A.Y.A、Droittteプロデュースの新AL
『Uncured』本日リリース 「Aliens
Are Nearby」ビジュアライザー公開

SSW・A.Y.Aが本日5月21日(金)にリリースしたニュー・アルバム『Uncured』より「Aliens Are Nearby」のビジュアライザーが公開された。
ビートメイカー・Drivxsとのアルバム 『Mercury Retrograde』でも注目を集めたA.Y.A。今作『Uncured』はUKガラージや808ビート・ミュージックなどのダンス・サウンドと、ヒップホップ、R&Bを背景に、閉塞感・停滞感漂う現代に対する想いを表現している。

全編に渡ってラッパー・TAEYOなどのワークスでも知られるビートメイカー・ Droittte(https://soundcloud.com/droittte) を迎えて制作。さらに、元BLACKBASSのKRICKもプロデュースで参加しているほか、客演にはHayashi Masato(ex. Pablo Blasta)、18scottをフィーチャーしている。
アルバムのフォトグラフィックを撮影したのは、写真家の田中卓。カバー・アートワークやシングルのグラフィック・デザインは安田裕が手がけた。レコーディング、ミックス、マスタリングはCRYSTAL SOUNDのエンジニアであるmurozoが担当。

「Aliens Are Nearby」のビジュアライザーは新進気鋭のアーティスト・ZECINがアニメーションを手がけている。

【A.Y.A コメント】

今回は、2ステップやハウス、ヒップホップ・R&B、アンビエント……幅広いミュージックフィールドのクールネスを吸収した、新鮮さと驚きのあるアルバムを目指して制作に臨みました。

また、個が尊重される反面、孤独な立場になることが増えつつある現代だからこそ、本作では、ダンサブルかつ心の通ったソウルフルな表現を意識しました。

自分なりに今の時代の空気感を切り取り、揺らぎや不完全さも丸ごと抱き締めるような、哀しくも希望のある作品が作れたと思っています。

タイトルの『Uncured』は「治癒・解決していない状態」を意味します。あらゆる当たり前が崩壊し、先行きが不透明な今、不安を感じている人も沢山いると思います。このアルバムが、迷いながらも前進し続ける皆様のサウンドトラックになれば幸いです。


【リリース情報】

A.Y.A 『Uncured』

Release Date:2021.05.21 (Fri.)
Label:Patric Room
Tracklist:
1. Drum Machine
2. Solo
3. Resistance
4. Ave Maria (feat. Hayashi Masato)
5. New Bugatti (feat. 18scott)
6. Afterparty
7. Aliens Are Nearby
8. Feel
9. Distance

■A.Y.A: Twitter(https://twitter.com/glamayaka/) / Instagram(https://www.instagram.com/glamayaka/) / SoundCloud(https://soundcloud.com/alternativepopprincess)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着