「SCARLET NEXUS」7月1日放送開始で
予告PVなど公開 嶺内ともみ、高野麻
里佳、竹内良太らゲーム版キャストが
出演

(c)BNEI/SUNRISE サンライズが手がける新作テレビアニメ「SCARLET NEXUS」の放送が7月1日からスタートすることが決定し、嶺内ともみ、高野麻里佳、竹内良太ら追加キャストの顔ぶれが明らかになった。予告プロモーションビデオ第1弾やキービジュアルも公開されている。
 同作は、6月24日に発売予定されている同名クションRPGのアニメ化。アニメ版では、脳科学が極度に発達した未来世界を舞台に、成層圏から降りてくる「怪異」の脅威にさらされた人類を守るべく奮闘する「超脳力者」たちの組織「怪異討伐軍」に志願した少年ユイト・スメラギ(CV:榎木淳弥)と、討伐軍にスカウトされたカサネ・ランドール(瀬戸麻沙美)が、戦いを通じて世界の真実へと迫っていく姿が描かれる。
 放送は、7月1日午後10時30分からTOKYO MXとBS11、深夜12時からサンテレビで開始する。
 このほど出演が決定したキャストが演じるのは、発火や透視、瞬間移動など固有の「脳力」を備えた怪異討伐軍の隊員たち。嶺内はユイトの幼なじみで同期の新入隊員でもあるハナビ・イチジョウ、高野は内気で人とのコミュニケーションが苦手なツグミ・ナザール、竹内は戦いのエキスパートでユイトのよき相談相手となるゲンマ・ギャリソンを演じる。少年のような見た目ながら“七剣星”と呼ばれる実力者のひとりであるルカ・トラヴァース役を赤崎千夏、高い能力をもつが口が悪く、カサネとたびたび衝突するシデン・リッター役を河西健吾、怪異討伐任務のほか怪伐軍外への広報も担当するアラシ・スプリング役を堀江由衣が担当。そのほか、キョウカ・エデン役に原由実、カゲロウ・ダン役に浪川大輔、ナギ・カーマン役に内田雄馬ナオミ・ランドール役に西明日香が配されている。いずれも、ゲーム版からの続投となる。
 予告PVにも、このたび発表されたキャスト陣が演じるキャラクターたちが登場。サイバーな同作の世界観を紹介しつつユイトの決意を描く内容で、怪異とのバトルシーンも収録されている。キービジュアルは、ユイトとカサネを中心に、総勢10人の脳力者たちが集結したイラストとなっている。
 また、メインスタッフも発表された。監督に「ダンボール戦機」(キャラクターデザインほか)の西村博之を迎え、シリーズ構成・脚本を「妖怪ウォッチ」の加藤陽一と「スーパーカブ」の根元歳三、キャラクターデザインを西村監督と「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」(作画監督)の伊藤裕次が務める。

新着