GLAYら参加決定「日比谷音楽祭2021」
第2弾出演アーティスト発表

 5月29日(土)・30日(日)の2日間にわたり、日比谷公園とその周辺施設にて開催される「日比谷音楽祭2021(実行委員長:亀田誠治)」。第2弾出演アーティストや出演日、出演ステージ、オンライン生配信について、当日会場での新型コロナウイルス感染予防対策や、開催までの間に行われるワークショップなど、追加情報を発表した。

 日比谷公園大音楽堂「YAON」ステージの無料鑑賞チケットの抽選申し込み受付も21日14時にスタートした。

 新たに「日比谷音楽祭2021」への出演が決定したのは、アイナ・ジ・エンド家入レオ/生田絵梨花/OAU/大島花子/小倉博和GAKU-MC奇妙礼太郎GLAY四家卯大ストレイテナー(アコースティックセット)/武部聡志/The たなしん・パーク・オーケストラ(たなしん/みのミュージック/YOYOKA)/チャラン・ポ・ランタン/東京消防庁音楽隊/半崎美子/平井秀明/マレー飛鳥meets 空に油/南里沙/miwa/山弦(小倉博和/佐橋佳幸)/ 山本拓夫ハロクラインw/三沢またろう/由紀さおり安田祥子with木山裕策yonawo/和楽器グループ 龍声〜Ryusei〜/wacci の合計26組で、すでに発表済みの第1弾出演者とともに、日比谷公園や東京ミッドタウン日比谷内に展開するステージで多彩なライブを行う。

 「日比谷音楽祭2021」のステージ、ワークショップ等は無料で鑑賞、参加が可能だが、日比谷公園大音楽堂「YAON」ステージの公演については、抽選制の無料鑑賞チケットが必要となる。YAONチケットの各プレイガイドによる第一次抽選申し込み受付が21日14:00よりスタートした。

 また、YAON(大音楽堂)、ONGAKUDO(小音楽堂)、KADAN(第二花壇)の3つのステージでの公演は、動画配信サービスU-NEXTでのオンライン生配信が決定。U-NEXTの会員ではない方も「31日間の無料トライアル」を活用してご視聴いただくことが可能。配信は、5月29日、30日の生配信のみで、見逃し配信やアーカイブ化の予定はない。詳細は後日発表される。その他のプログラムや会場内の様子なども、リアルタイム生配信のみに限らず配信に乗せて届けられるように調整中。

 また「日比谷音楽祭2021」当日の、新型コロナウイルス感染症予防対策についての方針も更新した。政府や東京都によるイベント開催に関するガイドライン及び音楽団体による「音楽コンサートにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」に基づき、検温と質問票の提出やマスクの着用・手洗い・手指の消毒の推奨、ソーシャルディスタンスの確保や各ステージ・イベントエリア内の人数制限、大声の禁止、接触確認アプリ(COCOA)のインストールを推奨するほか、各会場の混雑度を可視化したマップを日比谷音楽祭公式おさんぽアプリ2021で提供する予定。

 さらに、5月8日に開催される観劇の祭典「Hibiya Festival」での日比谷音楽祭のコラボステージや、子どもを対象とした音楽制作ワークショップ「ぐるぐるグルーヴクラブ」、リモート合唱ワークショップ、日比谷音楽祭のKADANステージで「The たなしん・パーク・オーケストラ2021」のメンバーとなって演奏できる歌ってみた・弾いてみた動画の募集企画など、日比谷音楽祭を当日だけではなく楽しむための取り組みが盛りだくさんに行われる。

出演者メッセージ(50音順)

■アイナ・ジ・エンド

はじめまして、アイナ・ジ・エンドです。この度は日比谷音楽祭に出演させていただけること、とても嬉しく思います。
2020年は大好きな亀田誠治さんと一緒に、初めてのソロアルバム"THE END"を制作させていただきました。もし自分が亡くなった時は、ぜひ棺桶に入れてもらいたい宝物になりました。亀田さんに出会えたことはとても幸せです。
まだまだ本当に未熟者の私ですが、これからも精一杯やってみます。どうか、日比谷音楽祭に一つ花を添えられますように。 何卒よろしくお願いします。

■家入レオ

ずっと会いたかったんだよって気持ちが、 歌になって歌になって止まらないLIVEになること間違いなし!です。
初夏の空を感じながら、一緒に心を解き放つその時を 今からとても楽しみにしています。

■大島花子

この素晴らしいイベントに参加させていただき大変光栄です。全霊を込めて歌いますのでよろしくお願いいたします。

■小倉博和

梅雨前の週末のひととき、日比谷の空の下、 気持ちのよい季節と都会の風景を楽しみながら、大好きな音楽を空気のように味わえるなんて、 日比谷音楽祭サイコーです。皆様今年も一緒に過ごしましょう。

■GAKU-MC

最高の滑り出しだった2019年。そして残念ながら開催されなかった2020年。その紆余曲折をすぐそばで見てきただけに今回の開催を心の底から嬉しく思っております。様々なジャンル、ジェネレーションがおりなす都会の真ん中の音楽の祭典。僕も精一杯楽しもう。会場でアイマショウ!

■奇妙礼太郎

日比谷音楽祭、初めて出演させていただきます。 野外の気持ち良い空間で演奏できること、楽しみにしています。 よろしくお願いします!

■GLAY

亀に恩返し!!! TAKURO

■ストレイテナー(アコースティックセット)

一年越しの日比谷公園に、音楽が鳴り響くのを楽しみにしています。 みんなが自由でハッピーな2日間になりますように。
ホリエアツシ(ストレイテナー)

■たなしん

日比谷音楽祭2021開催に向けてパッションが溢れております! 僕はとにかく音楽が大好きでエンターテイメントを通じてハッピーな気持ちを共有することに人生を捧げています! 今年はこの音楽祭と一緒に何が出来るんだろう?どんな人と出会えるんだろう? そういうことを毎日考えながらワクワク過ごしています! 開催当日はそんなたなしんと一緒にハッピーファイヤーパッションを爆発させて幸せを共有しましょう!

■チャラン・ポ・ランタン

無事に開催されてうれしいです! 晴れたらいいな! 野外だもんね! 唄とアコーディオンで盛り上げます!

■半崎美子

昨年から待ちわびていた開催決定のお知らせを受けて、歓喜に沸きました。日常そのものが音楽であり、音楽そのものが体験であり、それを惜しみなく味わい尽くせる「日比谷音楽祭」。亀田さんの思いが、アーティストの方々、スタッフさんチーム、支援者の皆様へと繋がって、ご来場の皆様と共鳴し合える日。青空のもとで、または配信を通して、人と人を結び付ける音楽に出会ったり、発見する喜びを皆様と分かち合えるのを楽しみにしています!

■平井秀明

前回の“みんなで楽しむ、クラシック!”は“親子孫三世代”公募合唱約130名が集い、『合唱の祭典』ファミリーコンサート&オペラ『かぐや姫』ハイライトの豪華2本立て公演を野外小音楽堂にて開催、公開リハ含め延べ三千人で童謡・唱歌から、ベートーヴェンの『第九』(歓喜の歌)、「明日へ~for the future」(亀田誠治:作詞作曲/合唱編曲:平井秀明)、自作オペラ『かぐや姫』まで、幅広いクラシックの世界をオープンエアで堪能しました!今年は【オンライン参加型】となりますが、二部合唱やドイツ語などレベルアップしてチャレンジできる内容です。“離れていても心ひとつに”を合言葉に、ぜひ奮ってご参加ください!

■マレー飛鳥meets空に油

「GAIA Music」は、日、伊、仏、米、みな違う国に暮らす音楽家たちが17年の年月を経て、それぞれの多様性を認め合い作り出してきた豊かな音楽の文化です。 今のこの分断の時代に、文化的にも政治的にも全く違った幼年時代を過ごした4人が音楽を通して個々の在り方、価値観を受け入れ、つながりの質を模索しながら発酵してきた音です。「Gaia」とは地球。我々の生き方そのもの、そして見つけた喜びの音でもあるGAIA Musicを2021年は、日本国内メンバー4人でガイア音世界への新たな扉を開きます。心をダイレクトに揺さぶるエネルギーをお届けしたいと思います。

■南里沙

記念すべき第一回“日比谷音楽祭2019”に、クロマチックハーモニカで参加させて頂きました。野外での世代やジャンルを越えた楽しいイベントで、子供たちから おじいちゃんおばあちゃんまで、笑顔で音楽を楽しまれていました。日比谷音楽祭で出逢えた皆さんと、音楽で繋がった喜びは 生きる力になっています。昨年はコロナで中止となり、今も厳しい状況ではありますが、音楽で未来に夢と希望をお届けしたいと思います!“日比谷音楽祭2021" で 皆さんと出逢えることを楽しみにしています。クロマチックハーモニカの音色、是非お楽しみください!

■山本拓夫ハロクラインw/三沢またろう

日比谷音楽祭に「ハロクライン」をお招きいただきありがとうございます!
オープンスペースでの木管六重奏と三沢またろうさんのパーカッションも加わっての演奏、今からとても楽しみです。
今年こそ!
山本拓夫

■yonawo

亀田さんや演者のみなさん、
お客さんの音楽愛で溢れる
素敵なお祭り、
日比谷
音楽祭に出演できて光栄です。
楽しみで仕方ありません!!!

■YOYOKA

大好きな日比谷音楽祭にまた出演できてとても嬉しいです!
昨年中止になった分も、皆さんに楽しんでいただけるように私も楽しみます!

■龍声〜Ryusei〜

『和楽器』に触れたことは、ありますか?
今の子供達は、学校教育の中で必ず和楽器に触れていること、ご存知でしたか?
私たち『龍声〜Ryusei 〜』が奏でる、箏・尺八・三味線・17絃・琵琶の5種類の楽器。
古典曲から皆様にお馴染みの現代曲まで、様々なジャンルの曲をお届けします。
ワークショップでは、実際に和楽器を体験することも出来ます。
現代に生きる「日本の音」を、日比谷音楽祭で是非お楽しみください!!

■wacci

亀田さんと同じように、音楽は「心のインフラ」だと信じています。
それぞれに苦しい想いを抱えているこのご時世だからこそ届けられる言葉や音が、
僕らwacciの楽曲の中にもきっとあると思うので、胸を張ってステージに立ちたいと思います。
感染症対策をしっかり施しながらの、野外で開催となる日比谷音楽祭。
老若男女問わず、音楽を通じて一つになれる瞬間を久しぶりに味わいませんか。
この先の日々を生きる活力を、ライブで。
皆様のお越しをお待ちしております。
橋口洋平(Vo./Gt.)

MusicVoice

音楽をもっと楽しくするニュースサイト、ミュージックヴォイス

新着