水森かおりが大正時代の東京を舞台に
繰り広げるドタバタ喜劇!? 明治座『
水森かおり公演』メインビジュアル公

明治座で2021年6月に上演予定の『水森かおり公演』のメインビジュアルが公開された。
6月18日(金)に初日を迎える本公演は、ドタバタ喜劇と名曲満載で贈るコンサートの2本立てステージで、水森かおりの新境地を見せる。
このたび公開されたメインビジュアルは、第1部の喜劇『笑劇 大正浪漫~令嬢、難儀を引き受ける?~』に出演する多彩な共演者たち。大正時代の東京を舞台に、記者を目指す女子大生の令嬢、円条寺かおり(水森かおり)が特ダネを求めて奔走し、てんやわんやの大騒動を巻き起こすドタバタ喜劇だ。
かおりの相手役を務めるイケメン乗馬教師の役には、特撮ドラマ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』でバンバ / リュウソウブラック役を務めた今注目の若手俳優、岸田タツヤ。ライバル編集者を演じるは、AKB48初の演歌歌手デビュー以降、幅広い活躍を続ける岩佐美咲。かおりの甥っ子役には今回が初めての舞台出演となる演歌界の新星辰巳ゆうと。そして数多の舞台で活躍している実力派俳優の、石倉三郎と三林京子が厳格な祖父役とかおりを支える乳母役を演じる。
第2部のコンサートでは、年末に大きな話題を呼んだ巨大衣裳を劇場版として再現したドレスを披露。“ご当地ソングの女王”水森かおりによる大ヒット曲の「鳥取砂丘」や新曲「鳴子峡」などの名曲の数々に加えて、岩佐美咲と辰巳ゆうとが歌の魅力を存分に発揮する見所たっぷりのコンサートが上演される。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着