【プレイリスト連載】BAND-MAIDメン
バーセレクトの『尊敬するアーティス
トの1曲』

BAND-MAIDのメンバーが選ぶ尊敬するア
ーティストの1曲

The song of an artist I respect:
Gunjyo Biyori (Ultramarine Weather)
by Tokyo Jihen

MIKU's Select Point:

This song was the reason why I started liking the band. I love
’s worldview and I was touched when I saw their music video for the first time.

The song of an artist I respect:
Europa by Carlos Santana

KANAMI's Select Point:

He is one of the guitarists that I respect. Europa became the reason why I got to know
. I believe this song is the reason why I’ve managed to work so hard to get to where I am.

The song of an artist I respect:
Heavy feat.Kiiara by Linkin Park

SAIKI's Select Point:

I don’t remember how I came to know
but I love them, they’re great, they’re cool, and I have respect for them. I like them almost instinctively. The incident with Chester was sad though. I still watch the music video for Heavy often because I sense a lot of humanity in it.

The song of an artist I respect:
New Mistake by Jellyfish

MISA's Select Point:

When I was little my mom used to play music at home almost everyday. New Mistake was my favourite out of the songs she played. During the early years of elementary school I got a cell phone and after trying so hard I managed to make this song my ringtone. I must have already liked them a lot back then. lol Even nowadays I remember to listen to this song sometimes.

The song of an artist I respect:
F by Maximum the Hormone

AKANE's Select Point:

I was shocked when I first heard their song and found out that the drummer was a woman.
I was fascinated by the drum phrase and the thick and heavy sounds. I couldn’t imagine it was coming from a woman.
taught me the freedom and joy of music and the drummer
motivated me to start drumming. I will admire them forever!

INFORMATION 【WORLD TOUR】BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018【宣告】~senkoku~ ■Nov 09th, Los Angels, Lodge Room ■Nov 10th, San Francisco, The Chapel ■Nov 14th, Helsinki, Nosturi ■Nov 16th, Amsterdam, Melkweg ■Nov 17th, London, The Dome ■Nov 18th, Paris, Backstage ■Nov 21st, Berlin, SO36 ■Nov 22nd, Munich, Feierwerk BAND-MAID Official Site:http://bandmaid.tokyo/

BAND-MAID Profile 2013年7月結成、同年8月に現在のラインナップとなる。 メイドの姿をした5人組ロック・バンドである。 ~ありそうでなかった、メイドのバンドのガチロック~ 衣装はメイド服で、ライブを『お給仕』、観客を『ご主人様』・『お嬢様』と呼び、メイドの世界観を演出する一方で、ビジュアルとは相反するハードなロック・サウンドを武器に観る人を魅了し、既に日本だけに留まらず、海外のご主人様、お嬢様にも熱狂的に受け入れられている。 2016年3月には世界8ヵ国9カ所で初ワールドツアーを開催し、7,000 人以上を動員。 2017年は、バンド初のワンマンツアーを全国 6 カ所(8 公演)で開催し、チケットは全公演 SOLD OUT 。 11月24日には新木場スタジオコーストにてツアーファイナルを行い、即日完売となる。 12月9日は追加公演のZEPP DIVERCITY TOKYOを成功させる。 2018年は世界征服を高らかに掲げ、2月にその名を冠したフルアルバム「WORLD DOMINATION」リリースを皮切りに、 4月開催のツアーにてZEPP TOKYOをSOLD OUTさせる。 6月にはワールドツアーをスタート。初日メキシコは即日完売を記録。 7月25日には3rdシングル「start over 」をリリース。 8月には国内の主要ロック・フェスに多数出演が決定し、世界規模で本格的にメイド旋風が吹き荒れている。

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着