広瀬すずが吉永小百合をサプライズで
祝福!ハグする姿も 映画『いのちの
停車場』クランクアップ特別映像を公

公開中の映画『いのちの停車場』から、クランクアップ時の様子を捉えた特別映像が解禁された。
『いのちの停車場』は、『サイレント・ブレス』や、NHKで放送中のテレビドラマ『ディア・ペイシェント』原作小説で南杏子氏の同名小説を映画化するもの。大学病院に勤めていた救命救急医がある事情から父の住む実家へ戻り、在宅医療を通して患者と向き合う姿を描き、終末医療など現代のテーマにも切り込んだ作品だ。主演をつとめるのは、女優の吉永小百合。本作では、在宅医療を行う“つるかめ診療所”の鶴岡優子氏、鶴岡浩樹氏や、東京女子医科大学病院・救命救急センター長の矢口有乃氏に医療指導を受け、自身初となる医師役=白石咲和子を演じている。また、医大の卒業生で、咲和子を追ってまほろば診療所で働くようになる元大学病院事務員・野呂聖二を松坂桃李が、まほろば診療所を支え続けてきた訪問看護師・星野麻世を広瀬すずが演じる。松坂と広瀬は、どちらも本作で吉永と初共演。さらに、まほろば診療所の三代目院長・仙川徹役で西田敏行、咲和子の父で元美術教師の白石達郎役で田中泯らが共演。石田ゆり子、南野陽子、柳葉敏郎、小池栄子、泉谷しげるらもキャストに名を連ねている。

特別映像は、本日5月21日の本作封切りを記念して解禁されたもの。主演・吉永のクランクアップを、広瀬がサプライズで祝福する様子が収められている。前⽇にクランクアップを迎えていた広瀬は、「吉永さん スタッフの皆さん お疲れ様でした︕︕△成島組△」(※△はハートマーク)と、⼿書き文字が書かれたシャツを着⽤して登場。吉永は感無量といった様⼦で、「クランクインできるかどうかというような困難な中でクランクインして、スタッフの皆さんも本当にご苦労なさって、いろんなことに耐えて、我慢して、今⽇の⽇を迎えられたということで、⼤変感謝しています」とコメント。さらに「また、皆さんとご⼀緒して、もっと⼒をつけてちゃんと芝居ができるようにしたいと思っています」とも語っている。また、映像の最後には、広瀬、成島監督、ほかスタッフたちが⼿を伸ばして作ったアーチをくぐり抜け、声にならない喜びを噛み締めながら、広瀬とぎゅっとハグを交わす吉永の姿も映し出されている。
(c)2021「いのちの停車場」製作委員会
(c)2021「いのちの停車場」製作委員会
『いのちの停車場』は公開中。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着