小沢健二、ドラマ『珈琲いかがでしょ
う』OPテーマ「エル・フエゴ(ザ・炎
)」初公開配信ライブ決定

小沢健二、26年ぶり3ヶ月連続シングルの第2弾である「エル・フエゴ(ザ・炎)」のフル・バージョン初公開配信ライブが急遽4月20日(火)20時に実施されることが決定した。

テレビ東京系で放映中、中村倫也主演のドラマ『珈琲いかがでしょう』のオープニング・テーマとして流れる同作は、スペイン語で“ザ・炎”を意味するタイトルを持つ。『珈琲いかがでしょう』とのマリアージュについて、本人は次のように語っている。「『エル・フエゴ(ザ・炎)』を書き終わった頃にこのドラマのお話をいただき、原作マンガを読み進むにつれて、本当に驚きました。『珈琲いかがでしょう』と『エル・フエゴ(ザ・炎)』は、怖いくらいテーマが似ていたからです。もしドラマのために曲を作っていたら、ここまで強烈にシンクロはしなかった気がします」。なお、ドラマのオープニングでは、ストーリーに合わせて小沢健二自らが「エル・フエゴ(ザ・炎)」の音源より、その回にピッタリのパートを切り出して編曲しているという。

3月にリリースされた「ウルトラマン・ゼンブ」は小沢健二の4歳次男の発想が元になっていたというが、今作「エル・フエゴ(ザ・炎)」は7歳の長男が考えた想像上の人物がモチーフとなっており、「ゼンブ」とフエゴ」は文字通り兄弟作といえる。

今作のシングル・ジャケットは「ウルトラマン・ゼンブ」MVを撮影した当山礼子による長男・凜音のポートレート。それに合わせて小沢健二のアーティスト写真も、トラッドな白いシャツに黒いネクタイという、息子と同じスタイリング、同じ構図のものに切り替わった。2作続けて子どもに着想を得たシングルとなるが、小沢健二は「子どもを題材にするのではなく、子どもの時空に入りこんで一緒に書く、という手法です」と話している。

新曲はリスナーの目の前で、生で届けたいという小沢健二の強い願いから実現したという今回のショート・ライブでは、録音や打ち込みは使わずにすべて生音でパフォーマンスを行うという。『マイクロ魔法的』と題して短く凝縮されたライブの中で、1回目の演奏は小沢健二のギターのみ、2回目は読売交響楽団のソロ・チェロ奏者である遠藤真理が加わる予定とのこと。また、映像は前回の配信と同じく、ファッション・フォトグラファーの守本勝英がカメラマンを務める。チケットはローチケで本日4月12日(月)21時より発売開始となっている。

「エル・フエゴ(ザ・炎)」は翌4月21日(水)0:00より配信リリース。同作は小沢健二の音源としては初めてのハイレゾ配信が行われ、96kHz/24bitという高音質で楽しむことができる。


【配信情報】

『マイクロ魔法的』

日時:2021年4月20日(火) 20:00〜


【リリース情報】

小沢健二 『エル・フエゴ(ザ・炎)』

Release Date:2021.04.21 (Wed.)

■ 小沢健二 オフィシャル・サイト(http://www.hihumiyo.net/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着