井上芳雄、5時間の無観客ライブ配信
で5万ツイート以上を記録 「#裏切ら
ない芳雄」がTwitterトレンド1位に

2021年5月8日(土)東京国際フォーラム・ホールAで無観客のコンサート「『井上芳雄 by MYSELF』スペシャルライブ配信 20th Anniversary Festival!~急遽生配信!裏切らない芳雄4時間フェス~」が開催された。
井上芳雄

井上芳雄
このコンサートは、 デビュー20周年を迎えたミュージカル俳優・井上芳雄が出演するTBSラジオ『井上芳雄by MYSELF』の特別企画。2020年に開催予定だったが2021年に延期となり、今年は4月24日(土)の松戸を皮切りに全国を巡り、3日間の東京公演を締めくくりとする全8公演のツアーを予定していたが緊急事態宣言により松戸公演以外は全てキャンセル。急遽ライブ配信での開催にこぎつけた。
当初の東京公演に出演予定だった海宝直人、加藤和樹、坂元健児、島田歌穂、田代万里生、中川晃教はいだしょうこが集結。さらに、地方公演に出演予定だった石丸幹二、梶裕貴、花總まり、愛希れいかもコメントで参加し、井上芳雄デビュー20周年記念の特別企画に花を添えた。同コンサートの開催は2017年、2018年に続き3度目。

本ライブ配信は、5月2日(日)に実施を発表、5月8日(土)午後2時半から開演。「劇場を愛する皆さんに今できることを届けたい」と、開催まで1週間もない準備期間で選曲・編曲・演出・音響や映像配信など出演者・関係者が一丸となって作業を進めた。 ライブ配信の開催発表直後からミュージカルファンから多くの反響を呼び、5万以上のツイートを記録。ライブ配信時間中はTwitterトレンドで「#裏切らない芳雄」が日本1位となった。

井上芳雄
ライブ配信のタイトルは、井上が昨年主演を務めたミュージカル『プロデューサーズ』の劇中の名シーンをダイジェストでメドレーにした5分を超える大ナンバー「裏切り者!」と、自身のデビュー20周年をダイジェストで振り返る内容や劇場に行けない人たちへの想いを重ね合わせ「裏切らない芳雄4時間フェス」とした。
コンサートは2部構成で、1部は井上芳雄デビュー20年の軌跡を振り返るミュージカルソングやデビュー作品のミュージカル『エリザベート』をオマージュした劇中劇、劇団四季『アラジン』のナンバーなど出演していないが歌いたい“妄想メドレー”、さらに10年分の出演作のナンバーを凝縮した、12分超の“裏切らない芳雄メドレー”など様々な演出で構成した。

2部はラジオ番組の雰囲気そのままにステージ上にラジオブースを設けて、井上がゲストたちとのトークや、『僕こそ音楽』(モーツァルト!)with 中川晃教、『私たちは泣かない』(マリー・アントワネット)with 田代万里生、『ハクナ・マタタ』(ライオンキング)with 中川晃教・田代万里生・坂元健児、『What You Own』(『RENT』)with 坂元健児、『ALONE』 /B'z with 加藤和樹、『夜のボート』(エリザベート)with はいだしょうこ、『For Good』(ウィキッド)with 海宝直人、『レ・ミゼラブル メドレー』 with 島田歌穂・海宝直人、そして、 今の状況に勇気と元気を届けるため『ぼよよん行進曲」をゲスト全員で歌うなど、貴重なコラボ曲を披露した。
4時間を予定していたライブ配信は盛り上がりの中、5時間に達して終演。5時間にわたりステージに立ち続けた井上は、翌日のTBSラジオ『井上芳雄 by MYSELF』に生出演し「4時間って言っていたのに5時間も生配信してしまった僕は、 そういう意味で裏切ったんでしょうか?裏切らなかったのでしょうか?笑」と語った。同番組には田代万里生もゲストとして連日参加している。
<セットリスト>
■第一部
『奇跡の子』(「モーツァルト!」より)
『私という人間』(「ルドルフ ~ザ・ラスト・キス~」より)
『チャリティ』(「ダディ・ロング・レッグス ~足ながおじさんより~」より)
『この星空』(「二都物語」より)
『最後のダンス』(「エリザベート」より)
~20周年妄想メドレー~ 
『逃げ足なら負けない』(「アラジン」より)
『世界の王』(「ロミオ&ジュリエット」より)
『シェリー』(「ジャージー・ボーイズ」より)
『夜明けの約束』(「グレート・ギャツビー」より)
『塵と灰』(「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」より)
『ドリーム』(「シャボン玉とんだ 宇宙(ソラ)までとんだ」より)
~20周年版・裏切り者・・・いや、 裏切らない芳雄メドレー~
『Overture』(「キャンディード」より)
『種を蒔こう』(「キャンディード」より)
『一緒にトシ取ろうよ』(「ウェディング・シンガー」より)
『Be, not be』(「ハムレット」より)
『今日がその日』(「三銃士」より)
『二人を信じて』(「ルドルフ ~ザ・ラスト・キス~」より)
『一人は皆のために』(「三銃士」より)
『幸せの秘密』(「ダディ・ロング・レッグス ~足ながおじさんより~」より)
『いまはまだ子どものままで』(「二都物語」より)
『ギイの軍服姿』(「シェルブールの雨傘」より)
『Scene9』(「パッション」より)
『赤いコート』(「モーツァルト!」より)
『残酷な人生』(「モーツァルト!」より)
『エリザベート、 泣かないで』(「エリザベート」より)
『Gleam』(StarS 作詞:冲田津永 作曲:KOHTA)
『グリーン・ライト』(「グレート・ギャツビー)より)
『エリザベート、 泣かないで』(「エリザベート」より)
『アウトロウ・ブルース』(「グレート・ギャツビー)より)
『エーヤン』(「エリザベート」より)『アウトロウ・ブルース』(「グレート・ギャツビー)より)
『兵士の重荷』(「ナイツ・テイル−騎士物語−」より)
『牢番の娘の嘆き』(「ナイツ・テイル−騎士物語−」より)
『Be, not be』(「ハムレット」より)
『後ろめたい男』(「ナイツ・テイル−騎士物語−」より)
『エリザベート、 泣かないで』(「エリザベート」より)
『1812年の大彗星』(「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」より)
『守ってブレンド』(「シャボン玉とんだ 宇宙(ソラ)までとんだ」より)
『裏切り者!』(「プロデューサーズ」より)
■第二部
『Jumpin'up “BY MYSELF”』(作詞:安倍康律 作曲:大貫祐一郎)
『とおくから』(作詞:井上芳雄 作曲:大貫祐一郎)
『星と星のあいだ』(作詞・作曲:坂本真綾
『僕こそ音楽』 with 中川晃教(「モーツァルト!」より)
『私たちは泣かない』 with田代万里生(「マリー・アントワネット」より)
『ハクナ・マタタ』 with 中川晃教・田代万里生・坂元健児(「ライオンキング」より)
『What You Own』 with坂元健児(「RENT」より)
『What You Own』 with 加藤和樹(「RENT」より)
『ALONE』 with 加藤和樹(B'z 作詞:稲葉浩志 作曲:松本孝弘
『夜のボート』 with はいだしょうこ(「エリザベート」より)
『輝く未来』 with はいだしょうこ(ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」より)
『For Good』 with 海宝直人(「ウィキッド」より)
『レ・ミゼラブル』メドレー with 島田歌穂・海宝直人(「レ・ミゼラブル」より)
『Anything You Can Do』 with 島田歌穂(「アニーよ銃を取れ」より)
『ぼよよん行進曲』 with オールキャスト(作詞:中西圭三・田角有里 作曲:中西圭三)
『Tonight Belongs to You』(「PROM」より)
『花束』(作詞・作曲:玉置浩二
『愛した日々に悔いはない』(「コーラスライン」より)
『明日への階段』 with オールキャスト(「ルドルフ ~ザ・ラスト・キス~」より)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着