若手演出家・國吉咲貴と永井一信で構
成するくによし組、最新作『バクで、
あらんことを』上演決定

“異常で、日常で、シュール”をコンセプトにした作品を創作している若手演出家・國吉咲貴と永井一信による「くによし組」が、2021年6月30日(水)~7月4日(日)花まる学習会王子小劇場にて、最新作『バクで、あらんことを』を上演することが決定した。
出演者は、⼋島さらら(LAL)、手塚けだま、中野智恵梨、鈴木あかり(第27班)、井田ゆいか、木幡雄太(アナログスッチ)、⾦⽥侑⽣(HYP39Div.)、國吉咲貴(くによし組)、佐藤有里子のAチームと、永井一信(くによし組)、菊池美里、堀靖明、芝原啓成(オイスターズ)、中野亜美、黒澤⾵太(guizillen)、田久保柚香、葛生大雅(マチルダアパルトマン)、常住奈緒(はねるつみき)のBチームに分かれての上演となる。
様々な個性ある出演者が揃い、日常にある人間のふと生まれる欲望をシュールに、そして非日常ではあるが、どこか理解できそうな欲求に共感と笑いを生む、いつの間にか癖になりそうな新感覚演劇を見逃せない。
【あらすじ】
容姿も中身も自己評価30点のモリコが暮らす田舎町に、大ニュースが舞い込んだ。
有名な映画監督、ソソノマソソルが、町に住む女性限定の主役オーディションをするというのだ。役柄は「バク」。軽い気持ちでオーディションに応募したモリコはなんと最終審査進出。するとすかさずモリコに、生まれて初めて欲が出た。
「このチャンスを、逃したくない!」
きたる最終審査。会場に現れたモリコに、場内は騒然。モリコは顔を「バク」に整形してきたのだ。同じく最終審査に残ったメデューサの子孫であるメデュ子や、貞操観念アッパラパーなイーナ、豊胸貯金を貯め続けるムムは、モリコの行動に心揺さぶられ、やがて価値観が崩れ出す。
バクになりたい。バクであって欲しい。
バクだったらよかったのに。
これは、夢を叶えようともがく人々と、夢から覚めた人々を描くお話。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着