“64小節”のラップを一発撮りする映
像シリーズ『Red Bull 64 Bars』第3
弾公開 キュレーションはMummy-D

(c)CHERRY CHILL WILL./Red Bull 64 Bars

Red Bullによる64小節のヒップホップ映像シリーズ『Red Bull 64 Bars』の第3弾がスタート。4月21日(水)から全10エピソードがジャパニーズ・ヒップホップ専門チャンネル「レッドブルマイク」にて順次公開される。
40年に渡るヒップホップの歴史の中で、ラッパーたちは常に“小節”という概念に縛られながら、リリシズムのアートを進化させてきた。『Red Bull 64 Bars』はキュレーターの選んだラッパーが、同じくキュレーターの選んだビートメイカー/プロデューサーのオリジナル・トラックで、文字通り“64小節”のラップをレコーディング。その模様をアンカット(一発撮り)の映像に収めるというもの。

日本語ラップのパイオニア、Zeebraを迎えたシーズン1に続き、シーズン2ではANARCHYがキュレーターに。そして、シーズン3ではキャリア30年以上のヒップホップ・グループ、RHYMESTERのMCであるMummy-Dがキュレーションを担当。

「責任重大だけど、次世代のラッパーたちと密に交流できてムッチャ刺激になった & ムッチャ楽しかった」というMummy-Dが選抜した全10エピソードのうち、エピソード1〜3までのラッパー × プロデューサーの組み合わせは以下の通り。

・裂固 × NAOtheLAIZA(4月21日公開)

・GOCCI × DJ VIBLAM(4月28日公開)

・田我流 × grooveman Spot(5月19日公開)

なお、今回の人選、レコーディングについてMummy-Dは次のようにコメントしている。「MC、トラックメイカー共にRed Bull 64 Barsの趣旨を体現できる人。ラッパーだったらヴァースの人、トラックメイカーだったらドラムの人。バズだのストーリーだの小細工抜きで、一本勝負出来る才能を集めた」「こんなにラッパー泣かせ、かつラッパー冥利に尽きる現場はないと思った。みんなマッジで緊張してたし、それを乗り越えて最高の64小節を歌い切る感動! みんなアーティストというよりはアスリートに見えた。これはオレも負けられないと奮い立ったし、『負けたかも…でもなんだろう? この頼もしさ嬉しさは』みたいな、今まで味わったことのない感覚も今回初めて味わいました。歳かなあ(笑)。いずれにせよこのシーズン3、すべてのMCたちの才と命がスパークしています。ラッパーってかっこいいなあとラッパーながら思った。必見必聴」
また、『Red Bull 64 Bars』のシーズン3のラッパー10名を招き、そのヴァースの奥に秘められたストーリーをアットホームに紐解くポッドキャスト・トーク・セッション「Behind the Bars Japan – Red Bull 64 Bars」も同時公開。

ラッパーたちに話を聞くのは、ライター/DJの荏開津広。緊迫するパフォーマンスの上では見られないラッパーたちの意外な一面、ひとりの人間としての彼らの過去や現在、そして未来について深堀りしていく。「Behind the Bars Japan – Red Bull 64 Bars」は各配信プラットフォームでの音声配信に加え、Red Bullではその映像版も視聴できる。

■ 「Behind the Bars Japan – Red Bull 64 Bars」(http://www.redbull.com/behindthebars-jp)

■レッドブルマイク: YouTube(https://www.youtube.com/channel/UCK6AthYumV0TO49a6fQ-gSg) / Twitter(https://twitter.com/RedBullMusicJP)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着