『ファンタシースターオンライン』シ
リーズ20周年記念コンサート開催 蒼
井翔太、有坂美香らが熱唱

2021年4月24日(土)、『ファンタシースターオンライン』(以下、『PSO』)シリーズ20周年を記念したオーケストラコンサート「シンパシー2021」が開催された。『PSO』シリーズのオーケストラコンサートで指揮を務めてきた天野正道、演奏に東京フィルハーモニー交響楽団を迎え、豪華出演者による歌唱もたっぷりと盛り込んだ3部構成。
ナビゲーターを『ファンタシースターオンライン2』(以下、『PSO2』)ハリエット役/シバ役の潘めぐみが務めた。開催にあたっては、検温や手指消毒の徹底などの新型コロナウイルス感染防止対策を実施。
ステージ上のスクリーンでは、楽曲に沿って『PSO』シリーズのイベントシーンやプレイシーンを上映。20年間の思い出を振り返りながら、演奏や歌唱に聴き入るファンも多く見られた。
■黎明から革命へ。名曲で振り返る『PSO』20年の歴史
第1部:オーケストラパートは、ネットワークRPGの幕開けを彩った『PSO』から『ファンタシースターユニバース』にかけての3曲でスタート。続いては『PSO2』シリーズの数々の名曲が演奏され、『Elder & Luther Medley』ではテノールの高野二郎が力強くも美しい歌唱を披露。本公演が初演奏となるTVアニメ『PSO2 ジ・アニメーション』のテーマ曲では、荘厳なオーケストラ演奏とデジタルなビートの疾走感が重なり合い、会場の空気も熱を帯びていく。
さらに、フローレンス・マックネアーが伸びやかなハイトーンボイスで『Borderless』を、有坂美香が『Hello』を包容力のあるボーカルで歌い上げると、参加者からはひときわ大きな拍手が巻き起こった。
■サイリウムと手拍子でコール&レスポンス 一体感が感じられたライブパート
「シンパシー2021」
第2部:ライブパートでは雰囲気が一変し、ゲーム内のボーカル曲をラインアップ。トップバッターはTVアニメ『PSO2 ジ・アニメーション』で主人公・橘イツキを演じた蒼井翔太。『Infinite potential』と『光の明日 ~POTENTIAL ABILITY~』を歌い上げると、それに応えるように青のサイリウムを揺らすファンの姿も。
続いて、桃井はるこが元気いっぱいにステージを駆け回りながら『レアドロ☆KOI☆恋!』を歌い、会場は一気にお祭りムードに。サビではファンも緑のサイリウムで合いの手を入れて楽しんでいた。その熱気を引き継いだのは、『PSO』シリーズのイベントを盛り上げてきた光吉猛修。タオルを首に巻いたライブ仕様のいでたちで登場し、軽快なステップを踏みながら、『Burning Hearts ~炎のANGEL~』『We’ re ARKS!』をパワフルに熱唱した。
さらには本公演が初演奏となるTVアニメ『PSO2 エピソード・オラクル』のオープニング、エンディング3曲も披露され、ボーカルを務めるエイミー・ブラックシュレガーとファンが、手拍子でコール&レスポンスを行っていたのが印象的だった。
■最後を飾ったのは『PSO2 ニュージェネシス』メインテーマ曲!
「シンパシー2021」
第3部ではふたたびオーケストラパートへ。『PSO2』エピソード4のボス戦BGM『Eden』、エピソード5のボス戦BGM『DINATIS Q VECIS & Over the Universe Medley』では、花れんのスケール感のある歌声と、スクリーンに映し出されるボス戦のプレイシーンが渾然一体となり、緊迫感あふれる決戦の場面へといざなった。
終盤には、エイミーと光吉が2人で『Dark To Light』を歌唱。『PSO2』の最終章であるエピソード6の名曲を、息の合ったハーモニーでドラマチックに歌い上げる。トリを飾った1曲は、『PSO2』シリーズ最新作となる『PSO2 ニュージェネシス』のメインテーマ曲『A World Beyond The Sky』。花れんの伸びやかな歌声とともに、新たな世界の幕開けを感じさせてくれた。
鳴りやまないアンコールの拍手の中、光吉、フローレンス、エイミー、花れんがふたたび登場。シリーズ20周年への、そしてファンへの感謝を込めて、『PSO2』エピソード6のグランドエンディング曲『Thank You』を歌い上げ、約3時間にわたる公演を締めくくった。
こちらの配信の模様は、Streaming+にて視聴可能。現在チケットがイープラスにて販売中だ。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着