愛美

愛美

愛美、
ニューシングル「カザニア」の
アートワーク&新ビジュアルを公開

声優アーティストの愛美が、7月28日(水)にリリースするニューシングル「カザニア」のジャケット写真と、新たなアーティスト写真を公開した。

今回のジャケット写真は大自然の中で撮影され、表題曲「カザニア」のイメージに沿った“風”を感じるアートワークとなっている。また、シングルの収録曲と作家情報も発表された。表題曲「カザニア」に加えて「瞬間SummerDay!」「アナグラハイウェイ」という新曲3曲と、それぞれのインストゥルメンタルが収録される。「カザニア」は、たるとPとしても活躍しているサウンドクリエイターのタルタノリキが作詞・作曲・編曲を手掛けた。タルタノリキは楽曲について「色々な苦難がある中でも希望を持って前を向けるような楽曲になった」とコメントしている。カップリングの2曲はどちらも愛美自身が作詞を手掛けている。

そして、CDショップ別オリジナル特典の絵柄やアニメイトとゲーマーズで販売される限定セットの詳細絵柄もオフィシャルHPで公開された。各店舗なくなり次第終了となるので、早めに予約をして確実にゲットしよう。

さらに8月1日(日)20:00からはYouTube Liveにて『「カザニア」リリース記念スペシャルライブ&大抽選会』の生配信が行われることが決定した。大抽選会はCD購入者を対象に行われ、購入するお店によって当選内容が異なる。対象店舗や応募期間などの詳細はオフィシャルHPをチェックしよう。

表題曲「カザニア」は、7月より放送開始予定のTVアニメ『現実主義勇者の王国再建記』EDテーマに決定している。作品には愛美自身も声優として「カルラ・バルガス」役で出演するので、放送をお楽しみに。

【タルタノリキ コメント】

「楽曲制作の段階でアニメのタイアップが決まっていたので、原作コミックを読ませて頂いて、壮大な異世界で様々な問題を乗り越えていくアニメの世界観と新たにメジャーでソロ活動を開始した愛美さんが音楽の世界に「飛び立つ」というイメージがすごく重なったので、その辺りがなるべくリンクするように意識して楽曲制作を行いました。ボーカルレコーディングも立ち合いさせて頂きましたが、爽やかさと壮大さを意識した楽曲に、キャッチーでありながら力強い愛美さんの歌声がマッチしてレコーディングの段階でめちゃくちゃ感動しました! 色々な苦難がある中でも希望を持って前を向けるような楽曲になったと思うので、誰もが大変な情勢の中だからこそ、沢山の人に聴いていただけたら嬉しいです」
シングル「カザニア」2021年7月28日(水)発売
    • 【初回限定盤】(CD+M-CARD)
    • KICM-92093/¥1,980(税込)
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1. カザニア (TVアニメ「現実主義勇者の王国再建記」エンディングテーマ)
    • 作詞・作曲・編曲:タルタノリキ
    • 2. 瞬間SummerDay!
    • 作詞:愛美 / 作曲・編曲:南田健吾 / ストリングス編曲:福廣秀一朗
    • 3. アナグラハイウェイ
    • 作詞:愛美 / 作曲・編曲:めんま
    • 4. カザニア (Instrumental)
    • 5. 瞬間SummerDay! (Instrumental)
    • 6. アナグラハイウェイ (Instrumental)
    • ■M-CARD ※写真絵柄全5種のうち1種をランダム封入
    • 「カザニア」Music Video
    • 「カザニア」Making of Music Video
    •  
    • ※M-CARDとは
    • 動画コンテンツをスマホ/タブレット/パソコンなどでダウンロードしてお楽しみ頂けるカードです。
愛美
シングル「カザニア」【初回限定盤】(CD+M-CARD)
シングル「カザニア」【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』