AKB48行天優莉奈がラブリーハニー役
で出演 舞台「キューティーハニー・
クライマックス」上演決定!

2020年2月に上演され大好評を博した舞台「キューティーハニーEmotional」。続く2020年9月には「The Live〜秋の文化祭〜」として、スペシャルライブバージョンを上演。そして2021年6月に新作公演「キューティーハニー・クライマックス」の上演が決定した。

原作は、漫画家・永井豪の代表作の一つ、「キューティーハニー」。

その原作の世界観をそのままに、芝居、アクション、歌、ダンスが随所に散りばめられ、舞台観劇のみならず、ライブを楽しむような感覚も得られるステージが特徴。

物語には5人のハニーが登場。今回、如月ハニー/キューティーハニー役に上西恵、山縣さつき/ジャンパーハニー役に佐藤日向、天木弥生/スイーツハニー役に西葉瑞希、水無月乙女/サイバーハニー役に相澤瑠香(ラストアイドル)、葉月マリー/ラブリーハニー役に行天優莉奈(AKB48)が決定。これまでにも登場した個性豊かなキャラクターたちが活躍します!さらに今作のオリジナルキャラクター役で、成瀬瑛美と青木志貴の出演も決定。

特に2021年3月に開催された舞台『マジムリ学園 蕾 -RAI-』でハレンチ先生役でセクシー&コミカルな役柄を演じた行天優莉奈のラブリーハニー役には注目。

【あらすじ】

パンサークローとキューティハニー達の戦いは苛烈さを極めていた。
聖チャペル女学院には新任教師、氷川涼が現れ、ハニー達を新たに導く。
そして、パンサーゾラの元に、堕天使オノケリスが現れ、パンサー達に悪魔の力を授ける・・・。
一方、ブラックハニーは最終決戦に向けて、訓練を重ねていた。パンサー達の聖チャペル女学院への攻撃で、生徒達は傷つく。怒るハニーは力を暴走させてしまう。
その頃、ゾラのアジト「幻城」の場所を突き止めたブラックハニーは、アッシュハニーとともに乗り込む。
しかし、そこで待っていたのは・・・!?

詳細は随時更新されるので、公式サイトにてご確認ください。
新たなハニーの戦いにして、最終決戦。どうぞご期待ください!
【原作】
永井豪

【脚本・演出】
松多壱岱

【出演】
上西恵、佐藤日向、西葉瑞希、相澤瑠香(ラストアイドル)、行天優莉奈(AKB48)/松田彩希、小林弥生、白石まゆみ/生田輝/立野沙紀(劇団4ドル50セント)、樹亜美、古賀成美、堀越せな、長谷川里桃、
山﨑紫生、舞川みやこ、黒澤ゆりか、民本しょうこ、香音有希、田辺留依、大橋ミチ子、宮崎理奈/成瀬瑛美/青木志貴

【公演日程】
2021年6月16日(水)~20日(日)  全8公演

【会場】
シアター1010

【料金】
1階席【特典付き】11,000円(税込) 【特典無し】9,900円(税込) 
2階席【特典付き】8,800円(税込) 【特典無し】7,700円(税込)
※同じ席で特典付きと無しと選べます。
※新型コロナウィルスの感染拡大防止対策を行った上で、客席を減らして上演致します。
※公演中止の場合を除き、お客様の体調不良および新型コロナウイルス感染によるチケットの払い戻しは致しません。チケットご購入の際には、ご自身の体調や環境をふまえご判断くださいますようお願いいたします。
※※特典内容 非売品集合写真
※※特典は観劇当日の引換になります。※上記特典の会場での販売はありません。

【チケット発売日】
一般発売:5月29日(土)※各種先行販売あり。公式サイトにてご確認ください。
https://w.pia.jp/t/cutiehoney-climax/(Pコード:506-243)

【公式サイト】https://cutiehoneystage.com/ 

【お問い合わせ】
キョードー東京:0570-550-799 http://www.kyodotokyo.com/

※本公演は、政府および東京都が定める新型コロナウイルス感染対策の方針に従って、公演の準備を行っております。最新の情報は公式サイト(https://cutiehoneystage.com/)にてご確認ください。
©永井豪/ダイナミック企画・舞台「Cutie Honey Climax」製作委員会

©永井豪/ダイナミック企画・舞台「Cutie Honey Climax」製作委員会

(関連記事)
舞台『マジムリ学園 蕾 -RAI-』コミカルからシリアスまで多彩なパフォーマンスで魅了!行天優莉奈のハレンチ先生「ワオ!な感じの服も注目」https://okmusic.jp/news/418080/

上西恵・佐藤日向・西葉瑞希・池松愛理・平塚日菜ら出演 舞台「キューティーハニー The Live〜秋の文化祭〜」初日開幕! https://okmusic.jp/news/399180

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

新着