THREE1989、メジャーデビュー・シン
グル「エゴイスティック渋谷」リリッ
ク・ビデオ公開

THREE1989が4月3日(土)にリリースしたメジャー1stシングル「エゴイスティック渋谷」のリリック・ビデオが公開された。
2021年1月にavex内のレーベル〈rhythm zone〉よりメジャー・デビューを果たしたTHREE1989。本作は新学期、就職、出会い、別れなど、人生の転期でもある4月という季節にぴったりの1曲。リリックはこれからの時代を創っていくというTHREE1989の強い意志を表現している作品となった。

なお、THREE1989はそのアーティスト名から大事にしている“3”という数字を元に“3”の付く日に今後何かしらのアクションを起こすことを オフィシャルYouTube(https://www.youtube.com/channel/UCIkLs54EggGG69B1oZ8Jk7A) に掲げており、4月3日(土)にシングル「エゴイスティック渋谷」をリリースしたほか、以降も“3”の付く日に何が発表されるのか、楽しみに続報を待とう。
THREE1989

【THREE1989 コメント】

メジャーデビュー1stシングル制作にあたりTHREE1989が苦楽を共にしてきた「渋谷」という街をテーマに曲を書き下ろした。

出だしの歌詞に登場する「エゴイスティックな接吻交わして」とは、自分勝手な夢を追いかけて東京に出てきたことの例えであり、「渋谷」というものを猟奇的な女性に例え表現している。

渋谷は、ただ単にエゴイスティックなだけではなく、試練を乗り越えた先に希望を見せてくれた。まさに渋谷という街は、魅力的な女性の様だった。(ルパンと峰藤子のような関係)

一見すると接吻や出会いなど恋愛ソングの様に感じるが、THREE1989が実際に夢を追いかける過程で経験したことを表現している。

また、渋谷で活動してきた7年間の中での楽しかった頃の思い出や、コロナ禍により寂しくなっていく街を見たが、また訪れる渋谷の明るい未来を夢見た内容にもなっている。

恋愛ソングでもあり人生歌でもあり渋谷への愛を歌ったブルースでもある。

「エゴイスティック」とは、実は思いやりなのかもしれない。

直訳すると「自分勝手、利己主義」という意味ではあるが、突き詰めていくとその先にあるのは「本当の意味での思いやり」や「夢を信じる力」が見えてくるのではないだろうか。

例えば、THREE1989でいうと個人的な夢を追いかけて集まった3人のエゴが重なり、制作の過程において3人のエゴが交わり一つの作品が完成する。エゴイズムからしか本当の思いやりは生まれないと感じた。

最後に、THREE1989にとっての魅力的な街は渋谷であるが、聴いた人にとっての「渋谷」というものは誰の心にも存在する。


【リリース情報】

THREE1989 『エゴイスティック渋谷』

Release Date:2021.04.03 (Sat.)
Label:avex entertainment inc.
Tracklist:
1. エゴイスティック渋谷
2. エゴイスティック渋谷 – Instrumental

■ THREE1989 オフィシャル・サイト(https://www.three1989.tokyo)

アーティスト

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

新着