ビリー・アイリッシュと家族の信頼関
係を映し出す ドキュメンタリー映画
『ビリー・アイリッシュ:世界は少し
ぼやけている』新予告編

6月25日公開の映画『ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている』から、新たな予告編が解禁された。
ビリー・アイリッシュは、2019年3月発売のデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』が英米を含め全世界18ヶ国で1位を獲得。2020年の『第62回グラミー賞』では、史上最年少18歳での年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲、最優秀新人賞の主要4部門を制覇し、合計5部門を受賞している。本作は、そんなビリーの青春と世界的スーパースターに成長するまでの姿を描いたドキュメンタリー映画。ビリー・アイリッシュが17歳の若さで世界ツアーのステージに立ち、家族と共に自宅で作曲やレコーディングを行い、デビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』を制作した風景も収められている。
公開された新たな予告編では、ビリーがリラックスしながら兄のフィニアス・オコネルと楽曲づくりに励む一幕や、母親で女優のマギー・ベアードがビリーとの絆を語る姿など、家族総出で“ビリー・アイリッシュ”が形作られる様子が収められている。
また、本作のムビチケ(前売券)の販売が各ECサイトなどでスタート。詳細は、映画公式サイトや販売サイトを確認しよう。
(c)2021 Apple Original Films
『ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている』は6月25日より新宿ピカデリー他、全国で随時ロード―ショーされる。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。