聴くたびクセになる、照内涼太のへん
てこポップ

違和感を残して

枠からはみ出すことなく綺麗に着色された塗り絵も美しいが、境界線すらないフリーペイントだけが持つ面白みもある。照内涼太が作り上げているのは、いうならばそういう音楽だ。

彼は東京都品川区に拠点を置くシンガーソングライター。以前は高円寺や代官山で定期的に弾き語りを行っていたが、2016年以降は制作を中心に活動している。
照内の魅力は、クセのあるポップセンスと温かみのある歌声だ。ただただ綺麗に作品を仕上げるのではなく、リスナーが「ん?」と引っかかるポイントを曲に埋めこむ。そのエッセンスが彼の作品を“優しい歌声”だけで終わらない特別感を与えているのである。

先日配信が開始された『ゆみちゃん』は、全12曲入りの宅録アルバム『マツリノウタ』にも収録されている1曲。ゆるさ×ヘンテコなポップソングは“これぞ照内涼太”と感じることができるのではないだろうか。

照内涼太 アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

新着