斉藤和義 ロックンロールバンドとし
ての黄金のアンサンブル、ユーモアに
満ちたMCも発揮した“ 幻のセットリ
スト”公演を見た

KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2020 "202020" 幻のセットリストで2日間開催!~万事休すも起死回生~

2021.4.28 中野サンプラザホール
※一部ネタバレあり
昨年1月にリリースしたアルバム『202020』を引っ提げて開催される予定だった全国ツアー『KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2020 “202020”』は、全公演が延期。ツアーのために用意されたセットリストは、残念ながら幻となってしまっていた。しかし、お蔵入りさせるのではなく、観客の前で披露するために実現されたのが、東京・中野サンプラザホールで2日間にわたって開催されることが発表された『KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2020 "202020" 幻のセットリストで2日間開催!~万事休すも起死回生~』であった。初日・4月27日(火)の公演は有観客ライブとして開催されたが、2日目・28日(水)の公演は東京都に対する緊急事態宣言の適用に基づき、中止という決定に至った。しかし、無観客という形にはなったものの、この公演の模様を収録した映像は、5月1日(土)~5月7日(金)にイープラスのストリーミングサービス「Streaming+」で配信される。この配信開始に先駆けて、当日の会場の模様をレポートするとしよう。
無観客ライブではあるが、照明、音響も含めて、綿密な準備が重ねられていた当日の中野サンプラザ。ステージ上にセッティングされた楽器、機材類がライトを浴びて輝いている姿が、現場にいた我々の心を大いにワクワクさせてくれた。そして、ついに映像収録がスタート。SEが鳴り響き、斉藤和義(Vo, Gt)、山口寛雄(Ba)、平里修一(Dr)、真壁陽平(Gt)が現れると、ステージ上の風景は一際華やかさを帯びた。4人各々が準備を済ませた後、ドラムのスティックカウントを合図に演奏がスタート。ギター、ベース、ドラムのフレーズが有機的に結合し、血の通ったバンドサウンドが構築される感覚が、とにかく心地よくて堪らない! この4人が生み出す“ロックンロールバンド”としての黄金のアンサンブル、エネルギーを、序盤からまざまざと体感することができた。
セットリストの詳細に関しては、配信の視聴を心待ちにしているみなさんに対するネタバレを避けるために、この記事内では最小限の紹介とさせていただくことをお許し願いたい。アルバム『202020』の収録曲をたっぷりと披露しつつ、「ずっと好きだった」「歌うたいのバラッド」など、代表曲の数々も随所できらめくものとなっているので、お楽しみに! 『202020』にはカバー曲も収録されていたが、このライブで披露されたインストゥルメンタルナンバーとして異彩を放っていたのが「傷だらけの天使」であった。1974年に日本テレビ系で放送された同タイトルのドラマのテーマソングだったこの曲は、萩原健一水谷豊が演じた青年たちのほろ苦い青春ストーリーが鮮烈で、今でも名作として語り継がれている。あのドラマの世界が斉藤によるブルージーなギタープレイ、グルーヴィーなバンドサウンドによって表現される様は、非常にスリリングであった。
アルバム『202020』から披露された曲として、もう一つ紹介しておきたいのが「万事休す」。自らが奏でるギターと完璧に一体となりながらパンチの利いた歌声を響かせる斉藤の姿が最高にかっこよかった。彼はギターを弾きながら演奏することによって歌の切れ味、ビート感、情感を一層増していく――とでも言うべき印象を放つシンガーだ。ライブだからこそまざまざと感じられるそういう魅力も、配信映像でも存分に体感することができるに違いない。
また、3月24日(水)にリリースされたニューアルバム『55 STONES』のリードトラック「Boy」が披露されたのも、今回の配信ライブの大きな見どころとして紹介しておきたい。この曲は昨年の自粛期間の真っ只中だった5月中旬に斉藤がギターをふと手にした際に原型が生まれた。イントロのリフが出来上がった時点で手応えを感じて、メロディや歌詞のアイディアも一気に溢れ出したのだという。そして、緊急事態宣言が明けた直後の5月下旬にレコーディングされたのだが、その時のメンバーがまさしく今回のライブでも共にステージに立った山口寛雄、真壁陽平、平里修一だ。《Boy やめんなよ Oh Boy 夜明けは近いぜ》《Boy 歌おうよ Oh Boy 新しい歌でも》という歌声、4人で心底楽しそうに交し合っていたサウンドは、とても優しい温もりを帯びていた。今、多くの人が欲しているに違いない心のこもったエールを、たくさんの視聴者がこの曲から感じることになるだろう。
素晴らしい演奏が次々繰り広げられたこのライブの見どころは限りない。しかし、会場内に観客がいないという状況に対しては、当然ながら本人の中で戸惑いもあったようだ。とはいえ、いつものようにユーモアに満ちたMCを時折発揮して、バンドメンバーや会場内にいるスタッフを和ませていた。「寂しいもんですね。テレビ収録とも違うし。どういう恰好で観てるんでしょうね? ぜひ、エロい恰好で観て欲しいですね。どうせなら、ノーブラ、ノーパンで(笑)。“そういう感じで観てるんだよ”と思うと、こっちもやる気が違いますからね」。そんなMCの数々も、画面に釘付けとなっている視聴者を大爆笑させることになると思う。
先述の通り、このライブの模様は5月1日(土)~5月7日(金)にイープラスのストリーミングサービス「Streaming+」で配信される。上記のような場面の他にも、素敵な瞬間、華麗なサウンド、ウィットに富んだMCなどが満載なので、絶対にお見逃しなく!
取材・文=田中大 撮影=岡田貴之

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着