矢野顕子、デビュー45周年を飾るオリ
ジナルアルバム『音楽はおくりもの』
を8月にリリース決定(コメントあり

矢野顕子が、1976年7月25日のデビューアルバム『JAPANESE GIRL』のリリースからまもなく45周年を迎える節目の年に、オリジナルアルバム『音楽はおくりもの』を8月25日にリリースすることが決定した。
昨年3月に三味線奏者の上妻宏光とのユニット“やのとあがつま”としてアルバムを発表し、先日コロナ禍で延期となっていた1年越しのツアーを終えたばかりの矢野。矢野顕子名義でのアルバムは2018年11月に発表した全編コラボレーション『ふたりぼっちで行こう』以来約3年ぶりとなる。
新作『音楽はおくりもの』収録曲の詳細は後日発表されるとのことだが、このアルバムのために新たに制作された多数の新曲のほか、コロナ禍のNYと日本をリモートで繋ぎ制作された「愛を告げる小鳥」、アニメ主題歌「大家さんと僕」、さらにスペシャルなカバー曲を含む全10曲を収録予定。
本作は、コロナ禍で音楽活動も普段通りに行うことが難しい状況の中、盟友の林 立夫、小原 礼、佐橋佳幸を迎え全編を通しバンド編成で制作され、バンド編成でのフルアルバムは2008年に発表された『akiko』以来約13年ぶりとなっている。
また、“45周年記念限定盤”と銘打たれた初回盤には、2020年12月に行われた『さとがえるコンサート2020』のライブ映像を収録したBlu-rayが付属することも決定。Blu-rayには、この日パフォーマンスされた、矢野顕子の代表曲「春咲小紅」「ラーメンたべたい」「クリームシチュー」から、新曲「愛を告げる小鳥」まで全17曲が収録されるとのこと。
なお、本日・6月10日(木)よりCDの予約受付もスタート。さらに、スタッフが更新するInstagramアカウントも開設された。
矢野顕子コメント
辞世の句というものがある。自分が世を去る前にあらかじめ用意しておくものもあるらしい。
矢野顕子の場合、『音楽はおくりもの』はそういうものかもしれない。
ポップソングを作り続けて何年経ったのかわからないが、こういうものが作れたこと、そして一緒に作り上げる仲間に恵まれて、わたしは幸せです。すっごく。
矢野顕子

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着