ルミ子69才パワフル・エロック・カッコよク!初登場

1971年4月25日に「わたしの城下町」で歌手デビュー。「瀬戸の花嫁」、「お久しぶりね」、「今さらジロー」等、多くの代表曲を持ち、今年は芸能生活50周年となる小柳ルミ子。コロナ禍に引退を決意していた頃、サザンオールスターズ桑田佳祐が小柳ルミ子を絶賛する雑誌の記事を知り“現役続行”を決意。“Reスタート”を高らかに告げる約7年ぶりの新曲を4月21日に発売した。深夜零時の都会を舞台に、揺れる女心をスリリングに歌うロック歌謡「深夜零時、乱れ心」が初登場7位にランクイン。上昇曲では、故・高倉健の未発表曲「対馬酒唄」が録音から24年の時を経て、生誕90年を迎えた今年3月に発売。先月の初登場30位から18位へとランクアップ。そして、デビュー22 年目の氷川きよし、2021年の勝負曲「南風」が先月10位からランクアップして1位を獲得した4月の月間ランキングだ。

月間 USEN HIT 演歌/歌謡曲 ランキング

期間:2021年4月2日 ~ 2021年5月6日(2021年5月12日集計)
提供:
順位
タイトル
アーティスト



「南風」
氷川きよし



「明日へのメロディ」
丘みどり



「酔わせて候」
山崎ていじ



「天草ひとり」
夏木綾子



「古傷」
山内惠介



「秘桜」
市川由紀乃



「深夜零時、乱れ心」
小柳ルミ子



「霧雨の夜は更ける」
青山新



「息を殺して三十秒」
キム・ランヒ


10
「熊本ブルース」
髙宮城せいじ


11
「オロロン海道」
井上由美子


12
「泣かないで」
准&彩


13
「面影・未練橋」
望月琉叶


14
「勿忘草」
川野夏美


15
「夜明けの旅路」
大原かずみ


16
「生かされて」
北島三郎


17
「酒と」
髙城靖雄


18
「対馬酒唄」
高倉健


19
「3密節」
アーティクルナイン


20
「夢のつづきを」
大月みやこ


21
「ホームで」
香西かおり


22
「命の河」
すがあきら


23
「みちのく夢情」
水田竜子


24
「さよならを決めたのなら」
新浜レオン


25
「ずっと愛してる」
崎島じゅん


26
「事実は小説よりも奇なり」
山本譲二&松居直美


27
「土下座」
美貴じゅん子


28
「おんなの津軽」
津吹みゆ


29
「君がそばにいるから」
純烈


30
「潮騒みなと」
椎名佐千子

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着