井上芳雄・伊藤沙莉ら出演の『首切り
王子と愚かな女』 登場人物がイラス
ト化されたチラシビジュアルが解禁

2021年6月15日(火)〜7月4日(日)PARCO劇場にて(大阪公演、広島公演、福岡公演あり)、パルコ・プロデュース『首切り王子と愚かな女』が上演される。本作のチラシビジュアルが解禁、そして全キャストも決定した。
本作は、劇作家・演出家の蓬莱竜太と、蓬莱とのタッグ復活を待望した井上芳雄が、2015年の井上芳雄主演舞台『正しい教室』以来、6年ぶりに再び手を組んで取り組む大人のファンタジー。本作には井上に加え、伊藤沙莉、高橋努、入山法子、太田緑ロランス、石田佳央、和田琢磨、若村麻由美が出演。そのほか、小磯聡一朗、柴田美波、林大貴、BOW、益田恭平、吉田萌美も出演する。
第一王子が病に倒れた後、悲しみのあまり国政を放棄した「永久女王」。荒廃していく国を憂う民たちによる反乱の機運高まる中、反乱分子たちを鎮圧すべく、“呪われた王子”として城から遠ざけられていた第二王子のトルが城へと呼ばれる。容赦ない首切り王子となったトルに、死を恐れないことで興味をもたれ、のちに王子の召使として仕えることになる“愚かな女“ヴィリ。
本作では、魑魅魍魎が渦巻く王室を舞台に、腹に一物ある大人たちがあの手この手で陰謀、裏切り、忖度、愛憎、競争をたくらみ、のしあがろうとしていく……。そんな大人たちの欲望が先走る様子をシニカルな笑いをまぶしながら描き出す。黒いことを面白く、難しいことをわかりやすく、いつの世にもあり得る愚かさ、おかしさをおくる。
解禁となったチラシビジュアルは、出演者演じるキャラクターをイラスト化したもの。どんな物語になるのか、期待が高まるばかりだ。
【あらすじ】
王子の宿命 死が怖くない女 消せない野心 正義と忠誠と反乱
未来が無い国 愛か使命か 呪いの秘密
……誰も知らない王子の歌
雪深い暗い王国ルーブ。
英雄であり人格者であった先王バルが早くに没して20年。女王デン(若村麻由美)は「永久女王」としてルーブを統治していたが、溺愛していた第一王子ナルが病に倒れてからは国のことを見なくなり、魔法使いを城に招き入れ、閉じこもるようになった。ルーブ国は統治者を失った国になっていた。国は呪われ、民は貧しさに疲弊し、反乱の気運が高まっていく。
そこで城に呼ばれたのが第二王子トル(井上芳雄)であった。トルは幼い頃から「呪われた子」とされ城から遠ざけられていたが、反乱分子を鎮圧するために再び城に戻される。使命に燃えたトルは、反乱分子の首を次々に落とし「首切り王子」として恐れられるようになる。
リンデンの谷に住む娘、ヴィリ(伊藤沙莉)は死ぬことにした。これ以上、生きる理由が見当たらなかったからだ。最果ての崖にたどり着いたヴィリが目にしたものは白い空と黒い海と首切りの処刑であった。
首切り王子トルは死を恐れないヴィリに興味を持ち、召使いとして自分に仕えるように命令する。
城に連れられていくヴィリが耳にしたのは王子の歌であった。美しくも悲しい歌。ヴィリはトルに深く暗い孤独を見る。
こうしてヴィリは召使いとして首切り王子に仕える日々を送り始める。
そこに見たのは野心や愛憎、陰謀が渦巻く人間たちの姿であった。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着