JAM Projectが有観客のコロナリベン
ジツアーを開催決定 ドキュメンタリ
ー映画もBD化

アニソンユニット「JAM Project」が、中止となった昨年の設立20周年記念ツアーのリベンジを果たすべく、全国4カ所5公演の有観客ライブツアーを開催する。また、ドキュメンタリー映画のBlu-ray&DVD発売も発表された。
2020年に20周年イヤーを迎えたJAM Projectだが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、ライブツアーを全て中止。9月に開催された『JAM FES.』をはじめ、無観客の配信ライブのみを実施してきた。
今年9月から満を持して開催される有観客ツアーは『GET OVER -JAM PROJECT THE LIVE-』と、ユニット名を冠したものとなる。ツアーは2021年9月10日(金)東京のZepp Hanedaを皮切りに、厳選された全国4カ所5公演を実施する。ファンクラブでは先行発売がすでにスタートしている。
ドキュメンタリー映画のBlu-ray&DVD発売も決定
また、JAM Projectは、活動20周年イヤーの集大成として、2021年2月に全国公開された、アニソンユニットとしてキャリア初のドキュメンタリー映画『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』が、8月25日にBlu-ray & DVD発売となる。そのBlu-ray&DVDの完全生産限定版のコンプリートボックスの収録内容詳細が発表された。
特典映像となるDisc2・3には『JAM FES.』のライブ映像からのセレクションや、ドキュメンタリー映画の「打ち上げ座談会」が新たに収録される他、映画公開前に配信された記念特番『JAM BANG!』など、大ボリュームの豪華映像が収録される。加えてオリジナルTシャツのデザインが公式サイトで公開された。
7月にはTVアニメ『ゲッターロボアーク』OP主題歌「Bloodlines〜運命の血統〜」も控えており、こちらもJAM Projectらしい熱いナンバーとなっている。
JAM Projectのリベンジが全方位からスタートしそうな気配だ。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着