山﨑彩音選曲プレイリスト『センチメ
ンタルフスキーin Tokyo』斉藤和義、
真心ブラザーズなど|11月連載3/4

山﨑彩音セレクト『センチメンタルフス
キーin Tokyo』

君は僕のなにを好きになったんだろう
/ 斉藤和義

山﨑彩音のセレクトポイント:
大好きな
さん。色んなところで影響を受けていますと公言してきたが、どの曲が好きだとか話させてくれる場所がなかったので、プレイリストに入れることにした。この「君は僕のなにを好きになったんだろう」は、ギターを始めた当初によくカバーをしていた思い出深い曲。今思えば、こんな渋い曲が好きだったのか!と驚くも、リズムボックスを使っていたり、エレキのクリアな音だったり、個人的なんだけど客観性のある歌詞が私らしいなあ!と、好きだったことが腑に落ちる。そして“センチメンタル”という言葉が非常にハマる一曲だと思う。

手と手 / クリープハイプ

山﨑彩音のセレクトポイント:
日常の虚しさ、情けなさ、恋愛のこじれ、そういう部分を歌ってくれるバンド。だからいつも聴いていて爽快な気分になる。歌詞に共感して泣けてきたり、しんみりした気持ちになったり、そういう音楽に浸る時間は幸せ。帰り道にこの「手と手」を聞くと、“はぁ…”って何かが溢れ出そうになるけど、それを抑え込まなくていいや!と思える尾崎さんの歌声には恐るべき力がある。

けんかをやめたい / 真心ブラザーズ

山﨑彩音のセレクトポイント:
とにかくイントロがかっこいい!最初の3秒で完全に惹かれました。エレキギターの音もグッとくる。永遠に聴いていたいと思うようなシンプルなギターロック。歌詞は的を得ているけど、ふわふわしてるところもあって、すごくチャーミング。そのバランスセンスが絶妙だなぁとひたすら感心。

きみみたいにきれいな女の子 / 野宮真

山﨑彩音のセレクトポイント:
「プレイボーイ・プレイガール」を初めて聴いたとき、タイトル、歌詞、メロディー、全てが一番キュンときたのがこの曲。歌始まりなのが本当にツボで、ゆったりしてて、淡々と繰り返すグルーヴが心地いい。今回選んだのは
さんの最新アルバムのライブver。オリジナルverだと曲の中の女の子は、いつもの渋谷で遊んで帰ってきたら、一人寂しくなって泣いちゃったのかな?って印象だったけど、この最新ライブverでは、その子はもう女の子から“女性”になっていて、東京タワーが見えるレストランへ出かけていく、ロマンチックなムードを感じた。

毎週更新!山﨑彩音セレクトプレイリス

フォロー

山﨑彩音 Profile 15才から東京、神奈川の有名ライブハウスで活動。16才の時にファーストEP『Yer』をライブ会場と通信販売のみで発表。声と言葉。全曲詩先による作風。 2016年、FUJI ROCK FESTIVAL 2016 にシンガーソングライター史上最年少で出演を果たし、2017年にはファーストミニアルバム 『キキ』 を発売。 FM横浜『KANAGAWA MUSIC LAND』 レギュラー・パーソナリティーを担当するなど多方面での活躍をみせる。2018年7月、フォーライフミュージックエンタテイメントよりファーストアルバム『METROPOLIS』でメジャー・デビュー。

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着