白石聖

白石聖

【インタビュー】映画『胸が鳴るのは
君のせい』白石聖「有馬の何げない優
しさに胸キュンしました」

 紺野りさの人気少女コミックを実写映画化した『胸が鳴るのは君のせい』が6月4日から公開される。本作は、マイペースでクールな転校生の有馬隼人と、明るくしっかり者の篠原つかさが繰り広げる青春ラブストーリー。有馬役を浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)が、つかさ役を白石聖が演じた。白石が、役柄への思い、自身の恋愛観などを語った。
-原作漫画は読みましたか。
 はい。実はこのお話を頂く前から、原作を読んだことがあって、そのときはこんな青春をしてみたいな…と思いながら読み進めていたのですが、出演が決まってから改めて読み直すと、つかさというキャラクターがより一層、格好良く感じられました。応援したくなりました。
-演じる上で心掛けたことはありますか。
 私は、現場で生まれたものを大事にするタイプなので、プランみたいなものはあまり作り込まず、現場に行って作っていった感じです。私自身、つかさみたいに明るく天真爛漫(らんまん)な役を今まであまり演じたことがなかったのですが、つかさ的には“有馬のことが好き”という気持ちが一本通っていれば、最後まで貫けるのかな…と思い、そこを大事にしながらやっていました。
-有馬役の浮所さんとの共演はいかがでしたか。
 私は本作での共演が“はじめまして”だったのですが、とても明るくて誠実な方で、現場のムードメーカーでいてくれるような方でした。
-2人でのシーンを演じる前に、役について話し合ったりしましたか。
 有馬とつかさは、友達として会話のテンポ感などもすごくいい関係だったので、2人で話し合いながら…でした。あとは、クラスメート全体も仲が良かったので、いい雰囲気の中で撮影が進みました。「本当の友達だよね」という空気感の中で撮影できたら、という思いがあったので、そういう部分ではすごく浮所くんに助けてもらいましたし、他のクラスメートの方にも、とても支えられました。
-実際は、白石さんの方が浮所さんより少し年上ですが、撮影現場では“お姉さんっぽい”立ち位置でしたか。
 お姉さんっぽい…?(笑)。うーん。現役(高校生)に近いのはやはり浮所さんなので、浮所さんに、(自分が)近付かないと、という気持ちでやっていました。
-劇中には、いろんな胸キュンシーンがありますが、白石さんが胸キュンした場面はどこですか。
 やはり、有馬の何げない優しさが感じられるシーンです。(林間学校で洗い物をしている)つかさの髪を、後ろから束ねてくれる場面もそうですが、つかさだけがまだご飯を食べていないことに気付いた有馬が「こいつ、食ってねえぞ!」と言ってくれる場面など。何だかんだ言っても、つかさのことをちゃんと見てくれているんだな、というのが伝わってくるせりふが随所にあるので、そういうところが、有馬ってすてきだなと思いました。
-つかさは、有馬に振られた後も「諦めない」と宣言し、前向きに進みます。恋愛面でつかさに共感する部分はありますか。また、告白は自分からするタイプですか。
 私がつかさの立場だったら(振られたら)もう、駄目です(笑)。打たれ弱いので、つかさのように何があっても諦めないと、真っすぐに強い気持ちを持てるのは本当にすごいことだと思います。私はあんなに強くはなれないし、告白は、できればしてほしいなと思います(笑)。
-反対に、つかさと自身が重なる部分はありましたか。
 結構面倒見がいいところや、人から何か頼まれたときに何でも引き受けてしまうような、ちょっと姉御っぽい部分は似ているかもしれません。自分と重なると言うのはおこがましいですけど、あまり、女の子、女の子していない部分も似ているのかなと思います。
-白石さん自身は、男女の友情から恋愛に気持ちが発展することはありますか。
 私自身は、友達だった人が好きな人に変わるというのは経験したことがないので分かりませんが、今回、2人の距離感が近いのは、有馬からしたら友達だからであって。でも、つかさからしたら恋愛で…。悲しいけど、お互いの思いにズレがあるからこそ、不意打ちで訪れる距離感につかさは胸キュンしたりするわけで、難しいなと思いました。
-白石さん自身は、どのような高校生活を送りましたか。
 友達ととても楽しい学生生活を過ごしましたが、私は高校3年生の夏休み明けぐらいに芸能活動のために転校したので、最後の半年間は、あまり学校になじめないまま終わってしまいました(笑)。でも転校する前は共学だったので、男の子の人数は少なかったのですが、明るく楽しく…でした。こんな青春は送っていませんが(笑)。
-軽音楽部でバンドを組んでいたという情報がありますが、文化祭などに出たりしたのでしょうか。
 1回だけ出て、その後、解散しました(笑)。文化祭ではMONGOL800さんの「小さな恋のうた」と、BUMP OF CHICKENさんの「ラフ・メイカー」という曲をコピーしてやりました。今思い返すと、とても楽しかった思い出です。
-今、もし高校生に戻れるとしたら、何かやりたいことはありますか。
 何かしたいというよりは、普通の日常を過ごしたいです。普通に学校に行って、友達と登校して、授業を受けて、帰りにファミレスに寄って…という、本当に何げなく過ごしていた1日をもう1回過ごしたいです。
-今回は女子高生役でしたが、今後、女優としてどのような役に挑戦したいですか。
 あまり役に対して願望はないのですが、役で髪の毛を染めてみたいです。金髪とかちょっと奇抜な色にしてみたいです。なかなかプライベートでできないじゃないですか(笑)。あとは、今まで少しおとなしい役や、サイコパスな部分があったとしても、内に秘めているような影のある役が多かったので、見た目からして全て“自分じゃない!”という変化のある役をやってみたいです。
-最後に一言メッセージをお願いします。
 片思いから始まる物語です。クラスメートへの片思いというのは、多くの方が経験あるでしょうし、そうでなくても“誰かを思う”ということは、皆さん1度は通ってきた道だと思います。今、学生の方、10代、20代の方だけでなく、大人になってからでも、ご自身と重ねられる内容だと思うので、ぜひ、つかさを応援しながら見ていただけたらうれしいです。
(取材・文・写真/山中京子)
[gallery columns="2" ids="1277083,1277082"]

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着