Kitriが歌うポップな新境地。『Kitr
ist II』で踏み出した新しい表現とは

Kitriがポップスと正面から向き合った、最初の作品と言えるかもしれない。神秘の森に迷い込むような幻想的な音色が特徴的だったKitriだが、本作では「青い春」や「水とシンフォニア」といった、爽やかなポップソングが印象的である。また、リリックもどこか光の方へと向かっていくような意識があり、歌からも伸びやかな心持ちが感じられるだろう。Kitriらしい影のあるファンタジーを残したまま、これまでにはなかったストレートな表現を獲得したのが『Kitrist II』である。さて、本作は自由にアイデアを試みたアルバムでもある。Kitri流ダンスミュージック「NEW ME」や、ラテンの情熱的なリズムを取り入れた「赤い月」。はたまた彼女達の演奏をカットアンドペーストするようにリアレンジされた「羅針鳥 (S.A.Rework)」や、アコギの柔らかい音色から始まるたまのカバー曲「パルテノン銀座通り」など、Kitriのクリエイティヴはまた一歩先に行っている印象だ。充実の作品を作り上げたMonaとHinaに話を聞いた。

天邪鬼な表現

ー今回のアルバムでグッと表現の幅が広がった印象を受けました。
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着