新装紀伊國屋ホールこけら落とし公演
つかこうへい「新・熱海殺人事件」

耐震補強工事と内装一新のため 1月末に改修に入った新宿・紀伊國屋ホールが、6月に改修後の柿落とし公演をスタートする。

日本の演劇の聖地として 57年の伝統を誇る新しい紀伊國屋ホールの演劇公演第一弾を飾るのは「新・熱海殺人事件」

言わずと知れた日本演劇史上屈指の名作であり、紀伊國屋ホール57年間の歴史の中で最も上演され続けている、つかこうへいの伝説的作品である。第18回岸田戯曲賞を受賞、後に映画化され、演劇界につかブームを巻き起こした。演劇に携わる人間であれば、誰しも紀伊國屋ホールと聞けば「熱海殺人事件」を連想する。

新しい紀伊國屋ホールの柿落としにあたり、伝説と呼ばれる名作を新しい演出で、現代日本に復刻する。

演出には、フジテレビゼネラルディレクター中江功が初めて舞台演出の指揮をとる。中江功は、テレビドラマ監督として「Dr.コトー診療所」「プライド」「教場」等、話題作で高い評価を受けるテレビ界屈指の演出家である。

また、キャストには、紀伊國屋ホール改装前最終公演「熱海殺人事件 ラストレジェンド」、みごとに木村伝兵衛を演じきった荒井敦史 が、ディフェンディングチャンピオンとして主演を続投。

木村伝兵衛と対立しながら成長していく熊田留吉には、2017年「熱海殺人事件 NEW GENERATION」で同役を演じ、昨年「改竄・熱海殺人事件 モンテカルロ・イリュージョン」で妖艶な演技を見せた多和田任益。

ヒロイン水野朋子婦人警官には、元乃木坂46 の能條愛未と、AKB48グループ総監督、向井地美音 がダブルキャストで出演。

そして犯人大山金太郎には、舞台「ハイキュー!!」や、「青空ハイライト」では主演を
務めるなど若手実力派三浦海里 と、こちらも「熱海殺人事件 ラストレジェンド」か
らの続投となる松村龍之介 がダブルキャストで競演する。

また、公演初日の6月10日、紀伊國屋ホール新装開場記念特別公演として、つかこうへいの愛娘、愛原実花 が一夜だけの歴史的舞台のヒロインを務める。

盛り沢山の新装紀伊國屋ホールこけら落とし公演「新・熱海殺人事件」。そして、開場第二弾公演は、中屋敷法仁演出「改竄・熱海殺人事件 モンテカルロ・イリュージョン」へとバトンは繋がれていき、翌月は、井上ひさし作、こまつ座「母と暮らせば」と続いていく。

「熱海殺人事件」とは

1973年に文学座に書き下ろされ発表された「熱海殺人事件」は、つかこうへいの代表作であり、最年少で岸田戯曲賞を受賞し、紀伊國屋ホールを拠点に、つかこうへい事務所の春の名物として、何度も再演を重ね、東京の春の風物詩とも呼ばれる程になった。東京に出て来たら、紀伊國屋でつかこうへいの熱海を見る!!当時の学生達のあこがれの演劇だった。

つかこうへい事務所解散後も、1986年に映画化、1989年の演劇活動再開時も、紀伊國屋ホールでの「熱海殺人事件」だけは、本人の手で上演され続けてきた作品である。

タイトルを「売春捜査官」「モンテカルロイリュージョン」などと、変化しながら「熱海殺人事件」は紀伊國屋ホールで上演され続けた。

主演も、三浦洋一、風間杜夫をはじめ、阿部寛、池田成志、山崎銀之丞、馬場 徹、味方良介 など名だたる俳優陣が、歴史を作って来た。2010年、つかこうへいは永遠の眠りについた。演劇界の巨匠が宇宙へと旅立った。しかし、紀伊國屋の「熱海殺人事件」は終わらない。

この作品だけは、つかこうへいの遺志として、これからもキャスト・スタッフも変貌を遂げながら上演し続ける予定である。「熱海殺人事件」は生き続ける。

公演概要

公演概要
「新・熱海殺人事件」
■ 作:つかこうへい
■ 演出:中江 功(フジテレビジョン)
■ 出演
木村伝兵衛部長刑事 荒井敦史
熊田留吉刑事 多和田任益
婦人警官水野朋子 能條愛未 向井地美音(AKB48)
犯人大山金太郎 三浦海里 松村龍之介
紀伊國屋ホール新装開場記念公演
ゲストヒロイン 愛原実花
■会場 新宿・紀伊國屋ホール
■公演期間 2021年6月10日(木)~21日(月)
タイムテーブル(以下のサイト参照)
http://www.rup.co.jp/shin-atami_2021.html
※未就学児童入場不可
チーム RED…水野朋子:能條愛未 大山金太郎:三浦海里
チーム WHITE…水野朋子:向井地美音 大山金太郎:松村龍之介
◎…紀伊國屋ホール新装開場記念公演
出演:荒井敦史、多和田任益、 能條愛未、向井地美音、三浦海里、松村龍之介、
ゲストヒロイン愛原実花
★…「熱海殺人事件」スペシャルイベント ※通常公演は行いません。詳細は公演 HP にて。
■ チケット一般発売 2021年5月22日(土)
■ チケット料金 7,500 円(税込/全席指定)
公演パンフレット・クリアファイル付き 10,000 円(税込/全席指定)
※公演パンフレット・クリアファイルは、当日劇場にてお渡しいたします。
■ お問い合わせ:Mitt 03-6265-3201(平日 12:00~17:00)
■ 公式 HP:http://www.rup.co.jp/
■ STAFF
音響:山本能久 照明:熊岡右恭 映像:ムーチョ村松 衣裳:大野雅代 舞台監督:中島 武
宣伝美術:山下浩介 宣伝写真:神ノ川智早 制作:與儀早由
総合プロデューサー:岡村俊一
提携:紀伊國屋書店 制作:つかこうへい事務所 企画・製作:アール・ユー・ピー

キャスト

愛原実花

愛原実花

荒井敦史

荒井敦史

松村龍之介

松村龍之介

三浦海里

三浦海里

向井地美音

向井地美音

能條愛未

能條愛未

多和田任益

多和田任益

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着