vo&Gu)が気合いを入れながら、《素晴らしい日々を何時か君と迎えれるように》という歌詞が耳に残る8ビートのロックナンバー「ミニマリスト」からスタートした。

 “声を出せずともその拳で応えてください!”という呼びかけに応え、それまで手拍子していた観客が一斉に拳をあげる。その光景が伝えたのは、この日を待ち焦がれていたバンドとファンが早くも作り上げた一体感だ。そこからステージの4人がテンポ良く披露していったのは、新旧のレパートリーの数々。

 イントロの2ビートを含め、多彩なリズムを使い分ける阪西 暢(Dr&Cho)のプレイが光る「my^2」、バンドの知名度をグッと上げたTVCMソング「みんな自由だ」、ヴォーカル以外の3人がシンガロングを重ねながら、内田匡俊(Ba&Cho)がレゲエっぽい裏打ちのリズムを刻んだり、鬼頭と小鹿雄一朗(Gu&Cho)がユニゾンでギターリフを奏で、マスロックを連想させたりと、ストレートなだけじゃないアサンブルを印象づけた「GO&SING」、そして“この曲を待っていた!”という観客の興奮が伝わってきた「シューティングスター」――。

 曲を重ね、観客の気持ちを掴んでいきながら、ボ・ディドリー・ビートが印象的な「マッシュルームソング」とストレートでエモーショナルな「エール」の2曲では、客席を半分に分け、鬼頭の合図に合わせて、それぞれに手をあげさせるという趣向で会場を盛り上げる。“声も出せないし、ギュウギュウになって楽しむこともできないなら、何か他に楽しみ方はないかなと思って、今回のツアータイトルにちなんで考えてきました”という彼らの想いはしっかりと観客に伝わったようだ。気紛れな合図に翻弄されながらもライヴに参加することを楽しんだ観客に、メンバーたちも思わず笑顔になる。その手応えが、前半戦が終わったところで鬼頭が言った“こういう状況もポジティブに受け取って、みんないい場所に向かうことができたらと思ってます”という発言につながったのだと思う。

 中盤、センチメンタルな「愛の真ん中」、シーケンスでピアノを鳴らしたバラードの「道」をじっくりと聴かせ、ストレートなロックナンバーの「『0』」から再びテンポアップ。メンバーがシンガロングを重ねた「雛の歌」へとつなげ、後半戦も盛り上げていく。“まだ、この距離は埋まらないけど、配信ライヴもいいよね(この日は配信のカメラも入っていた)。新しいことに挑戦して、いろいろなことが始まる感覚がいい。ポジティブに行きましょうよ”と、どこか楽観的にも聞こえる鬼頭の口調が逆に頼もしかった。そして、“音楽には免疫力を上げる力があるそうですよ!”と、ダイナミックなアンサンブルで観客を圧倒したミッドテンポの「スイッチバック」。ダンサブルな「アウトフォーカス」。コロナ禍の今だからこそ聞きたいポジティブなメッセージを、異なるタイプの2曲とともに伝えて本編を締め括った彼らがアンコールに選んだのは、オールディーズっぽい魅力もあるロックンロールの「アンチヒーロー」。ガレージバンドを思わせるエネルギッシュな演奏からは、ロックバンドらしい向こう意気が伝わってきた。

 また、年内のリリースに向けて、曲作りに励んでいることを明かした彼ら。捻りの利いたソングライティングとハスキーな歌声で個性をアピールするフロントマンと、テクニカルなプレイでそれぞれに楽曲をユニークなものにするメンバーたちが、これからどんな曲を届けてくれるのか、今から楽しみだ。

撮影:タカギユウスケ/取材:山口智男

配信ライヴ 詳細

視聴チケット料金:¥2,500(税込)
販売期間:2021年6月17日(木)21:00まで
アーカイブ視聴期間:2021年6月17日(木)23:59まで

■チケット販売ページ
https://eplus.jp/halftimeold-s/
■視聴方法は、こちらをご確認ください
https://eplus.jp/sf/guide/streamingplus-userguide


セットリスト

  1. 1.ミニマリスト
  2. 2.my
  3. 2
  4. 3.みんな自由だ
  5. 4.GO&SING
  6. 5.シューティングスター
  7. 6.マッシュルームソング
  8. 7.エール
  9. 8.忠犬ヒト公
  10. 9.アドホック
  11. 10.アナザーロード
  12. 11.愛の真ん中
  13. 12.道
  14. 13.『O』
  15. 14.雛の歌
  16. 15.スイッチバック
  17. 16.アウトフォーカス
  18. <ENCORE>
  19. アンチヒーロー
Half time Old プロフィール

ハーフタイムオールド:2011年に名古屋で結成。13年に『イナズマゲート 2013』で優勝し、14年の『イナズマロックフェス』にオープニングアクトとして出演。同年、『RO69 JACK 14/15』でも同じく優勝を果たし、『COUNTDOWN JAPAN 14/15』へ登場するなど、話題を呼ぶ。18年11月7日に3rdアルバム『真夜中の失踪に聡明と音楽』をリリースする。Half time Old オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着